I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「月刊てりとりぃ」第21号(2011年12月号)
teritry1111.jpg

ミシェル・ルグラン、ロジャー・ニコルスが全幅の信頼を寄せるアンソロジスト、濱田高志さんが編集・発行する『月刊 てりとりぃ』。11月26日発行の最新号には8月に続き、私も拙文を掲載させて戴くことになりました。

「インド遊訪~ヴァラナシにて」というサブタイトルで書かせて戴きました。『パリから向かうフランス映画の港町』とはまた趣きが異なりますが、お手にとって読んで戴ければ幸いです。

これだけの豪華執筆陣を揃え、限定150部のフリーペーパーというこの冊子。
ぜひ、なくならないうちにお手にとって戴きたいと思います。
11月26日から、下記店舗にて随時配布されます!
また同日、池袋コミュニティ・カレッジにて18時半より開催される〈TV AGE講座〉「フランス映画の作曲家たち」&「追悼:クリスチャンヌ・ルグラン」に参加される方には漏れなく配布。ぜひ、ご参加下さい。

■月刊てりとりぃ オフィシャル・ブログ
http://d.hatena.ne.jp/territory/20111119

---------------------

【配布場所】

*配布開始=11月26日より随時

※店舗によって設置日が異なります。

古書ほうろう(千駄木)
ディスクユニオン JazzTOKYO(東京都千代田区神田)
ディスクユニオン神保町店
ディスクユニオン新宿ジャズ館
タワーレコード渋谷店5階
Bibliothèque(東京・千駄ヶ谷)
LOVE SHOP RECORD(※通販のみ;サイト内商品のご購入者に配布)

---------------------

「月刊てりとりぃ」第21号(2011年12月号)[全20頁/限定150部]

発行日:2011年11月26日(土曜日)

発行:TV AGE

編集・発行人:濱田高志

レイアウト:大久達朗

題字:宇野亜喜良

◇目次

■1面=特集

歌手ノサカ究極の歌唱集!

作曲家・桜井順が選曲・監修、ノサカ×サクライの歴史的記録!(安田謙一=ロック漫筆)

■コラム

話の横道【9】(宇野亜喜良=イラストレーター)
テレビの泉【7】「水戸黄門」ついに終了(加藤義彦=売文家)
東京1968~切手少年の時代(泉麻人=コラムニスト)
あなたの知らない音楽の世界【20】ミノルさん(川口法博=音楽ディレクター)
さよなら、愛しのクリスチャンヌ(濱田高志=アンソロジスト)
昭和に残した記録と記憶(加藤紀子=タレント)
ブラジル専科【9】(麻生雅人=モノ書き)
復刻堂通信 手塚治虫「ロック冒険記限定版BOX」(川村寛=小学館クリエイティブ・編集者)
LAについて【11】(村井邦彦=作曲家)
こどもみたいな大人たち「劇団 針の穴」(明緒=写真家)
「ヤノピの親父」その15(江草啓太=ピアニスト)
アラン・ドロンのことだけを【20】ドロンvs.ベルモンド(下)(森遊机=映画研究家/プロデューサー)
ここだけの話【9】(久保田智子=アナウンサー)
歌が生まれるとき【8】(大森昭男=CM音楽プロデューサー)
続・ニッチモサッチモ(伊藤アキラ=作詞家)
「昭和のレコード デザイン集」発売記念:緊急座談会(山口‘Gucci’佳宏×鈴木啓之×稲葉将樹)
古川タクの“なにか面白いことないか?”【13】(古川タク=アニメーション作家)
ママがうまれる(湯山玲央奈=フォトグラファー)
流れてCM作曲屋【15】(桜井順=CM作曲屋)
生まれる言葉 流行語【12】「月月火水木金金」(山上路夫=作詞家)
LOST WORLDへの案内【11】(佐野邦彦=VANDA編集人)
アナログ天国【9】(宮治淳一=音楽資料館、ブランディン管理人)
空想ジェットセッター #019(meg rock=シンガーソングライター)
映画は役者で観ろ!【20】安藤サクラの巻(馬飼野元宏=「映画秘宝」編集部)
すこぼこネコ談義【5】ネコまんが2(片岡知子=作曲家・レコードイーター)
なおなお・レコード雑感(星健一=会社員)
アフレコが私の原点です。(河崎実=映画監督)
美しい人【4】歌手 畑中葉子(池袋絵意知=観相家・顔研究家・顔面評論家)
音の出るマンガ家たち【21】藤井みどりの巻(足立守正=マンガ愛好家)
デビュー30周年の俺を語れオレ【11】(高島幹雄=パッケージクリエイター)
夢の住人、夜の旅人 インド遊訪~ヴァラナシにて(関根敏也=リヴル・アンシャンテ)
池袋午後7時。(馬場正道=渉猟家)
スポンサーサイト
池波正太郎 / 安西水丸
最近は池波正太郎さんや安西水丸さんの映画エッセイ本を読んで夜を過ごしています。
パリから向かうフランス映画の港町 ジャック・ドゥミとヌーヴェル・ヴァーグの故郷を訪ねて シュルブールから、ロシュフォールまで
livreenchante_book.jpg

『パリから向かうフランス映画の港町 ジャック・ドゥミとヌーヴェル・ヴァーグの故郷を訪ねて シュルブールから、ロシュフォールまで』
関根敏也・小出ゆきみ著

大好きなジャック・ドゥミの映画と、彼の映画の舞台となったフランスの港町について書いた拙著。
お取り扱い店舗も依然増えております!

ロシュフォールやシェルブール、ナント、エクス島、ニース、サン・トロペについて、ここまで詳細にロケ地が紹介、解説された書籍は、これまでなかったはず。パリからの行き方、詳細なアクセス方法が分からず、フランスの地方都市への旅を諦めていた方には最適なガイド本になっております!

これを機会にジャック・ドゥミの諸作『ロシュフォールの恋人たち』『シェルブールの雨傘』『ローラ』『天使の入江』を観る方が増えたら、それが一番嬉しい。

そして、もちろん来年のヴァカンスの計画の中に、これらの土地を訪ねる日程を組み込んで戴ければ、それもまた嬉しいのです。

■リヴル・アンシャンテ
http://www.livreenchante.com/

Amazon販売サイト


現在の販売店舗は以下の通りとなります!
どのお店も一流のセレクトショップばかり!
続々取扱店が増えております。

■関東
ディスク・ユニオン新宿本館 3F 映画フロア(新宿)
ディスク・ユニオン Jazz TOKYO(お茶の水)
ディスク・ユニオン お茶の水駅前店(お茶の水)
BIBLIOPHILIC&bookunion(新宿)
ロマンレコーズカフェ(学芸大学)
古書ほうろう(千駄木、日暮里)
タコシェ(中野 ブロードウェイ 3F)
Paradis/サンダル文庫(高円寺)
茶房 高円寺書林(高円寺)
信愛書店(西荻窪)
旅の本屋 のまど(西荻窪)
BOOK246(渋谷区南青山)
ナディッフ モダン(渋谷 Bunkamura B1F)改装中・12/23再オープン

■関西
ディスク・デシネ(神戸) 
恵文社一乗寺店(京都)
ハンモックカフェ(姫路)

■Web
LOVE SHOP RECORD 
アマゾン・ジャパン 

他、全国書店では今のところご注文でのみ対応しております。
shibuya-kei


shibuya-kei DJ party in Tokyo

If you want to enjoy to the music of "shibuya-kei" in Tokyo, Japan,
please come to DJ party "boy meets gir" at club roots in Koenji.

You are certainly satisfied.

party information,please check it.
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-category-2.html

please check tokyo sky tree visual about shibuyakei
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-entry-1138.html
『こ・ら・ぼん』vol.7 / 高円寺あづま通り商店街『縁台ふるほん市』
11月12日(土) 13日(日)
『高円寺フェス2011』http://koenjifes.jp/と同時開催、
第2回「縁台ふるほん市」http://d.hatena.ne.jp/koenjibmf/ に、参加致します!
当日は、『高円寺フェス2011』『弁天様の御縁日』『本の楽市』と高円寺中で楽しい行事が盛り沢山。

*フリーペーパー『こ・ら・ぼん』vol.7 特別号では、本にまつわる楽しい情報がたくさん掲載されています。
http://rakuichi.collabonet-project.com/?cid=5

colabon_nakami.jpg
リヴル・アンシャンテからは読書ガールとして小出ゆきみが紙面を飾っております。

*茶房 高円寺書林さんでのイベント、情報も是非チェックしてみてください。
http://kouenjishorin.jugem.jp/

あづま通り商店街『縁台ふるほん市』の"livre enchanté"ブースでは、『パリから向かうフランス映画の港町』はもちろん、古本、フランス各地でみつけた"フランスおみやげ”、手作り雑貨などを出品します。
お気に入りの品物をお買い求め下さい!

endai_furuhon_ichi_koenji.jpg


高円寺 あづま通り『縁台ふるほん市』
2011年11月12日(土) 13日(日) 12時~17時 ※雨天中止
会場:高円寺あづま通り商店街
http://www.koenji-azuma.com/
高円寺 縁台ふるほん市
http://d.hatena.ne.jp/koenjibmf/
https://twitter.com/#!/koenji_bmf
アヴァンチュリエ、ご来場ありがとうございました!

Velas


アヴァンチュリエ、ご来場ありがとうございました!
ぐっと冷え込みを増したこの日。
それでも来て戴いた皆さんとお話しできて、とても嬉しかった。
本当にいろいろと、感慨にひたる秋です。

後半かけた曲でお尋ねが多かったのはソフトロック界隈では有名なアニタ・カー・プロデュースのアメリカン・シーン。この名義ではこちらのシングル・オンリーですが、後チャールズ・フォックスのペンによるTVドラマ、ラヴ・アメリカン・スタイル、ハッピー・デイズ、ラバーン&シャーリーなどのテーマソングの歌伴を担当。プラット&マクレーンとしてもアルバムを一枚残しています。

ロジャー・ニコルス系、高速ソフトロックのタータンズ「ウィッシング・ツリー」。
これについてはBMGセレクションCDをご参照願います。そのうち、またBMGにてデッドストックも放出予定。
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-entry-945.html

そして『パリから向かうフランス映画の港町』、この日に限って在庫を持って行くのを忘れてしまいました・・・。
次回は必ず持って行きます!

以下、sekineのセットリストです。--------

1.Enterrement Sous-Marin / Christiane Legrand
2.Bonita / Jane Duboc
3.Olhos Feiticeiros / Conjunto Sambacana
4.Lost in Love / Anthony & The Imperials

1.ルームメイト / Soap
2.白い森 / novo
3.Shooting for The Stars / 藤田朋子
4.Muito Mais / Velas
5.レモン哀歌 / Minuano
6.I Love to Love / Tina Charles
7.Beautiful Changes / Kathe Green

1.Tudo Muito Azul / Angela Valle e Paulo Sergio Valle
2.Sabda Alam / White Shoes & The Couples Company
3.De Delphine a Lancien / Michel Legrand
4.Smile~Seven Golden Men / Tokyo Porcupine Collection Long Vacation
5. Qu'il Est Beau (He's for Me) / Katy David
6.How Can You Tell / Sandie Shaw
7.The Wishing Tree / The Tartans
8.The Jet Song / The Groop

1.Open Up Your Eyes / Katch 22
2.The American Scene / The American Scene
3.I'll Close My Eyes / Gerry Granahan(Gary Williams)
4.One Man Circus / Phillip Francis Stumpo
Aventuriers vol.20


11月10日は、奇数月第2木曜日のお楽しみ『アヴァンチュリエ』!
ジャズ、ボサノヴァ、映画音楽、ソフトロック、モンド、エキゾ、AORなど...、ゆるいグルーヴとお酒とおしゃべりに明け暮れるラウンジパーティーです!
学校帰りやお仕事帰り、お気軽に、ぜひお立ち寄りください!

Aventuriers vol.20
2011.11.10.thu
20:00~23:00
@edge end (渋谷)
http://www.edgeend.com/
fee/800yen(1drink)
DJ: angela ,sekine ,yanagihara

*このフライヤーのモデル、そこはかとなく佐々木希さんに似ておりませんか?
・・・正直お気に入り。
ポニーテールの頃
パラキートさん追悼イヴェントでの選曲、というか彼女の為のミックスです。

1.ポニーテールの頃 / カジヒデキ
2.ホテルと嵐 / 小沢健二
3.流れ星ビバップ / 小沢健二
4.マスカット / カジヒデキ
5.偶然のナイフエッジ・カレス / フリッパーズ・ギター
6.さよならなんて言えないよ / 小沢健二
7.僕らが旅に出る理由 / 小沢健二


最後の曲をかけた後は、
記憶もおぼろげなのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。