I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ムード・インディゴ うたかたの日々/ ミシェル・ゴンドリー


ボリス・ヴィアンの小説『うたかたの日々』が、ミシェル・ゴンドリーのマジカルな映像美をたたえスクリーンに登場する。

本国フランスでは2度目の映画化となる本作。シャルル・ベルモン監督による68年版ではコラン役に『ロシュフォールの恋人たち』のジャック・ペラン、クロエ役に新人のアニー・ビュロン、他、マリー=フランス・ピジェ、サミー・フレーらの客演で制作されたが、ミシェル・ゴンドリーが監督した今作のクロエ役には『アメリ』のオドレイ・トトゥ、コラン役には新進のロマン・デュリス、ニコラ役には『最強のふたり』のオマール・シーが抜擢された。

ピアノカクテル、心臓抜き、アチャラカダンス(=ビグルモア)、と小説の内容をほぼ忠実になぞり、映像化を試みたミシェル・ゴンドリーの手腕は見事。人生の象徴としての"過ぎるほどに純粋な恋"が、やがて色褪せ死に往く様を"病"という形でメタフォリカルに描き出す--。

クロエとコランが空中遊泳のデートを楽しんだのは整地工事が進むレ・アール地区。遠くエッフェル塔とモンパルナス・タワーが見えることから、時代設定は72~73年頃と思われる。海中を往くようなウェディング・シーンの演出がジャン・コクトー『オルフェ』に酷似していたり、スケート場の従業員がジャック・ドゥミ『ロバと王女』の演奏隊を思わせるゴシックな鳥顔であったりと、魔術的世界観を構築した先達へのささやかな目配せを読み取ることもできる。

10月5日より、順次全国ロードショー。



http://moodindigo-movie.com/

文/関根敏也(リヴル・アンシャンテ)

----------------

作品以外の部分で最後に一言。

この奇想天外な物語--ボリス・ヴィアン『うたかたの日々』を映像化したミシェル・ゴンドリーの手腕には素直に拍手を贈りたいが、いただけないのはこの『ムード・インディゴ うたかたの日々』というタイトル。
『うたかたの日々』として、過ぎるほどに有名なこの物語に、<ムード・インディゴ>なるメインタイトルはまったくもって必要がなかった。
ワールドワイド・タイトルとしてつけられたなどとパブリシティーでのコメントを眼にしたが、某所のデータによるとこれを採用しているのはイタリア、メキシコ、イギリスのみ。本国フランスを始め、ほとんどの国は原題に沿っている様で、それは誠に賢明な判断であったろう。言うまでもないが、日本でも『うたかたの日々』というタイトルでそのまま放映するべきであった。
この作品に、まったく馴染みのないメインタイトルをつける、あるいは容認する方々の感覚には頭が痛い。センスのない邦題(特にフランス映画)が跋扈する昨今の状況を鑑みて、僭越ながらここに釘を刺す次第である。
DVD発売時にはぜひとも『うたかたの日々』に改題して戴きたい。
スポンサーサイト
最後のマイ・ウェイ / フローラン=エミリオ・シリ


マイ・ウェイを作曲したフランスの国民的ポップスター、クロード・フランソワの一代記 / 偏執的なまでに好きなものを追い続ける姿勢 / 売れる事への執着 / スパースター / 60's~70'sフランス音楽界 /フランス・ギャル / シナトラ / モータウン、フランキー・ヴァリのカヴァー / ディスコ / クロード役、ジェレミー・レニエの好演

家庭問題、不治の病、新鮮みのないコメディのオンパレードだったフランス映画界にあって、久々の快作。
上映時間二時間超を一気に駆け抜ける。

bunkamuraにて

http://www.saigono-myway.jp/index.html
北ホテル / マルセル・カルネ


サン・マルタン運河 / ゲテ街、ボビノ / マルセイユ行きの船 / パリ祭 / ルネ役、アナベラの美しさ
恋のときめき乱気流 / アレクサンドル・カスタネッティ


リュディヴィーヌ・サニエ / ニコラ・ブドス / フランス版『メリーに首ったけ』 / 前半停滞気味だが、後半は小気味よい / 『メリー・・・』のエンディングはマコウレイ作、ファウンデーションズの「Build Me Up Buttercup」だったが、こちらのエンディングは本家モータウンH-D-H作、エリジンズ「Heaven Must Have Sent You」を使用。どちらも同じシャッフルというのが明らかな目配せ。

フランス映画祭にて
タイピスト! / レジス・ロワンサル


50年代 / マンボ / タイプライター / 邦題を『タイピスト!』としたのは無難に過ぎた。 / 原題の『ポピュレール』のままか、せめてもプラス副題という形の方がクールだったはず / 主演のデボラ・フランソワは、どこかオードリー・ヘプバーンを思わせる。

フランス映画祭にて
グリーンカード / ピーター・ウィアー



ジェラール・ドパルデュー、アンディ・マクダウェル主演
カフェ・アフリカ / 摩天楼のペントハウス / ヨーロッパ風庭園 / 91年制作 / 70年代的ダイアローグの横溢
満月の夜 / エリック・ロメール


都市とバンリュー / モンドリアン / ディスコ
早稲田松竹にて
緑の光線 / エリック・ロメール


シェルブール / ジュール・ベルヌ / ドストエフスキー『白痴』
早稲田松竹にて
レ・ミゼラブル


バスチーユ広場に屹立する象のオブジェ、夢幻のバリケード。
映画の日/新宿バルト9にて
恋のロンドン狂騒曲 / ウディ・アレン


所用で新宿に出た折、観て参りました。
本国では『人生万歳!』の次作として発表されていたこともあって、舞台は違えど、どこか似たような雰囲気。『人生万歳!』程の快作感はないけれど。
アントニオ・バンデラス、アンソニー・ホプキンスといったキャスティングは意外でした。


しかし、何と言っても次回作『トゥ・ローマ・ウィズ・ラブ』が楽しみなのですよ。
ウディ・アレン自身の久々な出演に加え、あのロベルト・ベニーニとの共演という素晴らしさ。
ベニーニには『ライフ・イズ・ビューティフル』というより、『ジョニーの事情』や『ロベルト・ベニーニの Mr.モンスター』で見せたあの、存在だけで思わず笑みがこぼれてしまうキャラクター作りを期待したいものです。

rome_woody_allen.jpg


二人のキャラクターの違いが鮮明すぎて、このインタヴューがあるいは一番楽しかったりするのかもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。