I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
皆様、本当にありがとうございました!


10月のボーイ・ミーツ・ガールに遊びに来て戴いた皆様、本当にありがとうございました!

BMG初登場となったズビルート、ペーターさんの和物~ギターポップを横断するフロアライクな選曲。エヴァーグリーン、ナオキさんの安定感ばっちりなグルーヴィーチューン。そして、クラブ渋谷系、吉本くんの飛ばしまくったDJ&MCも素晴らしい。秋の夜長、非常にコアで濃密な一夜となりました。

BMGスタッフ、rootsスタッフの尽力、そして何よりも来て戴いているお客様の力でこのパーティーを続けて行くことができます! 本当にありがとうございます!

次回は12月17日(土)開催です!
15周年のボーイ・ミーツ・ガール。特別な一日になると思うので、今からぜひご予定のほどを。
お楽しみに!
スポンサーサイト
緊急告知! 過去のBMGセレクションCD-R(デットストック)プレゼント
10月15日のボーイ・ミーツ・ガールご来場の方「先着6名様」にデッドストックとなった過去のBMGセレクションCD-Rをプレゼント! 到着時に、次の3種類のから1枚をお選び戴きます!

23:00スタートからの先着順となりますので、品切れの際はご了承下さい!

vol.47
2010年4月17日開催分
(The Wishing Tree / The Tartans、To Love / Ginette Reno - Michel Legrand等収録)
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-entry-945.html

vol.50
2010年10月16日開催分
(『おしゃれ』テーマ / 加藤和彦&サーカス、Love American Style / Charles Fox等収録)
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-entry-985.html

vol.53
2011年4月16日開催分
(『おLa Bossa-Nova de Notre Amour / Danny Doriz、Luna, Amore e No / Piero Piccioni等収録)
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-entry-1021.html
遠い空、風の中で歌う、BMG秋愁の14曲。


お待たせしました。
10月15日(土)に行われる「ボーイ・ミーツ・ガール」にて、アンケートに答えて戴いた方にプレゼントするCD-Rの内容をいち早くお知らせ致します。

-------------------

遠い空、風の中で歌う、BMG秋愁の14曲。

1.Teach Me How / Neil Sedaka
2.Open Up Your Eyes / Katch 22
3.Sunday Won't Be Sunday Any More / Butterscotch
4.Tudo Muito Azul / Angela Valle e Paulo Sergio Valle
5.Crying in My Beer / Alan Carvell
6.Num Desses Dias / Sambacana
7.Bonita / Jane Duboc
8.Pretty Dolly / Joao Donato
9.One Man Circus / Phillip Francis Stumpo
10.Shedes of September / Obatala
11.What Have They Done To The Moon / Danny Long
12.Innocenza Cetra / Giorgio Tuma
13.Pickin' up The Pieces / Peacebird
14.グッドバイからはじめよう / 佐野元春

1.ニール・セダカ屈指の名曲。ハーモニー・グラスへ提供したデモ音源ながら、この凄まじい完成度。
2.イギリスのソフトロックバンド、キャッチ22が残した下降ライン良曲。
3.『Don't You Know』で有名なバタースコッチが74年にものした「幸せの黄色いハンカチ」路線の可愛らしい1曲。
4.ブラジルのTVドラマ『ミーニャ・ドルチェ・ナモラーダ』サウンドトラックより、この美しいワルツを。歌っているのはマルコス・ヴァーリの兄セルジオと妻アンジェラ。
5.イギリスのビーチ・ボーイズ・フォロワーのひとり、アラン・カーヴェルが残したイージーリスニングなソフトロック。ハーモニーの美しさにはただただ溜息。
6.ブラジルのコーラスグループ、サンバカーナの4作目から冒頭の1曲を。ミナス好きと言うよりも、これはマリオ・カストロ・ネヴィスなんかがお好きな方にぜひ聴いて戴きたいアルバム。
7.アントニオ・カルロス・ジョビンの名曲をAOR調にカヴァー。哀愁いっぱいなMPB。間奏のストリングスとエレピには思わず熱いものが込み上げる。
8.ジョアン・ドナート『ルガール・コムン』より。ベン・シドランあたりとも親和しそうなMPB。どこかLATINS 80とも共通する匂いもあり。
9.フィリップ・フランシス・スタンポが78年にものした唯一作より。ほんの一瞬スティーヴィーが漂うグルーヴィー・シティーポップ。
10.マイアミTKレーベル、オバタラの77年唯一作より。クロスオーヴァー風味漂うグルーヴィーAOR。
11.ダニー・ロング、71年作。ニール・セダカの込み上げバラーディアをグルーヴィーにカヴァー。
12.静かに舞い散る雪のような・・・。ジョルジオ・トゥマ最新作から、美しすぎるこの曲を。
13.そしてまた、静かに仮の宿りを後にする誰か。ヨハン・クリスター・シュッツ最新作よりセンシティヴなこの1曲を。
14.佐野元春が亡き祖父を想い、綴った、お別れの歌。ずっと昔、こればかりを聴いていた時期があったもの。
10月15日 ボーイ・ミーツ・ガール<タイムテーブル>
10月15日(土)に行われるボーイ・ミーツ・ガールのタイムテーブルはこちらとなります!

この日の僕の最後のセットは、急逝したパラキートさんへの追悼を込め、
彼女が好きだった日本の渋谷系の曲をオールミックスでかけようと思います。
皆様もぜひ、楽しんでいって下さい!

タイムテーブル

23:00 sekine
23:15 peter(zubiroot)
23:30 naoki(evergreen)
23:45 yoshimoto(klub shibuya-k) 
24:10 sekine
24:50 peter(zubiroot)
01:20 naoki(evergreen)
02:00 yoshimoto(klub shibuya-k)
02:30 sekine
03:10 peter(zubiroot)
03:40 naoki(evergreen)
04:20 sekine "shibuya-k mix"
05:00 end
渋谷系ナイト


オザケンナイト、渋谷系ナイトについてのお伺いを大変多く戴きます。

そういった音イヴェント、DJパーティーをご所望の方に、ぜひ遊びに来て戴きたいのが私がレジデントDJをつとめるDJイヴェント「ボーイ・ミーツ・ガール」。
特に「渋谷系」と銘打っているわけではありませんが、そういった音楽がお好きな方、あるいはリアルタイム派にこそ、ご満足戴けるような内容で毎回お送りしております。
「聴いて」楽しみながら、「踊れる」パーティー。

ぜひ一度足をお運び下さい!

私、sekineが出演するDJパーティーの一覧となります。
ぜひ最新の情報をチェックしてください!
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-category-2.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。