I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『ドゥ マゴ パリ祭』『TABE TABI MARKET』
渋谷Bunkamuraにて『ドゥ マゴ パリ祭』が行われています。

http://bit.ly/mIC3r7

特設テントでは拙著『パリから向かうフランス映画の港町』と、書籍で使用されたロシュフォール&シェルブールの数量限定オリジナルポストカードを販売中。6月26日まで! 


livreenchante_bunkamura.jpg


そして6/26、もう本日ですが、青山BOOK246にて、TRANSIT×BOOK246×TABETABI 「フランスへの旅」展開催!こちらでも『パリから向かうフランス映画の港町』、限定オリジナルポストカードを販売しております!
14:00からはTRANSIT編集長によるトークショーもあるとのこと。

http://www.book246.com/tg_f2.html
http://ameblo.jp/tabetabimarket/entry-10912487291.html

tabetabi.jpg


そして、こちらが書籍に使用された港町、ロシュフォール&シェルブールの限定オリジナルポストカード。
この機会にぜひお買い求め下さい!

livreenchante_postcard519.jpg
スポンサーサイト
BMGご来場ありがとうございました!


ボーイ・ミーツ・ガールに遊びに来て戴いた皆様、本当にありがとうございました!

ヨハン・クリスター・シュッツの情感たっぷりな2ステージ、十分堪能して戴いたことと思います。
9月発売のニューアルバム、ますます楽しみになりました。
そして、toyopee、miha-k、両ゲストDJにもソフトロック、60's、ギターポップを横断する選曲で場を盛り上げて戴きました。

BMGスタッフ、rootsスタッフの尽力、来て戴いているお客様の力でこのパーティーを続けて行くことができます! 重ねて、本当にありがとうございます!

次回は8月20日(土)開催です!
どうぞ、お楽しみに!
失われた初夏と梅雨空にささぐ、BMG、2011年6月の16曲
お待たせしました。
6月18日(土)に行われる「ボーイ・ミーツ・ガール」にて、アンケートに答えて戴いた方にプレゼントするCD-Rの内容をいち早くお知らせ致します。

-------------------

失われた初夏と梅雨空にささぐ、BMG、2011年6月の16曲。

1.The World's Getting Smaller / Katch 22
2.Jack Miraculous / Gino Vannelli
3.I Do My Best To Impress / Linda Lewis
4.レインボー・シー・ライン / 吉田美奈子
5.Tem Que Ser Agora / Banda Black Rio
6.High Tide / Batteaux
7.Lady Day / The Parker Brothers
8.Reach Out / Craig Ruhnke
9.hoppipolla / Sigur Ros
10.Seven Seas / Echo & the Bunnymen
11.the Long and Winding Road / the Beatles
12..We Own the Sky / M83
13.All the World is Waiting / Elf Power
14.Cascade / Deluka
15.Touches You / Mika
16.Raquel / NEON NEON

1.めでたく銀盤化となったキャッチ22の華やかなこの1曲でスタート。
2.ジノ・ヴァネリにこんなに素晴らしいグルーヴィー・チューンがあったなんて! このアルバム、ホントに盲点でした。オリジナル・ラヴやLampがお好きな方にもぜひ。
3.私のブログ、フリーペーパーのコーナー名に使わせて戴いているリンダ・ルイスが残した究極のボッサ・クロスオーヴァー・チューン。本当におしゃれな音楽とはこういうものを言う。
4.佐藤博のペンによる和モノ・AOR~クロスオーヴァーの傑作。自身のヴァージョンも完成度が高いのです。
5.ブラジルのバンダ・ブラック・ヒオが残した、ブリージンなミディアム・フロウター。こんな曲を聴きながら海辺をドライヴする日常は戻ってくるだろうか。
6.バトウ、唯一のアルバムからフォーキーなミディアム・グルーヴィー・チューンを。Lampから、フリーソウル、サニーデイ好きにも広範にいける1曲。
7.帯の惹句に間違いなし、スティーリー・ダンなAメロながらサビはナイトフライトのごときモダン・アーバン路線に。大サビのリフレイン・コーラスに痺れる。
8.ポップなAORの極みのようなアルバムを残したクレイグ・ランク。これはまるでジョン・ヴァレンティ「ソング・フォー・ユー」のようなハート・ウォーミングな1曲。
9.アイスランドのバンド、シガーロス。アルバム「Takk」から。(多分)アイスランド語。夜行電車に乗って、憧れの土地に旅に出た時、 目覚めたらこの曲が流れてきそう。
10.前回旅に出た時、頭の中でこの曲がずっと回っていた。エコー&ザ・バニーメンはどのアルバムも素晴らしいと思うけど、僕はこの曲収録の1984年作品「オーシャン・レイン」が特に好き。
11.また旅の思い出ですまないけど、前から行きたかった水辺に立ち入った時に、僕のi podがこの前の曲のバニーメンの曲からビートルズのこの曲に切り替わった時に音楽の奇跡を感じました。恥ずかしながら、ビートルズのアルバム「LET IT BE」を初めて通して聴いたのは今年に入ってからでした。
12.フランス人、アンソニー・ゴンザレスのソロユニットM83の08年リリースのアルバム「Saturdays=Youth」から。シューゲイザー復活か?って淡い期待もし始めた。
13.旅から帰ったあたりで脱力していた時によく聴いてた。06年リリースのアルバム「Back to the Web」からの曲。
14.シューゲイザーミーツエレクトロ?あまり期待しないで聴いていたこのアメリカのバンドのこの曲が、僕の中の昨年のベストシングル曲でした。
15.前回のCD(12月)に続き、大好きなMikaの曲。「グレース・ケリー」収録の1stも大好きだけど、この曲収録の2nd「the boy who knew too much」も最高です。
16.スーパーファーリーアニマルズのグリフとブーム・ビップのサイドプロジェクトのネオンネオンのこの曲は最早僕の定番チューンになりつつあります。

1-8.sekine
9-16.miha-k
BOY MEETS GIRL vol.085 【shibuya-kei party / 渋谷系DJパーティー】
flyer085[1]

6月の「ボーイ・ミーツ・ガール」は憂鬱な雨雲を吹き飛ばすライヴ&DJスペシャル!
待望の4thアルバムをひっさげて、スウェーデンの貴公子ヨハン・クリスター・シュッツがBMGに3度目の登場!
レコ発記念でもあるこの日、ニューアルバムからの新曲はもちろん、お馴染みのヒットチューンを網羅する迫力の2ステージをお楽しみ戴きます!
ゲストDJには、こちらもお馴染みファビュラス・パレード&ワン・プラス・ワンの豊島が登場! グルーヴィーなハーモニー・ポップ&ノーザンソウルでお楽しみ下さい! そして、BMG元レギュラーDJのmiha-kが半年ぶりにDJブースに登場! 懐かしい、あの定番ナンバーが蘇ります! 
もちろん、渋谷系、ソフトロック、シティーポップ、AOR、ソウル、ブラジリアン、ジャズ、フレンチを奔放に往き来するレジデントDJ、関根のセットも健在! 失われた東京の夜を鮮やかに取り戻します!
60年代ソフトロックから、2011年に響くモダーンポップまで。ポップ・ミュージックのクロニクルを一夜にしてたどる極上エンターテインメントな360分。
6月18日(土)、高円寺ROOTSにて皆様をお待ちしております。
クラブ初心者の方もぜひお気軽にお越し下さい。どうぞ、お楽しみに。

BOY MEETS GIRL

vol.085 "Life is comin' back" issue
2011.6.18.sat. 23:00 start at Roots(koenji)
Resident DJ:sekine
Special Live:Johan Christher Schütz
DJ:miha-k, toyopee(fabulous parade)

fee:2000yen(include 1drink + chocolate + freepaper +compilation CD)

Call:03-3330-0447(Roots)

more information.....http://www.geocities.jp/sekinebmg/info/info.html

soft rock,guitar,pop,bossa,soul,AOR,city
pop,discotique,neo-aco,J-pop,jazz,lovers,french,shibuya-k
we'll play all kind of evergreen music!!

our favourite...
flipper's guitar / roger nichols / salt water taffy / style council / burt bacharach / nona reeves / tomita lab / antonio carlos jobim / marcos valle / sugar babe / f.p.m. / stone roses / michel legrand / pizzicato five / would-be-goods / kenji ozawa / elis regina / orange juice / djavan / kirinji / four seasons / supreams / stevie wonder / tony macauley / bob crewe / cornelius / france gall /aztec camera / Lamp / sergio mendes & brazil'66 / kenny rankin / seawind / brady bunch / Tatsuro Yamashita /Todd Rundgren / ...and more!!

また今回も、『パリから向かうフランス映画の港町 ジャック・ドゥミとヌーヴェル・ヴァーグの故郷を訪ねて シェルブールから、ロシュフォールまで』を持って行きます。
声をおかけいただければ直接販売いたしますので、お気軽にどうぞ!
http://www.livreenchante.com/
45年目のロシュフォールの恋人たち


ジャック・ドゥミ『ロシュフォールの恋人たち』の45周年を記念して、フランス、ロシュフォール市では様々なイヴェントが行われております。
映画の回顧展、コンサート、映画にまつわる各種展示に加え、9月にはコルベール広場でダンス大会もあるとのこと。かくいう私も取材を兼ねてドゥミ詣でに行くつもり。

こちらにwebページもオープンしたようです!
http://www.lesdemoisellesderochefort.fr/

そして、ロシュフォールを訪れる際は、ぜひ拙著
パリから向かうフランス映画の港町 ジャック・ドゥミとヌーヴェル・ヴァーグの故郷を訪ねて シェルブールから、ロシュフォールまで』をご持参戴きたい。

映画のロケ地を隈なく探訪できるはずです。

そして、ジャック・ドゥミの諸作もブルーレイ化が進んでおります。
内容もさることながら、特典も充実。この機会にご購入される方は通常版よりこちらの方がいいかもしれません。

      



BTTB 04


今週末はこちらのイヴェントにゲスト出演します。
お時間ある方は、よかったら遊びにいらしてください!
私の出番は深夜1:55となります。

-----------------

BTTB 04

2011/06/04(sat) 22:00-
@ 渋谷bar SAZANAMI
http://barsazanami.com/
東京都渋谷区円山町5-3萩原ビルB1FI
1000yen (1drink)

Allmix/Jazz/Rock and more Good Music


Guest DJs:

d-goro (残像☆ダンスフロア) [Allmix]
SEKINE (BOY MEETS GIRL) [Allmix]

DJs:

NOBUNAGA
SKINNY40 (PRISM CHOICE/40's STUDIO)
yuhei
ひろしげ (元町コーリング)
仁木隆浩 (Eple.)
BJ (cafe: AKSB/Take It Easy/MMM)

Flyer Designed by oto_sen
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。