I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
記憶が...。
 ああ、もう何したのか覚えてない...。

 日記をさぼるもんじゃないね。
スポンサーサイト
BIG FISH
 映画「BIG FISH」を観た。
 いいね、こういうおとぎ話みたいな設定大好きだ。
 ひさびさ、世界観に酔えた。
木漏陽通りにて / Lamp
komorebi_jacket.jpg


 Lampの3rdはほぼ発売日にHMVで購入。
 それからずっと、家ではもちろんipodに入れて街中でも聴きまくってる。

 今更何を言うこともないんだけど、素晴らしい内容。

 永井くんのヴォーカルは澄み渡ってるし、メロディメーカーとしても更にワンステップ駆け上がったんじゃないか? 
 Lampの世界観を風街っぽさから洗練されたシティーポップへ橋渡ししているような大陽くんの楽曲もピカピカに光ってる。
 何より全編にちりばめられたカオちゃん&永井くん二人のハーモニーがいいね。何度も聴きたくなる。

 BMGではデビュー前から大プッシュしているけれど、それはいつまでも変わらなく、ね。

 永井くんを冨田ラボのフィーチャリングヴォーカルに、とか言われたら、それはそれで困るだろうか。
王子様(ozaken)ピクニック 2005 メモリアル
picnic1.jpg

 「王子様(ozaken)ピクニック 2005」、大盛況のうちに終わりました。今回遊びに来られなかった方にも、少しだけ「幸福な土曜日」をおすそわけします!

picnic3.jpg

■双子姉妹のような二人。同じ傘の色違いになったのはホントに偶然。

picnic2.jpg

■夢にまで見たピクニック! みつばちみたいになるには...

picnic4.jpg

■DJブースはこんな感じ

picnic6.jpg

■ほとんど完テツのままスタートを迎えた主催者。これ「星の王子様」のポーズですよね。

picnic5.jpg

■オザケン・ビッグ・バンド・ミニ!

picnic8.jpg

■暮れかかる多摩川。

picnic7.jpg

■そんな風に日が昇って沈んで...。メモリアルな一日になりました。

最後に! 主催者の無銘喫茶スタッフ(吉本&じょるじゅ&ちさ店長)にはホントに感謝、感謝。そして、設営スタッフのマーくん&すぱくん。皆様、お疲れさまでした。また、いろいろやりたいですね。
選曲
 さあ、明日のオザケンピクニックは、どんな選曲にしようかな、と。ポイントはフリッパーズ関係以外の懐かしいところ、ね。
僕の妻はシャルロット・ゲーンズブール
B00013F682.jpg


 「僕の妻はシャルロット・ゲーンズブール」をレンタルして観ました。
 シャルロットの映画というより、これ主演男優のイヴァン・アタルが、いい味出してるなあ。「ハイ・フィディリティ」のロブを彷彿とさせるダメ男っぷり。

 女優である妻にヤキモチ焼いたり、嫉妬したりっていう、典型的なラヴコメ話なんだけど、それを実際の夫婦が演じてるってのが、ウリだよね。フィルムの関係か、発色がフランス映画っていうより、イギリス映画みたいなところもよい。
僕のipod
オザケンピクニックに備えて、ipodにフリッパーズ関係の曲を入れてみた。
 BPMの項目もあるので、データベースとして手打ちしてみたんだけど、これitunesのソート用に使えるだけで、ipod側じゃ見ること出来ないのね...。ガクッ。
 表示項目も、カスタマイズできればいいのに。

 有名な「再生タイミングの遅れ」も含めてipodは...まだまだ改良の余地あるよね。
レコードが届かない
 海外の通販で頼んでいるレコードがなかなか届かないので心配。なんせ代金は支払い済みなので踏み倒されたら「コト」だ。

 メール出しても、なしのつぶてだし。

 初めての業者だったのでねえ。

 今まで通販で失敗したことはないんだけれど...。
みんな元気
 ジュゼッペ・トルナトーレづいているオレだけに、今度は「みんな元気」をヴィデオで観てみた。

 うーん、これはなんだか設定から展開まで小津の「東京物語」に似ている。

 勝手な見解だけれど...

 「ニュー・シネマ・パラダイス」→「シェルブールの雨傘」
 「いつも夢見て」→「道」
 「みんな元気」→「東京物語」

 って感じで、かなり原作の匂いが濃厚に漂ってる気がする。
 でも、それをパクリとか、そう言っちゃうんじゃなくて、これは愛だな、きっと。
ミシェル・ルグランを讃える
 最近また、自分の中でミシェル・ルグラン熱が高まりつつある。「ロシュフォールの恋人たち」をipodに入れて聴いちゃったり、今なんかは「想い出のマルセイユ」聴いちゃってたり。

 今秋公開予定の「ロバと王女」も楽しみなんですよね。
王子様(ozaken)ピクニック 2005
picnic2s.jpg


告知です!

王子様(ozaken)ピクニック 2005

日 時:2005年5月28日(土)12時~21時
ロケ地:多摩川河川敷(兵庫島公園付近)
東急田園都市線・二子玉川駅から、多摩川に降りてきて下さい。そのまま右の方に向かって歩くと、キラキラした音楽をかけてる集団がいます)
料 金:無料
   (このイベントはステッカーの売り上げを運営費にしています。当日会場でオリジナルステッカーを100円で販売しますので、よろしければご協力ください)

草原、お弁当、すいとう、かご、サンドイッチ、クッキー、スコーン、ギンガムチェック、ミルクティー、カメラ、フリスビー、バドミントン・・・そしてキラキラした音楽! さあ仔猫ちゃん、ピクニックに行こう!

王子様(ozaken)ナイトの音楽を野外で聴きたい!という思いを実現したイベントです。キラキラした音楽を大きなスピーカーで聴きながら、お弁当を食べたり、ビールを飲んだり、ちょっとお昼寝したり。そして18時48分に太陽が沈んだら、草原はダンスフロアに!
渋谷系リバイバルの2005年、最高で最大のピクニックにしましょう!

☆14時から15時までターンテーブルをオープンにします。好きなレコードやCDを持ってきていいですよ!(先着順、1人1曲)
☆「無銘喫茶」の出張営業も予定しています。冷たいドリンクとかね。

ご注意
「王子様(ozaken)ピクニック」は節度ある皆さんのマナーで成り立っております。
ルールを守って、楽しいピクニックにしましょう。
◆ゴミはお持ち帰り下さい。
◆トイレは設置トイレをご利用下さい。
◆火の使用は禁止されています。焚き火・花火などはご遠慮下さい。
◆落し物や盗難につきましては、自己責任でお願いいたします。
◆雨天の決行確認は主催者・吉本の携帯電話(090-9094-9197)までお願いいたします。

DJ
sekine(boy meets girl),suzuki(club heaven),井上剛志(EVERY PLANETS SON)(調整中),so-king (IVORY),qaz(JUST POP UP),柳原憲一(Klub shibuya-K),カフェ番長team(セキグチ、オノダ、アズサ、オグリ、カジマル、吉本),マー(ソーダ書房),GUCCI(Donut Airline)

ライブ
小沢健二Big Band mini

Powered by Flyer.to(じょるじゅ)
主催:吉本真一(王子様(ozaken)ナイト実行委員会)

webコチラ
明日を夢見て
 ジュゼッペ・トルナトーレづいて「明日を夢見て」をレンタルして、だらだらっと観た。

 観ているうちに思ったんだけど、これフェリーニの「道」にそっくり。エンディングの寂寥感も含めて。

 いづれ、ロード・ムーヴィーは「ジェルソミーナ ♪ ジェルソミーナ ♪」に集約されちゃうのかもしれない。
恐怖の報酬
 K谷さんに借りた「恐怖の報酬」を観る。

 ニトログリセリンを積んだトラックを目的地まで届けるって話なんだけど、これがサスペンスの基本のようなつくりで。
 予想しうるトラップに次々引っかかるわけ。観客の要望通りの展開。こういうエンターテインメントは割と好き。煎じ詰めれば「スピード」とかと、そんな変わらないんだけど、なんだろ? 俳優の真剣さが、またいいのかな。
 
 また、主演がイヴ・モンタンってのが意外でねー。
 最近「想い出のマルセイユ」で往年のモンタン観たばっかりだったから、何だか不思議な感じだったよ。
きょうだい堂
 結局、フライヤーは中野ブロード・ウェイにある「きょうだい堂」にお願いすることにした。問い合わせたら、伸工社の値段+1000円くらいでやってくれそうなので。

 仕上がりも同じ程度。
 多少、厚紙かな。
ニュー・シネマ・パラダイス
 なんだか、またまた喉が痛くなって来ましたよ~。

 印刷所行くついでにモリコーネの『ニュー・シネマ・パラダイス 完全版』のサントラ買って来ちゃいました。

 ああ、これ聴くだけで、いろんなシーン思い出すな。
 でもだいぶ忘れちゃってるから、そろそろ見直したいところ。
達郎さんのこと
 達郎さんのサンデーソングブック、この番組やっぱり最高だわ。今週は棚つか&リクエスト特集だったんだけど、クリスモンテスやサークルなんかかかっちゃって、ちょっとソフトロック風味。奇しくもどっちもカジくんの元ネタだったりする。
 後半の胎教にいいイージーリスニングってのもよかったなあ。

 この番組、リスナー層は20代前半から50代まで。
 奇跡のような番組だよね。
 ホントーに、山下達郎すごいよなあ。ポップスの生き字引みたいな人だし、同時にクリエイター&最高のシンガーでもある。もう尊敬するしかない。
つれづれ
 最近、夜となく昼となくアジアンママで食べてるな...。

 安いんだよね。

 なんかかかってるBGM、アジアもののソフトロックだし。
100の質問
 と、まあそんな具合に5月の日記をまとめ書きしてる訳です。

 放っておくと暗いことばっか書いちゃいそうなので

 よくネットに転がってる100の質問でもやってみようか?
Klub shibuya-K vol.2無事終了!
 「Klub shibuya-K vol.2」、大盛況のうちに無事終了しました。
 ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

 今月28日には「オザケンピクニック」も控えております。
 こちらもぜひぜひご参加くださいね!
伸工社がクローズ
 いつも使っていた印刷屋「伸工社」さんが、いつの間にか閉店していた。
 店に行ったらシャッターが閉められていて、張り紙が...。

 いやー、実際フライヤーどうしたらいいか!
 この際、奮発してカラーにすべきなのか。
 白黒で別の業者を捜してみるか。
 参りました...。
マリオ・カストロ・ネヴィス
588.jpg


 いやー、celesteがまたやってくれました。

 あのマリオ・カストロ・ネヴィスのカナダでのみ発売されてた幻のアルバム「latin band of...」をついにCD化ですよ。

 LPはあるだけで儲けもの、市場にでたら5万はくだらないというシロモノです。いや、一時期、その値段でも欲しいなどと思っていた自分の愚かなこと、愚かなこと。あー、あの時見つけられてなくてホントよかった。

 他のアルバムと違うのはポップス系の曲をいっぱいカヴァーしてるということ。スティーヴィー・ワンダー、スティーヴ・イートン、バリー・マニロウ...。
 ほらー、なんだか欲しくなって来たでしょ?
Klub shibuya-K(クラブ渋谷系) vol.2
8748768_78.jpg


今月もやって来ました、定例のKlub shibuya-K(クラブ渋谷系)
BMGからはsekine,miha-KがDJとして出演します。
ぜひ遊びにいらしてくださいね!

Klub shibuya-K(クラブ渋谷系) vol.2
2005年05月13日(金曜深夜 24:00-29:00)

今月は「エイプリルズ」のミニライブがあります!

でも入場料はすえおきの1500円。
もちろん1ドリンクと缶バッヂ付き!
皆さんゼヒお越し下さい!

告知HP

渋谷・チェルシーホテル
yesterday yes a day
 柄にもなくジェーン・バーキンとか聴いたりね。

 「yesterday yes a day」が好きなんだよ。
アジアンママ
 アジアンママで食事。

 沖縄、タイ、ベトナム、インド...のお酒やら料理がチャンポンで食べられるお店。
 アジアご飯で生きているオレの舌にぴったり。
高橋徹也
 久々に高橋徹也のライヴを見た。ほとんど新曲。
 完全な歌モノが少なくなりつつあることに不安を覚えないでもないが、じっくり聴けば、いい感じではあるかな。

 んー、それにしても、今回の対バンsaigenjiは相性悪かったかも。
 あんなグルーヴィーな演奏の後に、SSWで軽くジャズと音響入ったようなサウンド展開されてもね、なかなかこちらのスイッチ入らない。高橋徹也は「新しい世界」やるべきだった。血管ぶちぎれるくらいハイテンションの曲、最低3つは欲しい。

 MCは相変わらず最高に笑わせてくれた。
 かつて今まで、高橋徹也とフィリップスを越えるMC、聞いたことないよ。
 
ポップス好きは幸せになれない
 ポップス好きは幸せになれない、か。

 自ら方々で言っておいて、でもホントはそんなことないって思ってるんだけど。
ウォルナットは灰色
 『退屈してるのは誰だろう?/きっとわからないようにしてる/擦れ違ったときだって/僕に気がついたのは/ハッカのにおい それとも/グレイの目をした僕だけに/解けないクイズ出したの?/もしも答えをひとつ/季節の終わったプールに持ってきた/小さな本の中から見つけたら/なくさないように いつか/読みたくなる続きまで 消してしまわないように/クリップ/7ページ目に・・・』

 コンピレーション『topping up』収録のメイベルズ『ウォルナットは灰色』の歌詞の一部。

 5月になると聴きたくなる大好きな曲です。
宇野さんのこと
 最近、なぜか宇野千代いっぱい読んでます。

 よくよく考えると自己啓発っぽい。
 でも自己啓発家じゃなく、作家が書いてるそれだから、安心して読めちゃうんですよね。

 しかし、つくづくすごいお婆さんだったんだな。
サプリメント
 胃腸や、肌にいいそうなので、ウコンのサプリメントを買って飲むことに決めた。

 亜鉛、クロレラ、プロポリス、ニンニク卵黄...。

 オレ、すっかりいろんな錠剤をガラガラ飲むようなサプリメントオタクになってしまった。

コーラス
 シネスイッチ銀座でジャック・ペラン製作指揮の『コーラス』を観た。なかなかの出来。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。