I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
地下鉄でパリを

朝食はホテルにほど近いパスツールカフェで。バゲット+クロワッサン+ドリンクのセットメニューをオーダー。 


ビル・アケム駅からエッフェル塔へ。完全なお上りさんコースをたどる。


『地下鉄のザジ』のオッサンのごとく展望台を夢遊病者さながらに漂う。


パリー、パリー・・・・・・。


帰りは映画のように風船に乗って降りたかったのですが、エレヴェイターで急降下。いわずもがな観光客でいっぱいです。


昼食はビル・アケム駅前のピッツァ・フィオレンティーナで。いわゆるペペロンチーノをオーダーしたのですが、完全にうどんと化していました。茹ですぎにもほどがあります。味も・・・・・・。まあ、ここはフランスなので。


ワインも飲んでほろ酔いのまま移動。こちらはかなりサイバーなモンパルナス・ビヤンヴニュ駅のコンコース。


シテ駅に到着。フランスのメトロはどこも遊び心いっぱいです。


ノートルダム大聖堂。これもかなり立派な建物でした。


ノートルダム橋を渡り、セーヌ川沿いのブキニスト(古本市)を冷やかす。


一路レ・アール方面へ。ジョルジュ・ポンピドゥー広場で一休み。噴水にはジャン・ティンゲリーとニキ・ド・サンファルの彫刻。


あらー、ポンピドゥー芸術センターではアレキサンダー・カルダー展なんてやってますよ。時間があれば寄りたかったけれど今回は断念。


レ・アール周辺のレコード屋を物色。パラレルとギルダ。


時間があればもう一件、フリッパーズのヴィデオクリップ撮りに使われていた中古盤屋も回りたかったんだけど、ちょっと離れていたので今回は断念。結局この時点では一枚も買っておりません。

tranquile_n.jpg
さあ、このカフェ見覚えありませんか? オ・ペール・トランキーユのテラス席。延々探してようやくここにたどり着いたのでした。


そう、フリッパーズ・ギター『恋とマシンガン』のクリップに出てくる、あそこです。もう19年前...。これが当時のトランキーユ。だいぶ変わったけれど、ああ、椅子とテーブルは当時のままですね。恥ずかしいのは重々承知の上。

さすがに疲れ果て、この日はお総菜やワインをホテルに持ち帰って夕食。早々に就寝しました。
スポンサーサイト
パリところどころ

朝からヴィヴァン駅へ。クロズリー・デ・リラでカフェ・クレームと朝食を、と思ったが、あいにくお昼からの営業ということで断念。

ney.jpg
ネイ将軍の像を見上げて。日はもうずいぶん高く昇ってます。

dange.jpg
パリ時代のヘミングウェイが通ったというパン屋、レ・ブレダンジュにて、朝ご飯代わりのジャンボン(バゲットのサンドウィッチ)とオレンジジュースを購入。店のムッシューに日本のパン屋さんが写った一枚の写真を見せられる。懇意にしているとのこと。どういうつながりなのか。

dange_back_door.jpg
この店の裏口へ進んで行くと、なんとガラス戸にヘミングウェイの肖像が描かれていたりする。

dange_back_door2.jpg
そのガラス戸を抜けて階段を下り裏口へ出ると...、かつてヘミングウェイが住んでいたアパルトマン跡地前に出るというワケ。氏はこの出入り口をよく使っていたのだそうです。

montmartre_cat.jpg
昼過ぎにモンマルトル駅到着。画廊では猫がグルーミング中。

monmartore_musician.jpg
モンマルトルの丘へ向かう途中、陽気なホーンセクションがお出迎え。

sakure.jpg
サクレ・クール寺院に到着。更に寺院の上へと上る。

monmartre_hill1.jpg
さーて、アメリはどこだ? と設置されている双眼鏡で。

monmartre_hill2.jpg
ここか?

monmartre_merry.jpg
駆け下りて行くと下にはメリーゴーラウンドが! 電話・・・、電話・・・。この2009年にあって、既に電話ボックスなぞ存在しない。

ameli_butte.jpg
そういうワケでアメリのアパルトマンまでやって来てしまいました。下の八百屋さんオ・マルシェ・ド・ラ・ビュットも映画の陳列のまま営業を続けています。

ameli_moulins.jpg
こちらがアメリの仕事場、カフェ・ド・ムーラン。

ameli_tennai.jpg
店内奥からアメリがお約束通りの視線をこちらに向けてくださいます。今度こそやっと会えたね。

ameli_cream.jpg
こちらがクリーム・ブリュレと、コツコツたたくためのスプーン。いやー、何だか恥ずかしくなってきた...このブログ、こんな調子で続けていいのだろうか。

ameli_pig.jpg
カウンター右奥に、さりげなく豚のスタンドが! 見えますかな?

ameli_kobito.jpg
トイレのドアを開くと右手の奇妙な空間にこんな写真も貼ってあったりする。ちなみにここのトイレはトレインスポッティングのあのトイレ並みにヤバかった。これは何とかして戴きたい。

gaisenmon.jpg
シャルル・ド・ゴール=エトワール駅に移動して凱旋門を観光。想像以上のでかさに圧倒されました。

champs_elysees.jpg
♪ オー シャンゼリゼ ♪ 凱旋門を振り返って一枚。

palace_concord.jpg
コンコルド広場に到着。結構な距離。

tati_1.jpg
ベルシー駅に移動し、今度はシネマテーク・フランセーズへ。何を隠そうジャック・タチ展なんてやってたんですよ。それにしても、この過密スケジュールったらない。

tati_2.jpg
館内は撮影禁止だったのですが、エントランス周りだけで十分雰囲気は伝わるでしょ。

lipp_remlade.jpg
夕食はサンジェルマン・デ・プレ、ブラッスリー・リップにて。ヘミングウェイを倣ってビールとセルヴェラ・レムラードを戴く。

lipp1.jpg
ここはイヴ・モンタン『ギャルソン』の舞台でもあります。
そんな感じで、今日はかなり疲れました。
こんなに動けるのも空が明るいから。この時期、こちらは9時過ぎまで太陽が沈まないんですよ。
シャルル・ド・ゴール空港から
ここ数日間、フランスを旅してきました。
「こんなに素晴らしい旅はもうできないかもしれない」。
この旅行の間、大きな感動をもってそう思うことがたびたびありました。
この旅を物語形式で書き出すととりとめがなくなりそうなので、さしあたってはいくつかの写真をアップするにとどめたいと思います。でも、それだけでこのサイトを覗いてくれている方には楽しめるはず。興味を惹きつけられるはず。そんな風に思っています。
基本的に、毎日更新。

これらの旅の詳細は・・・、
また別の機会に発表することにいたしますね。

では、まずはこちらから。


シャルル・ド・ゴール空港に到着。「やっと会えたね」ってヤツですね。


日本の空港もこういうセンスを見習って戴けたらと。


ホテルはメトロ、ファルギエール駅に近いセーヴル・モンパルナスをあらかじめ予約しておいた。


ホテル近辺の小体なレストランにて夕食を。基本的に、この旅ではステーキばかり食べていたような気がする。


夕食後、ホテルへの帰り道。エッフェル塔がパリ中にレーザービームを放っている。
コーマルタン界隈 / 山田稔
ko_marutan.jpg


フランスはパリ、コーマルタン通りで起こる日常の風景を描いたエッセイ。
近隣に住む風変わりなアパルトマン住人、娼婦、気むずかしげなパン屋の女店員等々へ向けられる、偏執的ともいえる眼差し、その洞察。手前勝手な想像力の中で抱く、驚愕、憤り、微笑。
何というか、こういう感覚ってものすごく共有できる分、いい意味でも悪い意味でも沈潜しちゃうんですよね、世界観に。
でもこの本は、何がいいって文体がいい。文体だけでスラスラっと読めちゃいます。コーマルタンの猥雑な街角に思いを馳ながら...。

さて、僕もしばらくはバゲットとカフェ・クレームとワインとチーズとオリーブの世界に沈潜することにしますかな。
よりみみ
「よりみみ」というミニコミに「偶然の音楽」というディスクレヴューを兼ねたコラムを書かせて戴くことになりました。
残念ながらフリーペーパーではないので、お店で見つけたら手にとってくださいね、ともいえないのですが、中身を説明致しますと、...そうですね、枕元に一冊置いて戴いてですね、日々の雑事をこなしたその後、----遅く起きた朝や、眠りにつくその時なんかに拾い読みして、ほっと一息つけるような、少しだけ幼少の頃の気持ちを思い出せるような、そんな内容の本です。

今、手元に数冊あるのですが、準備ができたら郵送か、あるいは僕のイヴェントの中で購入できるようにしようかと、思っております。
ご来場ありがとうございました!
「ボーイ・ミーツ・ガール」ご来場ありがとうございました!
レギュラー陣もさることながら、新境地を魅せるザ・シンノ!の和やかなライヴと、アケシンのロック~ポップを横断するダンサブルな選曲で大いに盛り上がりました。

来て戴いたお客様、本当にありがとうございます!
そして、いつも影から支えて戴いているBMGスタッフ、rootsスタッフにも感謝しております!

次回は6月20日(土)、ゲストライヴはソライロネオン、ゲストDJにはファビュラスパレードの豊島くんを迎えてお送りします! お楽しみに!

また、今回のセットリストをアップしました!
http://www.geocities.jp/sekinebmg/setlist/set_list72.html
から、よろしくお願いします ♪
BOY MEETS GIRL vol.072 "Romantic Record" issue
flyer072[1]

今週土曜日となりました!
ぜひ遊びにいらしてくださいね!

*今年は毎年4月に開催していた「オザケンナイト」や渋谷系関係のイヴェントがないので、今回、僕の第2セット目は、そういった渋谷系関係の曲をオールミックス! という感じでやろうかと思っております。

どうぞ、お楽しみに ♪

----

4月の「ボーイ・ミーツ・ガール」は春の祭典特別企画!
3年間の沈黙を破り、再びライヴアクトをスタートさせるザ・シンノがBMG初登場! ネオ渋谷系、ニューウェイヴを経て、いよいよアーバンな香りをたたえはじめたブランニューソングの数々をお楽しみ下さい! ゲストDJにはビープラック・レジデントDJ、アケシンこと明山真吾が初登場! ロックでポップ、ビター&スウィートな選曲で夜を突き抜けます!
春の宵を華麗にドライヴする機嫌無敵な360分!
4月18日(土)、高円寺ROOTSにて皆様をお待ちしております!
お楽しみに!

■The Shinno youtube
http://www.youtube.com/watch?v=VpRKEwU6Eg8
http://www.youtube.com/watch?v=Ox5VgeQ1ZLI


BOY MEETS GIRL

vol.072 "Romantic Record" issue
2009.4.18.sat. 23:00 start at Roots(koenji)
Special Live:The Shinno!
Guest DJ:shingo akeyama(beepluck)

DJ:sekine,miha-k

fee:2000yen(include 1drink + chocolate + freepaper +
compilation CD)

Call:03-3330-0447(Roots)

more
information...http://www.geocities.jp/sekinebmg/info/info.html

soft rock,guitar,pop,bossa,soul,AOR,city
pop,discotique,neo-aco,J-pop,jazz,lovers,french,shibuya-k
we'll play all kind of evergreen music!!

our favourite...

flipper's guitar / roger nichols / salt water taffy /style council / burt bacharach / nona reeves / tomita lab/ antonio carlos jobim / marcos valle / sugar babe / f.p.m. / stone roses / michel
legrand / pizzicato five / would-be-goods / kenji ozawa / elis regina
orange juice / djavan / kirinji / four seasons / supreams / stevie wonder / tony macauley / bob crewe / cornelius / france gall / aztec camera / Lamp / sergio mendes & brazil'66 / fishmans
/ kenny rankin / seawind / brady bunch / Tatsuro Yamashita / Todd Rundgren / sunny day service / ...and more!!
Etoile feat.キリンジ / 冨田ラボ
ato.jpg

エイヴェックス移籍後の冨田ラボ初作品。
キリンジ×冨田恵一の組み合わせ、なのだから悪いはずはないですね。
愁いを帯びたメロディー、悩ましげな弦、冨田自身のハーモニー・ヴァーカル。
ソツなく、いい作品にしあがっています。
ワタクシとしては、早くもアルバムに期待と言うことで、
ネットラジオのキキキリンジに耳をそばだてております。

2回連続、冨田恵一がゲストなんですよね。
http://kirinji.i-radio.fm/
Faragher bros / Faragher brothers


前身バンドであるペパーミント・トローリー・カンパニーの再発に絆されて、今更ながらファラガー・ブラザーズのファーストを取り出して聴いております。
これを購入したばかりの時は、アッパーなブルーアイドソウルアルバムという印象で、曲の良さを感じていながら、そうリピートすることもなかったんですけど、今聴くとかなりメロウで、曲によっては泣きメロかつブルージーな展開をしていたりと、かなり聴き応えがあるんですよね。

しょっぱなの「The Best Years of My Life」はベタながらクラブ映えしそうなアップ。
「Never Get YOur Love Behind」は一変メロウチューン。
そして、メロウなブルースというか、R&Bというか、この6曲目の哀切を感じさせる「Losing Cause」がかなり好きなんですよ。
潮の香りをたたえたメロウ・ラテン「Never Felt Love Before」なんか、スタイラスの1stあたりが好きな人も行ける。

いやあ、素晴らしい。
朝からいい気持ちになったなあ。
The Upside Down World of John Pantry / John Pantry


ジョン・パントリーのシングル音源、未発表作などの貴重音源を、これでもかっ! というくらい集めた音源集。
実はずっと昔にLPで発売されたものをもっていたんだけど、ソフトロックというより、ガレージ、60'sビート、サイケよりな感じがしていまいちなじめなかったんですよね。
今回もその印象はぬぐい切れはしないんだけれど、2CDの2枚目、得に未発表曲の中に心惹かれる曲が結構連発されるんですよね。このあたりはLPにも収録されていない初出もの。
これがもう、B級のハーモニー・グラスというか、カリフォルニアンズというかエンジェル・ペイヴメントというか。こいつはかなり聴ける。
そんな訳で、ソフトロック的にもかなり評価が高くなりました。あくまで僕の中で。

Salt Water Taffy / Salt Water Taffy


ソウト・ウォ-ター・タフィで有名なロッド・マクブライエンさんが3月30日に亡くなったそうですね。
久しぶりにアルバムを聴き直そうと思います。
BMGがお送りする2009年、青空の17曲
4月の「ボーイ・ミーツ・ガール」にて、アンケートに答えて戴いた方にお渡しするCD-Rの内容をいち早く発表します! 今回も素晴らしい曲ばかり。ぜひ皆さんに持って帰って戴きたい!

--------------

素晴らしきかな、この春の日に。BMGがお送りする2009年、青空の17曲

1.Ornithology / Dartanyan
2.Another Night / Birgit Lystager
3.Molambo / Os Incriveis
4.Lua De Cetim / Francis Hime & Maria Hime
5.Vejo a Tarde Cair / Johnny Alf
6.I Love The Nearness of You / Smokey Robinson
7.Only God / Bruce Hibbard
8.Dusty / The Rag Dolls
9.Vivre Au Soleil / Henri Salvador
10.相変わらずさ / 高野寛
11.travellers tune / Ocean Colour Scene
12.WAITING FOR A TRAIN / FLASH AND THE PAN
13.GODLIKE / THE DYLANS
14.fat lenny / heavenly
15.BABY BABY BABY / 真心ブラザーズ
16.CONFINES OF GRAVITY / PLAYRADIOPLAY
17.The Life of Riley / The Lightning Seeds

1-9,sekine
10-17,miha-k


1.チャーリー・パーカー「オーニソロジー」に「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」や「ソルト・ピーナッツ」などジャズスタンダードを絡ませた珠玉のビ・バップ。
2.バカラック「アナザー・ナイト」の疾走感溢れるソフトロック・カヴァー。春風の中で聴きたい一曲。
3.クリス・モンテスをブラジリアン解釈でやったらこうなるという。ウキウキな手拍子+予想外の美メロにクラクラです。
4.ニッカ・コスタ「you」と双璧をなす、と言ってしまおう。父娘共演の強力チルドレン・サンバ。
5.恋人を思う切ない春の宵に。LampやMinuanoのリスナーにぜひ聴いて戴きたいまどろみボッサ。
6.スティーヴィー・ワンダーは自作自演もの以上に、人に書いた曲に秀逸なものが多い。この春の日に、サンシャイン・オブ・マイ・ライフ。
7.完全にトニー・ハッチ「マイ・ラヴ」路線なんだけど音色とサビがAORという、ざわざわ耳目を惹く逸品。
8.クリュー=リンザー=ランデルの黄金コンポーズ作品。フォーシーズンズ好きは必携です。
9.泣きのメロディーで押し通す、アンリ・サルヴァドール版ソフトロックとでも言えそうな素敵な一曲。
10.タイムリーな季節の1曲。きっとこの曲は関根君がセレクトしたんだと思うんだろうなあ…。
11.すまない。また旅行前なのでこんなモードだ。PVもカッコイイのでyoutubeなどで見てみてください。
12.1ヶ月くらいで終わってしまったガイ・リッチー監督の「ロックンローラ」 その作中で上流階級のパーティに紛れ込んだ主人公がこの曲に合わせて踊ったシーンが僕は好きで。
13.フリッパーズの「going zero」にメロディーラインが似ていると書かれていたけど、どうかな?
14.絶対音感の持ち主や、上手な演奏が好きな人はごめんなさい。でも、アメリアの声が僕は大好きなんです。
15.キューピーマヨネーズのCM曲。この頃のキューピーマヨネーズのCMは輝いてたんだ。
16.まだ10代の男の子が1人でやってるPLAYRADIOPLAY。この曲は17の頃のリリースか。
17.前回に引き続き、ライトニングシーズ。アルバム「センス」より。 実は歌詞もいい事を言ってるんだ。アルバム買ってみてくださいー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。