I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「月刊てりとりぃ」第17号(2011年8月号)


ミシェル・ルグラン、ロジャー・ニコルスが全幅の信頼を寄せるアンソロジスト、濱田高志さんが編集・発行する『月刊 てりとりぃ』。今号から私、関根も不定期ながら拙文を掲載させて戴くことになりました。

初登場ながら「ジャック・ドゥミ『都会のひと部屋』/1955年のナント/労働・階級闘争/2011年の東京/脱原発」などという、やんちゃなテーマで書かせて戴きました。

これだけの豪華執筆陣を揃え、限定150部のフリーペーパーというこの冊子。
ぜひ、皆様にもお手にとって戴きたいと思います。

■月刊てりとりぃ オフィシャル・ブログ
http://d.hatena.ne.jp/territory/20110721

---------------------

【配布場所】

*配布開始=7月23日より随時

※店舗によって設置日が異なります。

古書ほうろう(千駄木)
ディスクユニオン JazzTOKYO(東京都千代田区神田)
ディスクユニオン神保町店
ディスクユニオン新宿ジャズ館
タワーレコード渋谷店5階
Bibliothèque(東京・千駄ヶ谷)
LOVE SHOP RECORD(※通販のみ;サイト内商品のご購入者に配布)

---------------------

「月刊てりとりぃ」第17号(2011年8月号)[全20頁/限定150部]

発行日:2011年7月23日(土曜日)

発行:TV AGE

編集・発行人:濱田高志

編集:鈴木啓之

レイアウト:大久達朗

題字:宇野亜喜良

◇目次(緑字は新連載および新規寄稿者によるコラム)

■1面=特集

和田誠、幻の“私家版絵本”シリーズ全7冊が当時のままの装丁・造本で奇跡の完全復刻!(戸里照夫=ライター)

■1面=書評

伝説のアパート「トキワ荘」に住んだ最後の漫画家による青春ストーリー(鈴木啓之=アーカイヴァー)

■コラム

極私的アート数珠つなぎ―描線の誘惑―【13】番外編:魅惑の音盤(濱田高志=アンソロジスト)
古書とスイーツの日々【14】深夜のチーズケーキの巻(鈴木啓之=アーカイヴァー)
東京1968~ピンキラとスナック(泉麻人=コラムニスト)
テレビの泉【3】ドラマ脚本を読む愉しみ(加藤義彦=売文家)
あみ、17歳「ピアス」(平岡あみ=高校生/宇野亜喜良・絵)
21世紀の中の昭和(加藤紀子=タレント)
アラン・ドロンのことだけを【16】ダーバンCMとその周辺(下)(森遊机=映画研究家/プロデューサー)
美しい人【2】モーニング娘。新垣里沙(池袋絵意知=観相家・顔研究家・顔面評論家)
LAについて【7】(村井邦彦=作曲家)
生まれる言葉 流行語【8】ジベタリアン(山上路夫=作詞家)
LOST WORLDへの案内【7】(佐野邦彦=VANDA編集人)
流れてCM作曲屋【11】(桜井順=CM作曲屋)
ブラジル専科【6】(麻生雅人=モノ書き)
ここだけの話【5】(久保田智子=アナウンサー)
歌が生まれるとき【4】(大森昭男=CM音楽プロデューサー)
「ヤノピの親父」その11(江草啓太=ピアニスト)
映画は役者で観ろ!【16】石橋杏奈の巻(馬飼野元宏=「映画秘宝」編集部)
復刻堂通信 横山光輝「『少年』完全版 グランプリ野郎」(川村寛=小学館クリエイティブ・編集者)
古川タクの“なにか面白いことないか?”【9】(古川タク=アニメーション作家)
コクリコ坂からの映画音楽のはじまり(湯山玲央奈=フォトグラファー)
月刊不老不死【13】(安田謙一=ロック漫筆)
音の出るマンガ家たち【17】なんきんの巻(足立守正=マンガ愛好家)
アナログ天国【6】(宮治淳一=音楽資料館、ブランディン管理人)
空想ジェットセッター #015(meg rock=シンガーソングライター)
ニッチモサッチモ(伊藤アキラ=作詞家)
あなたの知らない音楽の世界【17】~解散コメント~(川口法博=音楽ディレクター)
思い出すこと。ひとつ。(馬場正道=渉猟家)
レコード雑感 番外編~お気に入りの喫茶店~(星 健一=会社員)
デビュー30周年の俺を語れオレ【8】1980年『東映アニメーションニュース』内のコロムビア広告枠(高島幹雄=パッケージクリエイター)
新宿の音・外伝 2007年の少年達(1)(大久達朗=デザイナー)
夢の住人、夜の旅人~1955年のナントから東京へ(関根敏也=リヴル・アンシャンテ)
ライブをねらえ!(原田亜弓=ライター)
Music+Comix=久住昌之(高岡洋詞=編集者/ライター)
桂(けい)と夜間飛行 カウンターは今も健在なり(衛藤邦夫=音楽ディレクター)
IT'S A SMALL WORLD AFTER ALL(TATS=文筆家)
スポンサーサイト
平和の本 / バーナード・ベンソン



死の機械を こわしてしまうのに およそ2ヶ月かかり、残りのものを みんな消し去るには まだ 何年も何年もかかります。

でも、武器をつくる競争や、戦争の危険が 大きくなることを 心配しないですむようになったので・・・・・・指導者たちは、人びとの間をまわり、みんなの心配ごとや 必要なことを 聞く時間ができました。

指導者たちは 行くさきざきで、自分たちの 思いきった かしこい判断で ふたたび手にいれた平和によって とても大きな 安らぎを感じていました。その平和を みんなが一人ひとり 胸につけている木の葉が あらわしていました・・・・・・

まだ、たしかに 何人か むかしのことを忘れられない 老人たちがいて・・・・・・その人たちは さびついた勲章をつけ・・・・・・自分たちの考え方を 変えることが まったくできず・・・・・・みんなそろって 閉めきったクラブの中で 時間をつぶしていました・・・・・・もう 武器が 永久に消えてしまったというのに戦争の計画を立てたり、立て直したり していました。

自分たちの 武器をつくる工場が うまくいかなくなり、 ”暴力によって ふたたび力をとりもどそう” と呼びかけて、グループをつくった 経営者もいました。

その人たちは ”武器を ふたたび持とう” と書いたカンバンや幕などを持って デモをしましたが、だれからも 相手にされず、悪い力は もう ぜんぜん役に立ちませんでした。

とうとう 胸に葉をつけていないのは ひとにぎりの 人たちになりました。

・・・・・・でも、その人びとは ずっと前から 生きることと 死ぬこととの区別を つける力をなくしていたので、なにもわからなかったのです。

---------------------

1984年に発売された、バーナード・ベンソン『平和の本』(Le Livre De La Paix)より。

この話でいうところの「武器」は原子力爆弾を始めとする武器をさしていますが、これを、今なら原子力発電所に置き換えて読んで戴いてもよいかと思います。

今、日本で起こっている危機的状況。
脱原発を宣言した宰相に食ってかかる「手負いの老人たち」が、TVや新聞といった、その巨大な権益を存分に用い、激しい抵抗と世論誘導を行う様は、本当に気持ちが悪いもの。この国に漂う企図された暗雲を、国民はみんな分かっておりますよ。

さようなら原発! さようなら経団連! さようなら! 政治家、官僚を含む電力既得権者の皆様。
アヴァンチュリエ3周年、ご来場ありがとうございました!


アヴァンチュリエ3周年、ご来場ありがとうございました!
以下、sekineのセットリストです。

1.I Believe / Lucinda Sieger
2.Boca Chica / Les Baxter
3.You are The Sea / novo
4.There'll Never be Another You / Collage

1.Summer Symohony / Neil Sedaka
2.レインボー・シー・ライン / 吉田美奈子
3.君が泣くなら / Lamp
4.All I've Got to Give / Lemuria
5.La Rosa / 高橋ユキヒロ

1.in Love / Milkyway
2.Objects of Gold / Bobby Vee
3.The Jet Song / The Groop
4.Just Cause We Got Us / Gerry Granahan(Gary Williams)
5.Qu'il Est Beau (He's for Me) / Katy David
6.It's a Great Life / The 5th Dimension
7.Everyday / The Main Attraction
8.I'm Lady(ベルサイユのばら) / Merry Clayton, Michel Legrand

1.Sabda Alam / White Shoes & The Couples Company
2.I Wish You Love / Barbra Streisand, MIchel Legrand
3.Chanson d'un Jour d'ete / MIchel Legrand
4.Donde Estas(Amor) / The Tartans
5.Good Morning Means Goodbye / Peppermint Rainbow, Neil Sedaka
6.My Way / Bobbie's Rockin' Chair
Aventuriers vol.18


7月14日は、奇数月第2木曜日のお楽しみ『アヴァンチュリエ』!
ジャズ、ボサノヴァ、映画音楽、ソフトロック、モンド、エキゾ、AORなど...、ゆるいグルーヴとお酒とおしゃべりに明け暮れるラウンジパーティーです!
学校帰りやお仕事帰り、お気軽に、ぜひお立ち寄りください!

今回は、3周年記念パーティ!
セレクションCDのプレゼントも用意しております!

Aventuriers vol.18
2011.7.14.thu
20:00〜23:00
@edge end (渋谷)
http://www.edgeend.com/
fee/800yen(1drink)
DJ: angela ,sekine ,yanagihara

6月のボーイ・ミーツ・ガールのセットリスト



遅くなりましたが、6月のボーイ・ミーツ・ガールのセットリストとなります。
写真はbook246で行われたtabetabiで注文した豆サラダ。

http://www.geocities.jp/sekinebmg/setlist/set_list85.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。