I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
aventuriers 4th Anniversary


奇数月第2木曜日のお楽しみ『アヴァンチュリエ』!

ジャズ、ボサノヴァ、映画音楽、ソフトロック、モンド、エキゾ、AORなど...、ゆるいグルーヴとお酒とおしゃべりに明け暮れるラウンジパーティー!
学校帰りやお仕事帰り、お気軽に、ぜひお立ち寄りください!
今回は何と4周年記念。プレゼントCD-Rつきです。
お楽しみに!

2012年7月12日(木)
20:00~23:00
@edge end (渋谷)
http://www.edgeend.com/
fee/800yen(1drink)
DJ: angela , sekine , yanagihara
スポンサーサイト
BMGご来場ありがとうございました


6月のボーイ・ミーツ・ガールに遊びに来て戴いた皆様、本当にありがとうございました!

夕方開催となった第2回目、いかがでしたでしょうか。
パレード・toyoppe、そしてクラブ渋谷系・so-kingが繰り出す、ネオアコ、シックスティーズ、ハーモニーポップ、メロウ・フロートな楽曲の数々に酔いしれる夜となりました。今回私は、ソフトロック~渋谷系に加え、ブラジリアン要素を少し多めにミックスしました。いかがでしたでしょか。

*こちらがセットリストになります
http://www.geocities.jp/sekinebmg/setlist/set_list91.html

これまで、深夜であればこそお時間の都合がついた方もいらっしゃると思うと心苦しくはあるのですが、当分このかたちで試させて下さい。またチャンスがあれば深夜枠というのもトライしてみたいと考えています。

BMGスタッフ、rootsスタッフ、そして何よりも来て戴いているお客様の力でこのパーティーを続けて行くことができます! いつも本当にありがとうございます!

8月もこの夕方の時間帯で開催いたします。
次回は8月18日(土) 16:15~21:30の開催。
楽しい企画も用意しているので、どうぞお楽しみに ♪
BOY MEETS GIRL vol.091 "Girl Girl Girl" issue【shibuya-kei party / 渋谷系 DJ】


6月の「ボーイ・ミーツ・ガール」は梅雨空を吹き飛ばすガール・ポップ+渋谷系スペシャル!
ゲストDJにはクラブ渋谷系、王子様(ozaken)ナイトのスターターDJとしてその名を轟かせたso-king!
そして、伝説の60's DJ、ファビュラス・パレードのtoyopeeが登場!
都内屈指のポップ&グルーヴィーな夕べをお楽しみ戴きます。
もちろん、ボーイ・ミーツ・ガール・レジデントDJ、sekineのノンストップ・ミックスも健在。ソフトロック、AOR、ソウル、ブラジリアン、フレンチ、シティーポップ、渋谷系をコネクトする万華鏡のようなひとときをお楽しみ戴きます!
60年代ソフトロックから、2012年に響くモダーンポップまで。ポップ・ミュージックのクロニクルを一夜にしてたどる極上エンターテインメントな300分。
6月16日(土)、高円寺ROOTSにて皆様をお待ちしております。
クラブ初心者の方もぜひお気軽にお越し下さい。どうぞ、お楽しみに。

BOY MEETS GIRL

vol.091 "Girl Girl Girl" issue
2012.6.16.sat. 16:15 ~ 21:30 at Roots(koenji)
Resident DJ:sekine
DJ:toyopee(fabulous parade),so-king(klub shibuya-k)

fee:2000yen(include 1drink + chocolate + freepaper +compilation CD)

Call:03-3330-0447(Roots)

more information.....http://www.geocities.jp/sekinebmg/info/info.html

soft rock,city pop,bossa,soul,AOR,guitar pop
discotique,neo-aco,J-pop,jazz,lovers,french,shibuya-k
we'll play all kind of evergreen music!!

our favourite...
flipper's guitar / roger nichols / salt water taffy / style council / burt bacharach / nona reeves / tomita lab / antonio carlos jobim / marcos valle / sugar babe / f.p.m. / stone roses / michel legrand / pizzicato five / would-be-goods / kenji ozawa / elis regina / orange juice / djavan / kirinji / four seasons / supreams / stevie wonder / tony macauley / bob crewe / cornelius / france gall /aztec camera / Lamp / sergio mendes & brazil'66 / kenny rankin / seawind / brady bunch / Tatsuro Yamashita / ...and more!!

■前回のボーイ・ミーツ・ガールの模様をyoutubeで見ることができます。
http://www.youtube.com/watch?v=mf9yMZ2qIKY&feature=player_embedded
緊急告知! 過去のBMGセレクションCD-R(デットストック)プレゼント
6月16日(土)開催のボーイ・ミーツ・ガールご来場の方「先着6名様」にデッドストックとなった過去のBMGセレクションCD-Rをプレゼント! 到着時に次の3種類のから1枚をお選び戴きます!
16:15 スタートからの先着順となりますので品切れの際はご了承下さい!

vol.55
2011年8月20日開催分
(I'll Close My Eyes / Gerry Granahan (Gary Williams)、Moonlight Bay / Agnes Lum等収録)
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-entry-1042.html

vol.56
2011年10月15日開催分
(Teach Me How / Neil Sedaka、Tudo Muito Azul / Angela Valle e Paulo Sergio Valle等収録)
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-entry-1051.html

vol.58
2012年2月18日開催分
(Qu'est-ce Qui Se Passe Dans Mon Coeur? / Nicole Croisille、Tick Tock / The Vogues等収録)
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-entry-1075.html
慎みのない世界に別れを告げる、BMG2012年6月の14曲


お待たせしました。
6月16日(土)高円寺rootsで行われる「ボーイ・ミーツ・ガール」にて、アンケートに答えて戴いた方にプレゼントするCD-Rの内容をいち早くお知らせ致します。


------------------------------------------

慎みのない世界に別れを告げる、BMG2012年6月の14曲

1.坂の上のマリア Feat Richard Bona / 中村善郎
2.Someone / Freestyle
3.I Remember Yesterday / Donna Summer
4.I Need Somebody / Haze
5.Words To a Song / Babadu
6.Smettila / Jim Porto
7.Na Linha e na Lei feat. Rita Lee / Dadi
8.Don't Run Away / Bruce&Terry
9.That's Why God Made The Radio / The Beach Boys
10.Samba Do Sonho / Antonio Carlos Jobim and The New Band
11.エアポート / 野田幹子
12.One Chance / Pauline Wilson
13.I Dur Pa Mols / Birgit Lystager
14.Rainbow Inside My Heart / Angela Bofill

1.マルチな才能を持つリチャード・ボナの声とベースが最大限にフィーチャーされた中村義郎
『坂の上のマリア』OSTより。ミナス好きにもお薦め。
2.フィリピンの素晴らしいAORグループ、フリースタイルによる、ジェイ・グレイドン&エル・デバージ作品の美しすぎるカヴァー。このファルセット、男性です。
3.ドナ・サマーに追悼の意を表すためにこの曲を。ジョルジオ・モローダーがサヴァンナ・バンド系ディスコを狙ったグッドメロディーな一曲。知る人ぞ知るかつてのBMGクラシック。
4.ここでキャッチーなメロディアス・ディスコを。ミネアポリス出身ヘイズの2ndアルバムより。
5.ビリー・カウイ作、カーク・トンプソン、アレンジによる、マッキー・フェアリーやテンダーリーフにも通じるハワイアン・ブリージーAOR。
6.先頃再発されたジム・ポルト『リオ』のトップを飾る、どこか米進出したジャヴァンを思わせるブラジリアンAORナンバー。素晴らしい。
7.元ノーヴォス・バイアーノスのダヂ。これはカエターノ・ヴェローゾと共作した泣きのメロウ・ナンバー。
8.続いてブルース・ジョンストン=マイク・ラヴによるジェントルなメロディーに癒される幻惑的なこの曲を。
9.そして、ビーチボーイズ衝撃の復活作から『神の創りしラジオ』を。蘇る黄金のハーモニー。米西海岸の白日夢。
10.アントニオ・カルロス・ジョビンが自身のファミリーバンドを率いて作成した87年作より、これは長男パウロ・ジョビン作、歌唱のクールなブラジリアン・コーラス・ナンバー。
11.続いては80年代後期のクールビューティー・フィメール・シンガー野田幹子の夢見心地のソフトポップス。遠い夏の日、ウォークマンでこれを聴きながら旅の寝台列車に飛び込んだもの。
12.元シーウィンドのポーリン・ウィルソン、初のソロ作から。NOVOの横倉裕、アントニオ・アドルフォ共作のアーバン・コンテンポラリー・AOR。
13.デンマークのポップシンガー、ビアギッテ・ルゥストゥエアの軽快なソフトロックナンバー。
14.アンジェラ・ボフィールの美しいメロディーとクールなアレンジングが光る、洒脱なクロスオーヴァー・ナンバー。楽しげな子供たちの声にも注目。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。