I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
2月のBMG、ご来場ありがとうございました!
shimada201102.jpgnaoki_201102.jpgsekine201102.jpgroots_boy_meets_girl_tokyo.jpg

15年目に突入したボーイ・ミーツ・ガール。
2011年のスタートは盛況に湧きました!
遊びに来て戴いた皆様、本当にありがとうございます!
ハモンドコネクション-島田正史さん、ミスター・クックロビン-マツオロビンさんのエンターテイメント感溢れるDJプレイ、そして、いつもながらツボを心得たevergrrenナオキさんの選曲で大いにフロアを盛り上げて戴きました。
DJオンリー、ノンストップで朝を迎えた今回のBMG。来て戴いたお客様の爽快感も格別のものがあったのではないでしょうか!
BMGスタッフ、rootsスタッフの尽力、来て戴いているお客様の力でこのパーティーを続けて行くことができます!
重ねて、本当にありがとうございます!

次回は4月16日(土)開催です!
どうぞ、お楽しみに!
スポンサーサイト
BOY MEETS GIRL vol.083 "Love, Life and Flower" issue




2月の「ボーイ・ミーツ・ガール」は、ヴァレンタイン・スペシャル!
この日はハモンドコネクション、ノーザンブライトでお馴染みの島田正史がDJとしてBMG初登場! クールなモッドナンバーからエンターテインメント感いっぱいのギターポップ・チューンをお楽しみ戴きます!
更にこの日はミスタークックロビンからマツオロビンがDJとして登場! アップ・トゥ・デイトでミラクルなネオアコ~渋谷系チューンをご期待下さい!
そして今回も、横浜最高峰のポップスDJ、エヴァーグリーン-ナオキが登場! 古今東西のポップ・ミュージックを縦横無尽に駆け巡るグルーヴィーな選曲をお楽しみ戴きます!
そして、ボーイ・ミーツ・ガール・レジデントDJ、sekineのノンストップ・ミックスも充実の内容でお届け! ソフトロック、AOR、ソウル、ブラジリアン、フレンチ、シティーポップ、渋谷系をコネクトする万華鏡のようなひとときをお楽しみ下さい!
60年代ソフトロックから、2010年に響くモダーンポップまで。ポップ・ミュージックのクロニクルを一夜にしてたどる極上エンターテインメントな360分!
2月19日(土)、高円寺ROOTSにて皆様をお待ちしております!
クラブ初心者の方もぜひお気軽にお越し下さい! どうぞ、お楽しみに!

BOY MEETS GIRL

Resident DJ:sekine

vol.083 "Love, Life and Flower" issue
2011.2.19.sat. 23:00 start at Roots(koenji)
DJ:naoki(evergreen),マツオロビン(Mr.COCKROBIN),島田正史(The Hammond Connection,Northern Bright)

fee:2000yen(include 1drink + chocolate + freepaper +compilation CD)

Call:03-3330-0447(Roots)

more information.....http://www.geocities.jp/sekinebmg/info/info.html

soft rock,guitar,pop,bossa,soul,AOR,city
pop,discotique,neo-aco,J-pop,jazz,lovers,french,shibuya-k
we'll play all kind of evergreen music!!

our favourite...
flipper's guitar / roger nichols / salt water taffy /
style council / burt bacharach / nona reeves / tomita lab / antonio carlos jobim / marcos valle / sugar babe / f.p.m. / stone roses / michel legrand / pizzicato five / would-be-goods / kenji ozawa /
elis regina / orange juice / djavan / kirinji / four seasons / supreams / stevie wonder / tony macauley / bob crewe / cornelius / france gall /aztec camera / Lamp / sergio mendes & brazil'66 / kenny rankin / seawind / brady bunch / Tatsuro Yamashita
/Todd Rundgren / ...and more!!

また今回も、『パリから向かうフランス映画の港町 ジャック・ドゥミとヌーヴェル・ヴァーグの故郷を訪ねて シェルブールから、ロシュフォールまで』を持って行きます。
声をおかけいただければ直接販売いたしますので、お気軽にどうぞ!
http://www.livreenchante.com/
季節から季節へ翼を広げる、BMG、春待-越冬の15曲
perrin_paradiso.jpg

お待たせしました!
2月19日(土)に行われる「ボーイ・ミーツ・ガール」にて、アンケートに答えて戴いた方にプレゼントするCD-Rの内容をいち早くお知らせ致します ♪
今回は特にセンチメンタルかつ、美しい出来! 
貴重音源満載でお届けします ♪

----------------

春を待つ僕たちを、もう誰もとめられない。季節から季節へ翼を広げる、BMG、春待-越冬の15曲。

1."Potiche"Overture / Philippe Rombi
2."How to Save a Marriage and Ruin Your Life"Overture / Michel Legrand
3.That Girl Theme~Theme song(BMG edit) / Earle Hagen and Sam Denoff
4.Romance / Ulf Turesson
5.You've Got to be Loved / The Montanas
6.Sometimes / Tiza
7.Snow Queen / The City
8.Aloha for Now / Kaleo
9.Song of The Lagoon / Adam Dunning
10.Don't Say You Don't Remember / The Goggles
11.Mr.Melody / Terese Carpio & Lam
12.In The Thick of It / Brenda Russell
13.People Like Us / The Mamas & The Papas
14.Cantar Feliz Musik / Orfeo
15.空想夜間飛行(other version short edit) / Lamp

1.カトリーヌ・ドヌーヴ主演、映画『しあわせの雨傘』の夢見心地なテーマソングでスタート。フィリップ・ロンビのペンが冴え渡る。
2.引き続き、これぞミシェル・ルグラン! といった感じの緩急自在な一曲。日本未公開の同名サウンドトラックから。
3.カヒミ・カリイ『ハミングが聞こえる』ネタのオープニングから、ラヴ・アメリカン・スタイルを思わせる高速ソフトロックのテーマソングをBMGミックス。サウンドトラック未発売、米TVドラマ『すてきなアン』より抜粋。
4.原田知世のスウェディッシュ・ポップ『ロマンス』を作曲者ウルフ・トレッソンが峻烈にセルフカヴァー。春風を待ちわびて。
5.名夫婦コンビ、トニー・ハッチ&ジャッキー・トレントのペンによる春を予感たっぷりなシャッフル名曲。
6.チリの青春ソフトロックバンド、ティザ。カーペンターズやビーチボーイズ、フォーシーズンズに影響を受けたといえば、誰もが頷かずにはいられない。この曲は完全に『しあわせの黄色いハンカチ』=『痛快ウキウキ通り』風で、もう涙、涙。
7.季節はここでまた冬へ。今年はヴァレンタインに雪の女王が舞い降りました。ロジャニコ版でお馴染み、コーネリアス『カナビス』ネタ。
8.ウククレの音色に導かれ、気分は一気に南国へ。ハワイのヨハン・クリスター・シュッツといってもいいニューフェイスSSW。
9.オーストラリアの俊英アダム・ダニングがものした『サンセット・モンキー』からクール&ロコなこの一曲を。全編ブラジル録音。日本ではディスク・デシネのみで先行発売中。
10.ソルト・ウォーター・タフィのロッド・マクブライエンがリードヴォーカルを努めるゴーグルズ屈指の名曲。これまた泣き、また泣きの美メロが横溢。
11.香港の名シンガー、テルサ・カルピオとジョージ・ラムが、あのナタリー・コールの天上的名曲『ミスター・メロディー』をデュエットでカヴァー。ラムのカウンターメロディー「ミス・メロディー!」の連呼が強烈な印象を残す。
12.アーバンで洒脱な曲作りといえばブレンダ・ラッセル。スイング・アウト・シスターやユーミンのAOR期がお好きな方にも。
13.ママス&パパスが71年にものしたミディアム・ソフトロックの名曲。この華麗なアンサンブル、この重厚なハーモニー。Lamp好きにも大いにお薦め。
14.ドイツのブラジリアンユニット、オルフェオが80年代に残したアルバムより。軽やかなスキャットが心地良い。
15.トリを飾るのはこの冬、音楽史上に残るであろう世界レヴェルの名盤『東京ユウトピア通信』を発売したLamp。こちらはアルバムに収められているものとは別の、スキャット部が変拍子になっている初期ヴァージョン。BMG・ショートエディットでお楽しみ下さい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。