I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
春先にかけて欲しいもの
2月から春先にかけて欲しいCDが結構出るんですよね。

■アンティークレース編み / 松井優子 3月4日発売
冨田恵一さんのトラックバックオーディションで優勝した松井優子さんのデビューミニアルバム。
これまでは配信と、僅かに出回った自主制作CD-Rのみだったんですよね。ライヴでも何度か聴いているんですが、いい曲が揃っているんです。
冨田作「一角獣と処女」も、もちろん収録。
http://www.myspace.com/1000789843

■晴れの日 / 稲森寿代 2月18日発売
冨田恵一(楽曲プロデュース)×安藤裕子(作詞)という組み合わせ。
前2作と違い、今度はバラードになるそうで、ちょっと期待してます。
得意のうねるようなミディアム・フロウターな仕上がりだったら嬉しいんだけどなあ。早く視聴してみたい。
http://inamori-hisayo.net/music.html


■mariage / ミズノマリ 今春発売
パリス・マッチのヴォーカリストのソロ作品、この中にやはり冨田さんがらみの曲が...。
こちらはなんと、筒美京平(作曲)×冨田恵一(アレンジ)×古内東子(作詞)ですって!
どれだけ豪華なメンバーだって話ですが...。ああ、これも早く視聴したい。
http://marimizuno.exblog.jp/9407913/

■Love Logic / Minuano 3月4日発売
パーカッション奏者であり作曲家である、おがたたけろうさんの新ユニット。
Lampのカオちゃん(榊原香保里)をフィーチャーしたヴォーカルアルバム。mundo novo名義の前作も素晴らしかった。
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewProfile&friendID=1002861624

■スロウ・ミー・ア・ボーン / ロブ・ガルブレイス 2月4日発売
中古市場価格12,000~14,000円を誇ったAOR名盤ロブ・ガルブレイスもついにCD化されるんですよ。
しかも2月18日にはほとんど幻だった2004年作「トゥー・ロング・アット・ザ・フェアー」まで登場。
こいつは買っておかないといけません。
http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=rob+galbraith&tag=googhydr-22&index=aps&field-adult-product=0&hvadid=701545209&ref=pd_sl_8zs0njfrxi_b

■アニタ・カー作品諸々
ハイファイの大江田さんがアニタ・カー・シンガーズ作品を、まとめているとのこと。
もしかして、あんな作品や、あんな作品も候補に上っているのだろうか...。興味深いです。
http://loveshop-record.com/readymade/essay/oeda_makoto_index.html
スポンサーサイト
STAR TOURS N°5


スターツアーズ、今月末に下北沢アルトトで開催いたします!
ぜひ遊びにいらしてくださいね!

----------

YOU JUST NEED SOME LOVIN' IN
THIS BLADE RUNNER CITY

2009.1.31. sat at altoto
open:22:00
end:29:00
fee:2000yen 2drink

dj;
sekine : BOY MEETS GIRL
omo*8 : P.R.O.M.
cohei : Galaxy Creation
kandachi : quickquench
rumico : patchwork Sally

STAR TOURS:
http://startours.exblog.jp/
altoto:
http://homepage2.nifty.com/altoto/
今しばらくお待ちください!
次回、2月21日のBMGですが、何とか今週中には告知できるかと思います。
今しばらくお待ち戴けるよう、どうぞよろしくお願いします...。
Magic Voices / The Singers Unlimited


シンガーズ・アンリミテッドのボックスセットを大人買い。
眠る前やipodで少しずつ聴いて、どこか索漠とした気持ちを快く解放してもらっています。

ハイ・ローズのジーン・ピュアリングが67年に結成したこのグループ。70年代から80年代にかけてのジャズ・ヴォーカリーズ・グループとしては極めつけですね。MPS独特の質感を伴った演奏と静謐なコーラスワークに天上へと導かれるようです。
豪華なライナーには同時期に活躍したヴォーカリーズ~AORグループ、マンハッタン・トランスファーのジャニス・シーゲルが献辞を寄せていたりして。

クリスマスアルバムを覗く14枚のアルバムを全収録したこのボックス、円高気味の今こそ買いですよ~。

*余談だけれど、ハイファイの大江田さんが今、アニタ・カー音源の復刻作業をやっているそうですね。
いやあ、もしかしたらあの作品や、あの作品もついにCD化されるのかなあ...。楽しみ。
鏡開き、そしてだいだい汁


いやー、月曜になってようやく鏡開きができましたよ。なぜかずっと時間をとることができなくて、ずいぶん遅くなってしまった。8日遅れか。

餅はお汁粉でなく雑煮にして、だいだいは図のように絞って砂糖とお湯で割って戴きました。
うーん、鮮烈な酸っぱさ。
オレンジのごとき色ながら、やはりこれはレモンに近いんだな。

----これから、いいことありますように...。
You Can Fly On My Aeroplane / Wee


このアルバムもまったく捨て曲ないんですよね。去年から何度聴き直したことか。ipodなんかでシャッフルさせていても、このアルバムの曲がかかると即座に耳が奪われる。
まあ、僕はフェンダーローズが聴こえただけで好きになっちゃうくらいの勢いもあるんで、なかなか公正な判断はつかないんですが、もうどの曲がどうと言えないくらい、全編、腰砕けまくりの美しいメロウチューンの連続なんですよ。
こういう名作一枚で、R&Bを好きになる人が増えたりするんだろうなあ。
Brasilian Beat '67 / Los Brasilios & Juan Morales Singers


「ロス・ブラジリオス」、買ってしまいました。
セルメンクローン的な扱いをされているサイトも見かけますが、そうですか? 僕にはそうは聴こえない。
ボサノヴァ以前のサンバ・カンサォンとか、もっと広汎な50年代のラテンミュージック、それに、ちょっとエキゾがよぎるような・・・・・・。そう形容するのがぴったりの音楽なのです。

アルバム通して素晴らしい出来なのですが、「Carol's Theme」「What a Difference a Day Made」「Amorio Ambiguo」「Brasilian Beat」「Poinciana」などなど、女性コーラスとフルートを配した曲が特にお薦めです。全体で二八分くらいしかないのも何だかいいんですよね。
Ronie & Central Do Brasil
ronie_20090113222259.jpg


いやあ、これは本当に素晴らしいアルバム。帯にある「ブラジリアン・ソフトロックの最高峰」という惹句に偽りなし。ボサトレス、ボサリオのドラマーのソロ作品「ホニー&セントラル・ドブラジル」。

僕なんかもう、しょっぱなの「Remelexo」のエレピとダバダバにやられちゃいました。この、アルバム全体を貫くコーラスワーク、洒脱なアレンジメントは、「アクエリアス」「ブルニエール&カルチエール」を手がけた、かのハイムンド・ビッテンクールによるもの。ここでは自作の「Albatroz」も収録しておりますね。
他にもイヴァン・リンス「Essa Mare」、まるで「BBQパーティー」なフレーズに親しみを覚える「Somento o Samba」など、本当に素晴らしい。全編、これ純粋なポップスファンにお勧めしたくなるアルバムなのです。
12月のボーイ・ミーツ・ガールのセットリスト

solange.jpg

12月のボーイ・ミーツ・ガールのセットリストをアップしました。
よろしくどうぞ!

http://www.geocities.jp/sekinebmg/setlist/set_list70.html
アヴァンチュリエ、セットリスト
8日のアヴァンチュリエのセットリストをアップします!
ご来場戴いた皆様、ありがとうございました!

Saguin / Toninho Horta
The Story of My Life / Real Thing
Ceu e Mar / O Quarteto

Do It The Hard Way / Chet Baker
Desse Alguem / joao Gilberto,Caetano Veloso,Gilberto Gil
Two Kites / Antonio Carlos Jobim
Tiger Theme / Aelene Tiger,Clay Pitts Orchestra
Sugar in The Rain / Sid Ramin
ナナのダンス / 中村八大

The Upper Left Hand Corner of The Sky / The Jimmy Vann Band
New Fantasy / Lalo Schifrin
How High The Moon / スプリングス
一緒に暮らすようになりました / HourmeltS
Lua de Cetim / Leila Pinheiro
I Believe in Thee / J.O.B. Orquetsra
Love Means Everything / Touch of Class
Dreaming a Dream / Crown Heights Affair
Dinorah,Dinorah / George Benson
空想夜間飛行 / Lamp


*12月のBMGセットリスト、こちらはもう少しお待ちください!
原稿はあがってるんですが、画像なんかがあるんで編集にまとまった時間が必要なのです...。
Aventuriers...vol.4 



2009/1/8、
新年早々、イヴェントやります。新年会気分で遊びに来てくださいね!

Aventuriers...vol.4 
2009.01.08.thu. 20:00 _23:00
at Edge End (shibuya)
fee: 800yen (1drink )

DJ : angela, sekine(boy meets girl), yanagihara(kissa ginza)

lounge,sound track,french,mondo,exotic,brazilian,softrock,children,jazz...etc

*Edge End
http://www.edgeend.com/
危険がいっぱい


アラン・ドロンとジェーン・フォンダ共演というので借りた一本。タイトルは「太陽がいっぱい」の2匹目の鰌狙いということで。普通に楽しめるサスペンス映画。あ、今調べたら、これ近々DVD化されるんですね~。
だいだい


今年は市場にて橙を買ってきて鏡餅の上に乗せてみました、と。

まあ、引っ越してから鏡餅飾ったのが初めてくらいの勢いなんだけど、この鏡餅の上にのせるものが橙(だいだい)だってこと知らなかったんですよね。今更ながら池波正太郎さんのエッセイで知ったという...。
でも、この橙、なかなか売っていないんですよ。町中探し回ってようやく一軒見つけたという次第で。
でも、バランス悪いですか? そうですね、鏡餅がちょっと小さすぎる...。
あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。