I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
黒いピーター / ミロス・フォアマン
black_peter.jpg

日本未公開にしてDVD未発売。この機会を逃せばおそらくは眼にすることもないだろうミロス・フォアマンの長編デビュー作「黒いピーター」。最終日にいそいそと観に行って参りました。
チェコの監督ながら、初期作品においてはヌーヴェルヴァーグ作品と引き合いに出されることも多いミロス・フォアマン。まあ、そういうことは今上演のフライヤーで初めて知った訳なのだけれど、うーん、確かにこれはアナザー・サイド・オブ・「大人は分かってくれない」と言ってもいい内容かもしれない。

アナザー、と書いたのは、少年期から大人へという、取り扱っているテーマが類似しているということだけで、表現されているものは全然異なっているんですがね。

たとえば...、
父性健在=親への強力な服従関係。そして、妙に禁忌された性のあり方、転じて憧れ。
それなりにマッチョで、意中の女性が身近に存在するも、妙に神経質な主人公の特性などなど。なんというか、暴力性がありそうで、決してそうならない。モヤモヤした何かが全体を覆ってるんですよね。

同時代のヌーヴェルヴァーグ作品、アメリカ、日本映画などと比べて、どこかしっくりいかない部分が見えるのは、そこに社会主義的な観点というのか、「公」があるせいなんですかね...。それでいて、コメディの要素も強かったりで。
うん、エンターテインメントの要素もかなりあるなあ。このタッチ、ちょっとカウリスマキなんかも思わせたりもする。

いや、それにしてもこの上映での年齢層の高さ、男性率の高さと言ったら凄まじい(もとい素晴らしい)。男性率推定95%、平均年齢推定50代といったところでしょうか。

帰宅後、何気なく観ていた深夜の映画が同監督の90年代作「マン・オン・ザ・ムーン」だったのが笑えました。ジム・キャリー。そうか、そうか、これも撮ってたんだなあ。僕はずっと「カッコーの巣の上で」くらいしか知らなかったんですよ。

スポンサーサイト
UP ON THE ROOF
Upontheroof.jpg

いよいよ今週末となりました!
8月2日(土)に開催されるイヴェント「アップ・オン・ザ・ルーフ」の追加情報です!
60~70年代の良質なポップ・ミュージックのかかるスペシャルな真夏の一夜。
皆様、ぜひ遊びにいらしてくださいませ!

8月2日(sat)「UP ON THE ROOF」 

吉祥寺bar drop  23:00 ~ \2000 include 1d
*ご来場者全員に、もれなく原子高志さんのイラスト入りチロルチョコ(色3種類)をプレゼントいたします。

DJ :
原子高志(ONE PLUS ONE),
SEKINE(BOY MEETS GIRL),
KIM(MO*LETS/HIDE&SEEK),
SEKIGUCHI(ダレヤメ店主/MUSIC MARKET),
A-SCA(IN THE PACIFIC),
TOYOSHIMA(THE FABULOUS PARADE/IN THE PACIFIC)

*Sixties Beat & Girls, Northern Soul, Calypso, Blues, SoftRock, Jazz Chorus


以下、主催者豊島くんから各DJの紹介文です!

*モッドなイラストレータ&DJとして活動する原子さん。セレクトする曲はジャンルや国境を問わずグルーブかつラウンジーで フロアーを引き立ててくれること間違いなし。

*「Boy Meets Girls」のセキネ君は親しみやすくメロディアスな選曲で心奪われます。卓越した繋ぎとポップセンスには唸ります。

*カリビアン・リズム・バンド「モーレッツ」のボーカリスト テツ君。「HIDE&SEEK」のDJでもありブルースやソウル、カリプソとリズムカルなスピンに注目。

*カフェでノーザン・ソウルを回し続ける隠れDJのセキグチさん。アッパーでシャウトする曲満載なのは言うまでもないですね。がっつり踊り倒します。

*ジャズ、スウイング、ブルース等オールドタイミーな曲で男顔負けのセレクトをしてくれるアスカちゃん。フロアーを華やかにしてくれます。

*そして60年代ハーモニー・ポップ&ガールズをこよなく愛するトヨシマがお贈りするミュージック・パーティーです。

***
各DJの選曲は『Up On the Roof 』 の一夜でしか味わえない唯一無二のイベントです。是非よろしくお願いします。
鎌倉散歩
rova2008.jpg

小柳帝さんの主催する「ROVA」。
鎌倉はカフェ・ヴィヴモン・ディモンシュにて行われた同スクールの10周年パーティーに潜入して来ましたよ。

ブラジルのskolビールを飲んだり、帝さんやロヴァジェンヌと束の間会話を交わしたり、チャッピーとピースな記念写真をとったりと、楽しい時間を過ごしました。本当は、コーネリアスTシャツにカジヒデキばりの半ズボンで痛々しく参上し、ハッピーチャームで踊り狂おうと画策していたのですが、さすがに遠慮しておきました。
まあ、ボーダー着ている時点で相当痛かったのですが。
隅田川花火大会
sumida_hanabi.jpg

お招きを受け、秋には挙式をあげる友人宅へ。隅田川の花火大会をマンションの屋上から観賞。
第一、第二会場が左右に見渡せ、特に第二会場はかなりの至近距離。なんという贅沢。こんなに素晴らしいヴューで花火を見たことなんてなかったですよ。

終わった後はお部屋に移動。
このブログにもたまに登場する寺田椿さんや松山メアリさんのこともお話しできてワタクシは満足です。

お二人の新居はとても広く、飼われていたメス猫ちゃんも至極に可愛かったですよ。
とてもいい時間を過ごさせて戴き、感謝感激。本当にありがとうございました!
2008年7月、モーガンカフェにて
ひさしぶりにモーガンカフェへ。
席に座るとなぜかワム! がかかっていて笑う。「今ちょうどボーイ・ミーツ・ガール」のCDかけてたんですよ。そういって、以前僕がお店において行ったCD-Rを見せてもらう。去年の夏に編集したCD。ワムはもちろん三原くんの選曲。リピートしているらしく、食事をしていたら僕が選曲した冒頭のいくつかが流れ出す。

ヨハン・クリスター・シュッツ、モアシル・サントス、ブラジリアン・ブーツ、ハダメス・ニャタリ、レニー・アンドラーヂ、ベニー・シングス...。我ながらいい流れ。夏はよくかけているそうなので、もしお立ち寄りの方はリクエストなぞしてみてくださいよ。帰りには階段横でBMGのフライヤーをピックアップして行くこともお忘れなく。

それとこちらはマスターから。
定休が火曜日から土曜日になりました、とのこと。
皆様、お間違えなきよう!
4月、6月のセットリスト / ロコレコ
locoreco.jpg

メルティング・ホリディズ出演の4月、EmiLy出演の6月分セットリストをまとめて更新いたしましたよ。楽しかった一夜を選曲リストとともに振り返る...。

http://www.geocities.jp/sekinebmg/setlist/set_menu.html

*

上の写真は高円寺北にできたロコレコというCD屋さん。その名の通りハワイものが充実。
僕が行った時はカラパナやセシリオ&カポノなど定番ものの他に、マッキー・フェアリーの90年作やインヴィテーションズの1stなぞが置いてありました。
店長さん曰く、5月にオープンしていたそう。うーん、この道はよく通るんだけど全然気が付かなかった...。皆さん、一度覗いて見てくださいよ。

http://www012.upp.so-net.ne.jp/locoreco/index.html
いつのことだか思い出してごらん
この度、約6年ほどレギュラーDJを務めたみずほさんが降板することになりました。
今までありがとう。そして、お疲れさまでした! 駆けめぐる想い出。忘れません。

さて8月からは新体制。
ゲストライヴ+ゲストDJというカタチで毎回お送りしてゆく予定ですので、引き続きよろしくお願いします! 
開催は8月16日(土)。
新しいフライヤー+内容は一両日中にも発表できると思いますよ。

皆様お楽しみに!
人間だから / ビーグル
himawari.jpg

本日は眼が覚めるような和モノ2作品をご紹介。

まずは冨田恵一アレンジの傑作、豊口めぐみさんの「人間だから」。相田某ではないですよ(笑)。
「ちょびっツ」のイメージソングってことでアニメの声優さんが歌唱しているんだけど、これがまた、かなり出来のよい冨田サウンド。もう本当に何度でもリピートしたくなる。特にCメロから続く独特のコード進行と過剰に盛り上がるドラムスが堪りません。加えてこの音色と出音ね。冨田恵一マニアなら、もうこう書いただけで欲しくて堪らなくなるはず。
この曲は、さりげなく歌詞もいいんですよ。ものすごくプリミティヴな少年少女の恋。それを安易な情緒に頼ることなくテクニカルに音にハメてくるっていう。こういうのはなかなか書けないものなんです。クレジットを見ると、こなかりゆさんが書いているんですね。

もう1曲は山野裕子さんの「ビーグル」。
一聴して「うわ、これ誰が書いたんだろう」って、思わせるくらい素晴らしい楽曲、いいアレンジ。MOVESの頃の冨田さんを思わせる作風なんですよ。で、ライナー繰ってみたらこれが何と宮川弾さんですよ。安藤裕子の「ドラマチック・レコード」やFPM、ラヴタンバリンズの諸作で氏が名コンポーザーってことは分かっていたんだけれど、この曲は本当に素晴らしい。ストリングスと楽隊風のリズムを基調とした、後のソロ作「パイドパイパー」路線。なんだけれど、そのアルバムのどの楽曲よりも、この作品は秀い出てています。
そしてこれもまた、歌詞が秀逸なんですよ。泣けてくるわ。こちらのクレジットは岩里祐穂さん。調べたらかなり大御所の方なんですね。
この乾いた感じの女性ヴォーカルもいい。ちょっとファルセット気味になるところなんて、もうね。

実はこの2作品はある同じコンピレーションに収録されているんですが、いかんせんタイトルとジャケットはこのサイトには載せたくないデザインだったりする。
まあこちらをクリックしてもらえば分かるんですけど...。

AKSB

ちなみに僕はジャケットを裏返してジュエルケースにしまってます。裏は信藤三雄風だったりするんですよ。ハハハ...。
Aventuriers...vol.1
aventuriers_fl.jpg

7月10日(木)に渋谷エッジエンドにて「アヴァンチュリエ」というラウンジ・パーティーを行います!
僕はこの日、ライブラリーものやサウンドトラック、ジャズヴォーカル、ゆるいソフトロックなどをかける予定。いつものように繋ぎまくりという感じじゃなく、ラフにやろうと思ってます。
バーにでも寄る感じでふらっと遊びに来て戴けたら嬉しいです!

お菓子など、食べ物の持ち込みも自由だとのこと。
皆様のご来場お待ちしております!

Aventuriers...vol.1

2008.07.10.thu. 20:00 _23:00
at Edge End (shibuya)
fee: 800yen (1drink )

DJ : angela(one piece night), sekine(boy meets girl), yanagihara(kissa ginza)

lounge,sound track,french,mondo,exotic,brazilian,soft rock,children,jazz...etc

*Edge End
http://www.edgeend.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。