I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
tigerが欲しいのに
 mac os x tiger、いつ発売されるんだろう。
 こいつがないと、ipodが動かない...。
スポンサーサイト
春なのに
 何をやっても身体がだるくて堪りません。
 風邪ひいたみたいだな。
MOVING TRACKS
natural209.jpg


 ラジオを聴いた影響からか、冨田さんの96年作品「MOVES」が欲しくてたまらなくなってしまった。
 検索したらネットで普通に買えるみたいだけど、定価で買うのも...などとためらっていたら隣町の中古屋でなんと700円にて発見! 即レジ済ませました。

 いやー、これ今の冨田さんを知ってればとてつもなく面白く聴けますよ。
 今へと繋がる作品あり、スウェディッシュっぽいアレンジあり、マージービートありって感じで。「てのひらの風」なんてラヴジェネみたいなソフトロックだよ! なんだこりゃ、ピチカートみたい。と...、冨田さん!
 長尺7分に渡る「to be witched」はアメリカの魔法ドラマ、エキゾ、スパイ、ヘンリーマンシーニみたいな映画音楽とコロコロ展開して行くポップオペラ。おまけにテルミンまで出て来ちゃったりして。アルバムの構成に脈絡ってものがほとんど感じられないんだけど、こいつは楽しい! ファンなら絶対、買い!

 それにしてもこのヴォーカルの岩崎絵美さんって、今何やってるんだろ。
雨!
 咲かないですねえ、桜。
 去年の日記見ると、ちょうどこのくらいの時期に、お花見やってるのにねえ。

 気象庁が出した初期の開花情報なんて、まったくかすりもしなかったですねえ。
 今週末だってお花見するには厳しそうだ。
好き過ぎ、冨田ラボ
 大好きな冨田ラボこと冨田恵一さんがFMラジオ出演。
 曲の作り方など、段階的なヴァージョンを流しつつ製作秘話など。更にはママレイドラグをフィーチャーした新曲「暖かい雨」までちょっと聴かせちゃって、なかなか充実した一時間。

 影響を受けたレコードも紹介してたんだけど、これがまたAORよりのフュージョンって感じのいい曲ばかり。
 眼から鱗が落ちました。
ネットスケイプ
 BMGのトップページとか、このブログとかネットスケイプで見ると、キャラ壊れまくってるのね。
 ネットスケイプ使っているヒトって、今どれだけいるのだろうか。一般にレンタルしてるスタイルシートでもまったく考慮に入れられていない訳でね。

 しかし、あれだ。
 マックユーザー(僕やここを見ているアナタの事だ)がyahooの動画サーヴィスちゃんと見られないのはいかがなものか。会員になってるのにさ...。
最近夢見が悪いんです
 「ボーイ・ミーツ・ガール」及び「klub shibuya-k」のフライヤーは渋谷ではHMV、ZEST、高円寺ではモーガンカフェ、浮島、ライナスレコードに設置されているはず。

 よかったら手にとって下さいね1
桜は
 桜は4月になってからみたいですね。
 klub shibuya-k明けの次の日にでも。
 荷物の搬入搬出で、筋肉痛になってそうだが...。
BOY MEETS GIRL(ボーイ・ミーツ・ガール)
flyer049.jpg


 こちらは4月の「ボーイ・ミーツ・ガール」フライヤー。
 4月16日(土)22:00スタートです!

 選曲 ジャンルはSOFT ROCK, GUITAR POP, BOSSA, SOUL, DISCOTIQUE, NEO- ACO, LOVERS, FRENCH, JAZZ, LOUNGE, フリッパーズ・ギターやキリンジを初めとするJ-POPなど...。メロディアスなポップスがお好きな方はぜひ一度足をお運び下さい。
Klub shibuya-K(クラブ渋谷系)
shibuya_k1f.jpg


 次回の「Klub shibuya-K(クラブ渋谷系)」のフライヤーです。
 4月8日(金)24:00よりスタート!
春にしてきみを忘れ
sa_1.jpg


 井の頭公園に桜の開花をチェックしに行きました。
 うーん、全然咲いていない。
 早咲きが二、三本と、いったところ。

sa_2.jpg


 いや、それにしてもエントランスを入ってすぐ左にあるあずまやが、「草庵」とかって名前でリニューアルしていて焦りました。
 あの「俺たちの旅」や「愛していると言ってくれ」によく登場してた、アレが二階建てになっちゃいましたよ。
 ビニールのボールとか、まだ売ってるのかな...。

sa_3.jpg

ラヴ・サウンズ・スタイル
 ラヴ・サウンズ・スタイルって日本のイージーリスニグのコンピが、またいいんだよね。

 特に中村八大! ラララ~ ♪

 これ、土竜団、濱田さんの素晴らしい仕事。
 ルグランの映画音楽の最強コンピはいつ発売になるのでしょうか? 楽しみにしてるのに。
娘ゴコロは
 スクーターズ聴いてなんだかウキウキ!
 いやー、信藤さんやっぱりすごい。
王子様になるために
 金曜日は「無銘」の仲間数人と渋谷系ヴィデオミーティングに行って来ました!
 小沢健二のいわゆる王子様時代の圧倒的なカリスマ性に、あらためて感動。
 LIFE~シングルラッシュ時代。あのあたりは今観てもホントに驚異的だ。惹き付けられる。
ディテクティブK
 渋谷の印刷所への帰り、ディスクユニオンに寄ったら、K谷さんと遭遇。ああいうところで唐突に会うのって結構恥ずかしい。

 そこは僕が先に帰ったんだけど、今度は新宿駅のホームで、時刻表を睨んでいたら、またK谷さんに遭遇。

 いやーん!
 つけられてる? つけられてる?
着々進行中
 水曜喫茶にて、次回の「Klub Shibuya-K」のフライヤーデザインを見せてもらう。

 ヤナギーがルノアールに三時間、缶詰めにされて作成したおしゃれフライヤー!

 近々中に公開します!
ボーイズライフ
B00005EUTY.jpg



 昨日に引き続き、ケーブルで「ボーイズライフ」観ました。
 日々、戦いって訳だな。
突然、怒号のように
 怒号のように映画観ました。

 「ブリット」、「シネマチックな恋人」、「オー!マイDJ」。

 一言! 数見ればいいってもんじゃないです。
グッドフェローズ
B00005HC6K.jpg


 ケーブルTVで映画「グッドフェローズ」を観ました。

 いや、これは、マーチン・スコセッシのうまさですよね。脚本、演出、そして何より編集のうまさ。
 こういうの観ちゃうと、編集が下手な映画は観たくなくなっちゃうんですよね。

 ちなみに僕がよく行くお店の名前も「グッドフェローズ」。
 もちろん、この映画からとっています。
 壁には「良き、仲間たち」と書かれていたりする。
 何食べても美味しいけど、チョリソとパスタが、僕のお気に入りです。
プレイバック
 荷物を担いで搬入しているせいか、イヴェントの次の日って、飲み過ぎてなくても身体がだるくなる。いや、やっぱりアルコールで血の巡りが悪くなってるのかな...。

 ゴロゴロしながら、古本屋で買ったレイモンド・チャンドラーの「プレイバック」を読む。
 今さらながら、気分はハードボイルドですよ。
クラブ渋谷系無事終了!
chelstage.jpg


 クラブ渋谷系、盛況のうちに終了しました。
 ご来場ありがとうございました。

 チェルシーホテルも赤を基調としたいい感じのハコで、いろいろ企画も涌いて来る。
 チークタイムは意外な盛り上がりをみせましたね。
 あんまり好評なので、次回からは時間も増やす予定。
 
 趣向を凝らしてklub shibuya-k続けて行きます。

 さしあたって次回は4月8日開催!
 もうひと月ないんだね。

chelstage2.jpg

 ↑チークタイムの模様!(撮影/koichiroさん)
klub shibuya-k (クラブ渋谷系)
 今週なので、再び告知しておきます!

shubuya_k1.jpg

shibuya_k2.jpg


Klub shibuya-K(クラブ渋谷系)

■そして僕らはダンスフロアに「あの時代」の華やかな光を見つけるだろう。

strat:3/11(金曜深夜) 24:00~
charge:1,500yen(1ドリンクと缶バッヂ付)

DJ:イシカワタツル(softly!)
  sekine(boy meets girl)
  miha-k(boy meets girl
  so-king (IVORY)
  柳原憲一
  てらさわ(王子様ナイト)

TEL&FAX 03-3770-1567
Info. 渋谷・Chelsea Hotel
東京都渋谷区宇田川町4-7-B1
1階のハーレーショップから階段を下って地下1階にあります。

 ピチカート、フリッパーズ、オリジナル・ラヴ、90年代のその周辺の洋楽を選曲するイヴェントになるかと思います。
 ぜひ遊びにいらしてくださいね!
「T」
t.jpg


 下北沢の「T」に行って来ました。
 いわずもがな、ここはフリッパーズの二人が通っていた、あのお店です! 以前から、店の前を通り過ぎてはいたんですが、なかなか入る勇気が持てなかったんですよね。

 でも今日は、迷わず入店。
 名物のパンプキンプディングと、お代りができるというのでホットコーヒーを注文。
 店の外観、内装とも80年代的に洗練された作り。
 全体に硬質的なイメージなんだけど、比べてお店の方がひどく親和的に接して来るので、そのギャップが面白い。

 店にいる間、ジョアン・ジルベルトの曲が1曲延々リピート再生されていたのはナゼ?

 もっと粘ろうかと、三杯目のコーヒーをお願いしたら、お代りは二杯までだって。そ、そうなんだ。そりゃーそうか...。いや、そう?
 お会計しながらちょっとだけおしゃべり。
 開業してもう21年になるそうな。
ピーウィー
 すっかり暖かくなりました。
 数日前には雪が降っていたのに。

 机の横に、むかしむかしの「ピーウィー」を広げてあるんですが、湯沢京ちゃんが可愛くて仕方ありません。
 今どこかで個展かなんかやってるんですよね。

 部屋の温度計も今日はエアコンなしで20度超え!
 今日は春の匂いがした。
サイダーハウスルール
B00005HRB7.jpg


 NHK BS2にてサイダーハウスルールを観る。

 途中気付いたんだけど、これ終盤だけ、前にも観たことが!
 衝撃的な展開なんで、よく覚えてた。
 ジョン・アーヴィング原作なんですね。
サガンのような恋
 通りかかった学習塾の前で、中学生くらいの女の子が同じ塾の男の子を呼び止めて「前から好きでしたっ!」とかなんとか、いわゆる愛の告白をしていた。
 「それだけっ」と言って友達の輪の中に走り去る女の子。

 ずいぶん貴重な一瞬を見せてもらった。


 タイトルはハミングバーズの曲名から。
土曜日、マニュエラにて
toplogo.gif


 ちょっとレコードを見るつもりで、場所を移転したマニュアル・オブ・エラーズに立ち寄った。
 レコードをサクサクしながら、ムジカ・ロコ・ムンドを執筆した店長のF氏と雑談。いつもいつも話題はレコード売れないねえ、と言った話に終始してしまう。
 ブラジルものにしろ、今は古めのインストジャズみたいな高額のレコードを探してるお客さんくらいしかターゲットにならないらしい。エリス・レジーナとかカエターノとか王道ものは、もう全然ダメとのこと。

 最後に、どこを探しても見つからないカナダのとあるレコードの入荷状況を聞いてみると、
 「あれはなかなかなくてねー、一度ウチも入ったけど五万円ですぐに売れた」との御返答。
 ...すみません。僕じゃまったく手が出ないシロモノだったんですね。
 そういう訳で、二時間くらいダベって結局何も買わずに帰りました。
シュガータウンはさよならの街
101-0115_IMG.jpg


朝。
こんなに積もりました。
Like a Queen
20050212152645.jpg


 2005年ひな祭りソングということで、FMじゃ、朝から冨田ラボの「Like a Queen」かかっちゃってますね。

 昨日の夜もずっと聴いてたんだけど、この曲やっぱりいいわ。
 中盤以降のサビ~ブレイク~サビの大リフレイン~フェードアウトでちょっとシャッフルっぽくなるところとか、ホント秀逸過ぎる。音の洪水! いや、今一番アルバムが楽しみなミュージシャンって冨田ラボですよ。素晴らしい。

 次作のフィーチャリングヴォーカルがママレイドラグだってのはびっくり。なんか本末転倒してる。
 東芝EMI~ソニーと、秘かにレコード会社間で冨田争奪戦が行われてる気配、ですね。
天井桟敷の人々
B00006HBH7.jpg


「天井桟敷の人々」をヴィデオでおととい借りたばかりなのに、今TVつけたらケーブルで放映してるの!

 前にもこういうことあったな。
 確か「8人の女たち」。

 この多チャンネル時代、注意深くチェックしてたら一ヵ月以内にはおおよその映画観れちゃうのかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。