I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ここらも
This Is the Life/Here's to My Lady

押さえて置かなくちゃな。
スポンサーサイト
人生は、奇跡の詩
lochi.jpg


ロベルト・ベニーニの「人生は、奇跡の詩」観に行きたいな...。
ミッドナイト・エクスプレス
深夜、何とはなしにラジオを着けたら沢木耕太郎がDJをしていた。
毎年、クリスマスイヴの深夜にだけ放送しているレギュラー番組らしい。
沢木さんの意外なまでに若々しい声とその口調に、目眩...、というか軽くトリップした。

「ミッドナイト・エクスプレス」というのがその番組の名前。
誰もが通るはしかのような逃避願望。深夜特急に乗り込んで、どこか遠くへ行ってしまいたいという青い青い願望。でもそれは年を重ねたから失われてしまうものではまったくなくて、事実、たまたまつけたラジオ番組で、この僕はあの頃の熱を取り戻してしまった感さえある。

氏はポール・オースターの「トゥルー・ストーリーズ」について言及していた。
「トゥルーストーリーズ」とは、オースター自身の永遠のテーマである「嘘のような偶然」をラジオリスナーから採話して作品化したもの。
この沢木さんの番組でも、旅を通して偶然に出会ったいくつかの恋、その成就、別離など様々な内容のメールが届いていた。日本版「トゥルー・ストーリーズ」といったところか。

...空港でのあのザワザワとした、落ち着きなさ。遠い旅の記憶。
リスナーからのメールを紹介する沢木耕太郎の声に耳を傾けながら、何か心を引き裂かれるような気持ちでいっぱいだった。

クリスマス・イヴに届いた素敵なプレゼント。
落ち着きのないこの僕は、またぞろ異国の地を旅したがっている。

冬篭もり
冬になると無性に映画を観たくなるんだよね。
ここ1週間くらいで7~8本観てる。

泣き笑いできる映画が大好き、なんです。
ありがとうございました!
10th_cake.jpg


ご来場の皆様ありがとうございました!
おかげさまで、盛大な10周年記念パーティーにすることができました。
お楽しみはこれから! まだまだBMG続いてゆきます!
これからもどうぞ、よろしくお願いします!

BOY MEETS GIRL "X'mas & 10th Anniversary"
flyer058.jpg


「BOY MEETS GIRL」、16日土曜日、ついに開催です!
今回は10周年&クリスマスパーティー仕様! ケイタリングチーム「ニコラ」特製のケーキをご用意いたしますよ!  皆様、ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね。お待ちしております!

BOY MEETS GIRL

vol.058 "X'mas & 10th Anniversary" issue
2006.12.16.sat. 23:30 start at CHELSEA HOTEL(shibuya)

DJ:sekine,miha-k,mizuho

fee:2000yen(include 1drink + lollipop + freepaper + cake + compilation CD)

Call:03-3770-1567(CHELSEA HOTEL)

more information...
http://www.geocities.jp/sekinebmg/info/info.html

soft rock,guitar,pop,bossa,soul,AOR,city pop,discotique,neo-aco,J-pop,jazz,lovers,french
we'll play all kind of evergreen music!!

our favourite...

flipper's guitar / roger nichols / salt water taffy / style council /burt bacharach / tahiti80 / tomita lab /
marcos valle / sugar babe / f.p.m. / stone roses / michel legrand / pizzicato five / would-be-goods / kenji ozawa /
orange juice / djavan / kirinji / four seasons / supreams / stevie wonder / tony macauley / bob crewe / cornelius /
heavenly / Lamp / sergio mendes & brazil'66 / fishmans / kenny rankin / seawind / brady bunch / Tatsuro Yamashita /
Todd Rundgren / Keiichi Sokabe / ...and more!!


ここで、いち早くプレゼントCD-Rの中身を公開しちゃいます!

-------------

静かな冬の始まり。お茶でも戴きながら聴くもよし、クリスマス・パーティーのBGMにしてもよし。
BMG、冬の15曲をセレクトしました。

1.Mon Oncle / O.S.T
2.Early Autumn / Joanie Sommers
3.Moon Moods / Harry Revel
4.Simple Things / Minnie Riperton
5.Gimme More / Kite
6.Skatin' / Deodato
7.破壊/SPANK HAPPY
8.Please that let be you / the Rentals
9.agein / Janet Jackson
10.無人島に私ともっていって…/CHARA
11.ゆうやけこやけの鐘が鳴る頃/永山マキ
12.Let's start makin' love/K.P.M.
13.Love oh love/Vince Andrews
14.You've got to have freedom
15.WILD WILD PARTY/SUNNYDAY SERVICE

1-6 sekine
7-10 miha-k
11-15 mizuho

1.「僕の伯父さん」サウンドトラックから。優しいメロディー、紡ぎ出されるほのぼのとした情感。
2.早秋なんてとっくに過ぎたけれど、今の気分で選曲してみました。要するにフランシス・レイ「男と女」なんだけど、実は高橋徹也「ひめごと」という展開。
3.今回ネタものが多いようで申し訳なんだけれど、これは最近Koopがサンプリングした1曲。Bメロ以降も、僕はこっちの原曲の方が好きだったりします。後半のテルミンが聴きどころ。
4.ミニー・リパートンがライト・フュージョンに展開した3rdアルバムより。「いつもの気分で」で冨田さんがギターリフからグルーヴから、ほぼそのままいただいてます。
5.スタイラス、ペイル・ファウンテンズやスタカンなど次々に同種の曲を想起させる70年代のUKブルーアイドソウル。
6.このタイトルで、このメロディーで、もう他に言うことは何もないくらいなんだけれど。小沢健二「ローラースケート・パーク」ネタです。
7.特にありませんが菊地成孔さんのバンドです。
8.特にありませんが、この10年でよくプレイしました。
9.この曲が出た時、マイケルが色々あって、歌い終わった後に涙を流したジャネットを観て「なんて家族思いなんだ!」と感動して購入した1枚です。
10.SAXを吹いてるのは菊地さんです。
11.モダーン今夜のVo.マキちゃんのソロデビュー・アルバム『銀の子馬』より。素晴らしい作品です。
12.私の知るゆったりしたラヴ・ソングの中の最高峰。幸せな気分に浸れます。ボーイミーツでよくかけてます。
13.私の中のハッピーパーティーチューン!ケーキ・タイムの前に流したい曲。
14.今年よく聴いた1曲。これはファラオ・サンダースのLIVEヴァージョン、な、長い!!
15.ライヴ会場のみで販売されていた幻の『PARTY LOVE ALBUM』より、“パーティー”ってことで。テンションが上がります。
そういうものを愛している
好きなミュージシャンや評論家のブログを読んでCDを購入したり、持っている音源をipodに読みこませて再聴したり、また、いろいろ考えさせられる毎日です。

思わぬところで、不意打ちのように心情吐露されるとね。

変な話かもしれないですが、励みにもなるし、たまには肩を叩いて、オレは分かっているぞ、と大上段に励ましたくなったりもする。そんな勘違いをしてしまうくらいに、...なんていうのかな、そういうものを愛していたりする。

いつか、そういうものに、どういう形でもいいから恩返しをしたい。
僕なりの回答を与えたい。
peppermint patty?
patty.jpg


peppermint patty?というフリーペーパーを戴きました。
仙台の5人の女の子が作っている音楽、雑貨、TV、フードなどのカルチャーを、エッセイやインタヴュー記事で綴った、可愛らしい冊子です。地域性の強い内容もあるんだけど、そういうところも愛らしくて楽しめます。イラストもいい感じだよね。

HPもあるのでよかったら覗いてみてください!
http://park10.wakwak.com/~waffle/patty/patty.html
J-WAVE「ザ・ユニヴァース」を聴いてるか?
最近また、ラジオを聴くのが趣味のひとつになってしまいました。
山下達郎の「サンデーソングブック」は、聴ける範囲でずっとチェックしていたけれど、今一番のお気に入りはJ-waveの「The Universe」の火曜日と水曜日。そう、ご存じの方も多いかと思いますが、それぞれ菊池成孔、大貫妙子がパーソナリティーを務めているアレ、なのです。

トークはモチロン、選曲がまたいいんですよね。
昨今のDJ番組はミュージシャンがDJやってても自分で選曲していない人がほとんど。そういうことは僕、某大物ミュージシャンのラジオ番組のwebライティングしていたからよく知っていたりする。レコード会社の力関係や、タイアップ等々、構成作家がほとんどを決定してしまう訳。

でも、この番組はほとんど全部、自分たちで選曲してるんだよね。
で、いわずもがなだけれど、センスがいい。
菊池さんの日はジャズ、フュージョン、ブラジル、ラテンetc...。ま、最近は歌舞伎町、大久保界隈に関するトークの時間が長いですが、それもまたよしで...。

大貫さんはssw、AOR、フュージョン、ジャズ、ブラジル、フレンチなどなど、ポップス全般。この間なんかエジソンライトハウスの「LOVE GLOWS」なんて普通にかけちゃってた。フリッパーズ・ギターや冨田ラボ、キリンジなんかもかけちゃうんだよね。この人の耳、というか趣味はね、生きてるんだよ。50代の女性ながら、僕らの世代とほとんど視線が変わらない。

僕がこんなにラジオを聴くのは、あるいは高校生以来じゃないだろうかな。
今夜も眠れません!
サワヤ・ブレンド・A
sawaya.jpg


さわやでコーヒー豆を購入。
本当は自分で挽こうと思っていたんだけれど、店のおばさまの「挽きますか?」の問いかけに頷いてしまった。「サワヤ・ブレンド・A」。とても香ばしいです。

しばらくは、毎朝これを戴く予定。

http://www.sawaya-coffee.co.jp/index.html



神谷鍋
今日は無銘喫茶で毎年恒例の「神谷鍋」。
気のおけない仲間たちと、鍋をつつきながら映画を観るのだ。

この日はロシアのちょっと笑えるホラー映画と、イヴ・モンタンのデビュー作「恐怖の報酬」。
毎回、この神谷鍋ではちょっとした事件が起こるんだけれど、今回は和やかに始まって終わった。
人数的にもほどよくてね。裏でmiha-kが「松岡英明ナイト」を開催していたってうのも関係しているとは思う。今回はどうだったんだろう。いつものように本人が来ちゃったりしたのかな。
午前4時過ぎ
イヴェント繁忙日。

18時にmiha-kと待ち合わせて、まずは横浜で行われたBMGのスタッフ、yumiちゃんの結婚式2次会へ。
お祝いの言葉やビンゴ、DVD上映と、何か懐かしい感じの会は和やかに進行しました。
ここで、あらためてyumiちゃん、ご結婚おめでとうございます!

次いで新宿8bitカフェ1周年パーティーに。
DJも頼まれていたのだけれど、スケジュールが折り合わず、この日はひとりの客としてお祝いに行きました。ものすごい人、飛び交うアルコール&熱気。ドンペリも戴いて何人かの知り合いに挨拶。ほろ酔い加減で終電に滑り込み、吉祥寺へ。

クラブ・ヘヴンの最終回。
こちらも大盛況。あんな光景を見たのはまさに11~12年前くらいのUKギターポップ・バブル期のマダムカラス以来かも。何か隔世の感があるなあ。鈴木さんと話してたら、しみじみしちゃいましたよ...。

午前4時過ぎ、ひとり寒空の下へ。
今日起こったいろいろなことを思いながら帰宅の途につく。

何というか、
いいようもなく寂しい気持ちにとらわれた朝。
阿佐ヶ谷 ベーグル
今日は朝早くから自転車を飛ばし、阿佐ヶ谷ベーグルに行ってみました。
かねてより、ずっと行きたかったお店。
一度なぞ、定休が火曜と知らずに、極寒の中ドアの前で呆然としていたこともありました。

評判のオレンジとくるみのベーグル、それに野菜盛りだくさんのサンド。
家に戻る帰る頃にはすっかり冷えていたけれど、美味しかった。でも、これはやっぱりできたてが食べたいね。今度は、お店の人の眼の前でそのままかぶりついてやろうとか思っています。

参考までに

お店のオーナー姉妹著作本
毎日パンのあるくらし
スター・ツアーズ、打ち上がりました
渋谷にて「スター・ツアーズ」打ち上げ+ミーティング。
ミーティングといいつつも、obiさんの連れて来たサイエンスクラブのお二人を交えての宇宙話。
...というか、宇宙と音楽の融合したイヴェントの企画話になりました。
一度イヴェントを開催したとはいえ、「スター・ツアーズ」のメンバーはそう見知った仲ではないので、会話の内容も人脈も、ひどくフレッシュでいろいろ喚起されることが多い。
こういう飲みもいいものです。

本当にねえ、子供の頃はヴォイジャーが木星から土星、それから天王星や海王星を横切り、太陽系の外へ向かうなんていう時代で...。宇宙にまだロマンがあった頃の話なのかもしれない。

------------------

素敵な音楽と、たくさんの人に出会えるロマンいっぱいのイヴェント、
ボーイ・ミーツ・ガール "10th anniversary & X'mas issue"は12月16日(土)、渋谷チェルシーホテルにて23:30より。

http://www.geocities.jp/sekinebmg/info/info.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。