I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
96回目のボーイ・ミーツガール、ご来場ありがとうございました【shibuya-kei party / 渋谷系DJパーティー】



4月のボーイ・ミーツ・ガールに遊びに来て戴いた皆様、本当にありがとうございました!

4月恒例の小沢健二&渋谷系オールミックス・タイムをフィーチャーした今回。自作ミックスを携えたメルティング・ホリディズ-atz recordsのササキアツシ、グッドメロディー&グルーヴで攻めるtoypee、ネオアコ~渋谷系~エレポップで湧かせるso-kingと、DJ陣に素晴らしい時間を作って戴きました。ありがとうございます!

BMGスタッフ、グリーンアップル・スタッフ、そして何よりも来て戴いているお客様の力でこのパーティーを続けて行くことができます! いつも本当にありがとうございます!
次回は、ぜひこの貴重な時間を「あなた」も体験しにいらしてください!

セットリストはこちらまで
http://www.geocities.jp/sekinebmg/setlist/set_list96.html

次回は6月15日(土) 18:00~23:00開催の予定(時間は変更になるかも知れません)。
どうぞお楽しみに ♪
スポンサーサイト
BOY MEETS GIRL vol.096 "from shibuya-kei to city pop" issue【shibuya-kei party / 渋谷系DJパーティー】


高円寺にて定期的に行われているDJパーティー / イベント「BOY MEETS GIRL」。
選曲ジャンルはSOFT ROCK, GUITAR POP, BOSSA, SOUL, DISCOTIQUE, NEO- ACO, LOVERS, FRENCH, JAZZ, LOUNGE, フリッパーズ・ギターや小沢健二、コーネリアス、ピチカート・ファイヴ、Lamp、キリンジを初めとするJ-POPなど...。
メロディアスなポップスがお好きな方はぜひ足をお運び下さい。
アンケートに答えて戴いた方にはセレクションCDーRのプレゼントもございます!

-----------------

4月の「ボーイ・ミーツ・ガール」は恒例、春の渋谷系&シティポップ・スペシャル!
ポップ・マインドをくすぐる豪華DJ陣の選曲に加え、この日はプログラム後半にレジデントDJ、sekineによる渋谷系&小沢健二ノンストップDJミックスを用意。数々の渋谷系ナイト~オザケン・ナイトを演出したあのグルーヴを一夜限りで再現致します。
ゲストは、お馴染みクラブ渋谷系のスターターDJ・so-king、そして都内きってのハーモニーポップDJにしてシティポップ・フリークのtoyopee。また、この日はatz recordsオーナーとして音楽界に新風を吹き込む、メルティング・ホリデイズ・ササキアツシもDJとして登場! 特別な一夜を華麗に彩ります。
60年代ソフトロックから、2013年に響くモダーンポップまで。ポップ・ミュージックのクロニクルを一夜にしてたどる極上エンターテインメントな330分。
4月20日(土)、高円寺グリーンアップルにて皆様をお待ちしております。
クラブ初心者の方もぜひお気軽にお越し下さい。どうぞ、お楽しみに。

BOY MEETS GIRL

vol.096 "from shibuya-kei to city pop" issue
2013.4.20.sat. 18:00 ~ 23:30 at Greenapple(koenji)
Resident DJ:sekine
DJ:toyopee(fabulous parade),so-king(klub shibuya-k),sasaki atsushi(melting holidays,atz records)

fee:1000yen(lollipop + freepaper +compilation CD)

Call:03-5305-8086(Greenapple)

more information.....http://www.geocities.jp/sekinebmg/info/info.html

soft rock,city pop,bossa,soul,AOR,guitar pop
discotique,neo-aco,J-pop,jazz,lovers,french,shibuya-k
we'll play all kind of evergreen music!!

our favourite...
flipper's guitar / roger nichols / salt water taffy / style council / burt bacharach / nona reeves / tomita lab / antonio carlos jobim / marcos valle / sugar babe / f.p.m. / stone roses / michel legrand / pizzicato five / would-be-goods / kenji ozawa / elis regina / orange juice / djavan / kirinji / four seasons / supreams / stevie wonder / tony macauley / bob crewe / cornelius / france gall /aztec camera / Lamp / sergio mendes & brazil'66 / kenny rankin / seawind / brady bunch / Tatsuro Yamashita / ...and more!!

■facebook
http://www.facebook.com/pages/Boy-Meets-Girl/323017964394466

■ボーイ・ミーツ・ガールのフライヤーは下記店舗にて配布中です。
グリーンアップル(高円寺)
モーガン・カフェ(高円寺)
ドッグベリー(高円寺)
エッジ・エンド(渋谷)
ノット Knot(池袋)
VANDA 30号


ソフトロック・ブームを牽引した伝説の音楽誌『VANDA』が、この度めでたく復刊となりました。
佐野邦彦編集長の下、お馴染みの執筆陣から新進気鋭のライターまで、コアな音楽情報満載です。

私、関根敏也も『韓国ソフトロック事情』というタイトルで寄稿。
ビートボール社長、イ・ボンス・インタヴュー。
韓国リイシュー・レーベルの銀盤紹介。
秘蔵版、弘大・新村の音楽マップ。
と、ソフトロック・ファンから韓流ドラマ『ラブ・レイン』ファンまで必見の内容です。

4月25日から
酒冨デザイン・サイト
http://www.sakatomi.com/shop_item/shop_vanda30.html

ディスク・ユニオン
http://diskunion.net/
にて販売開始。

*6月8日追記
ディスク・デシネ、アマゾンでのお取り扱いも始まりました。

■ディスク・デシネ
VERSATILE MAGAZINE FOR SOFT ROCK FREAKS_ VANDA 30号

■アマゾン(amazon)
VERSATILE MAGAZINE FOR SOFT ROCK FREAKS_ VANDA #30


お値段は980円。

取り扱い店舗は順次増えて行くことと思います。


以下、VANDA 30号 内容です ---------------------
http://www.webvanda.com/2013/03/post_07222635.html

佐野 邦彦 sano kunihiko

 ・Andy Williams

 ・introducing... Glen Campbell

 ・宮古諸島、八重山諸島の本当の魅力

 ・憧れのアカマタ・クロマタ

 ・「軍艦島」へ行きたい!!

 ・地球最後の秘境ギアナ高地

濱田 高志 hamada takayuki

 ・宇野誠一郎の世界【I】

麻生 雅人 asou masato

 ・ミナスジェライス州に飛び火したボサノヴァ

関根 敏也 sekine toshiya

 ・韓国ソフトロック事情

白野 弁寿 shirano ben

 ・Francis Lai vol.7

大久 達朗 oohisa tatsuro

 ・ファズの時代

鈴木 啓之 suzuki hiroyuki

 ・Expo '70 のレコードを検証する

鈴木 英之 suzuki hideyuki

 ・70年代アイドルの洋楽カバー

浅田 洋 asada hiroshi

 ・セッション・シンガーとしてのトニー・バロウズ

野々部 潤 nonobe jun

 ・CCM 2012

ウチタカヒデ ┼ 近藤健太郎 uchi takahide / kondo kentaro

 ・今更ながらポール・マッカートニーの魅力を語る

中原 寧 nakahara yasushi

 ・Soul Music 千夜一夜

大嶽 好徳 ootake yoshinori

 ・音壁新聞 vol.13

高瀬 康一 takase kouichi

 ・ジャーマン・ラウンジの貴公子 ホルスト・ヤンコフスキー

宮治 淳一 miyaji jun-ichi

 ・バリー・デヴォーゾンと語った午後/Valiant label story

松生 恒夫 matsuike tsuneo

 ・ビートルズと菜食主義

デニーオク山 denny okuyama

 ・Wes Farrell_ Tin-Pan the Final



販売予価¥980 4月下旬販売開始予定

『酒冨デザイン』http://www.sakatomi.com よりショッピングカートへリンクします

支払い方法:各種カード(palpal経由)及び銀行振込

※大手CDショップでの販売も予定しています
緊急告知 / デッドストックCD-Rプレゼント


4月20日(土)開催のボーイ・ミーツ・ガールご来場の方「先着6名様」にデッドストックとなった過去のBMGセレクションCD-Rをプレゼント! 到着時に次の3種類のから1枚をお選び戴きます!
18:00 スタートからの先着順となりますので品切れの際はご了承下さい!

vol.61
2012年8月18日開催分
(Find Another Foll / Adrian Baker、祝福します / 野菊、等収録)
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-entry-1101.html

vol.62
2012年10月20日開催分
(Amigos, Amigos / Salome、Oh Alfredo / Jula De Palma等収録)
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-entry-1113.html

vol.63
2012年12月15日開催分
(Otra Vez / Miami Sound Machine、Promise Me Your Love / Margie Joseph等収録)
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-entry-1125.html

イベント / DJパーティー『ボーイ・ミーツ・ガール』の詳細はこちら
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-entry-1156.html
楽しい時間をお届けします


週刊女性にも、ひふみよネットにも目もくれず、
昨日は夜なべしてフリーペーパーとプレゼントCD-Rを作成。

20日のボーイ・ミーツ・ガール、楽しい時間を皆様にお届けします。
春から初夏へ。BMG、すべてのポップミュージック・フリークへ捧ぐ14曲


お待たせしました。
4月20日(土)高円寺グリーンアップルで行われる「ボーイ・ミーツ・ガール」にて、アンケートに答えて戴いた方にプレゼントするCD-Rの内容をいち早くお知らせ致します。

---------------------------

2013年、春から初夏へ。BMG、すべてのポップミュージック・フリークへ捧ぐ14曲。

1.Vivre au Soleil / Michele Richard
2.It Is The Going Thing / The Going Thing
3.A Bit of Love / Vickki Carr
4.Opus #1 / Pastiche
5.Diamonci Del tu / Joe Barbieri
6.Rio / Bliss Band
7.I Don't Need You Anymore feat Jackie De Shanon / Burt Bacharach
8.You're The Only Good for Me / The Canterbury Music Festival
9.Blessed Is The Rain / Johnny Maestro & The Brooklyn Bridge
10.Never in All My Life / Mickey Carroll
11.I Want You(Every Day) / The Robert Tennison Troupe
12.You're Too Busy Being Free / Michael Gately
13.夜明けのフリーウェイ / 高橋徹也
14.Anoushka - Duo D'amour / Michel Legrand

1.フレンチ・ソフトロックとも言える、アンリ・サルヴァドール作の弾けるようなこの曲でスタート。
2.続けて米フォードのアドヴァタイズ・グループ、ゴーイング・シングの高速ソフトロックを。
3.ヴィッキー・カーが67年にものした「it's not unusual」タイプの高速ソフトロック。仄かにA&M臭も漂います。
4.ハワイのレミューリアやサヴァンナ・バンド好きにチェックして戴きたいパスティーシュ、84年の唯一作。
5.ジョー・バルビエリ、オルフェのサンバを思わせる軽快なスウィング・ジャズ。2011年の最新作より。
6.イギリスのスティーリー・ダン、ブリス・バンドの、フォロワーでありつつポップなトロピカル佳曲。
7.79年のイタリアン・チネながら、米公開時にバカラックがサウンドトラック全曲を担当した一枚から、いかにもバカラック節全快のこのテーマ曲を。
8.トーケンズ、プロデュースによるカンタベリー・ミュージック・フェスティヴァルの唯一作から。
9.美しい、あまりにも美しすぎるメロディーとコーラスに包まれるブルックリン・ブリッジ68年作の冒頭を飾る壮大な一曲。
10.ミッキー・キャロル78年作の、どこか「フィール・ライク・メイキン・ラヴ」にも通じる込み上げAOR。
11.ついに銀盤化となった極上ソフトロック・アルバム、ロバート・テニソン・トゥロープ70年の唯一作から。
12.こちらも銀盤化したばかり、マイケル・ゲイトリーのブルージーな込み上げブルーアイドソウル。初期のサニーデイ好きにもお薦めしたい。
13.ジャズ・スウィング、ソウル、美メロ、グルーヴの渦と、高橋徹也、言うことなしの一曲。先頃発売となったライヴ・アルバムから。
14.転調、転調、また転調で登り詰める、あまりにも美しいドゥミ=ルグランの77年の未発表ミュージカル『アヌーシュカ』から「僕には君が必要なんだ」。


Vivre au Soleil / Michele Richard


It Is The Going Thing / The Going Thing


Opus #1 / Pastiche


Blessed Is The Rain / Johnny Maestro & The Brooklyn Bridge
Intégrale The Complete Edition Michel Legrand / Jacques Demy (Coffret 11 CD)
jaquesmichel_CDBOX.jpg

ジャック・ドゥミ大回顧展に合わせ、この春、ドゥミ=ルグランの全音源作品集がCD11枚組で発売されました。『ローラ』『天使の入江』『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』『ロバと王女』はもちろん、永らく銀盤化が望まれていた『モン・パリ』の「マイ・ベイビー」や未発表作『アヌーシュカ』始め、『淫乱の罪』、『想い出のマルセイユ』『ベルサイユのばら』『パーキング』、更にはデモ音源、カヴァー曲までをも網羅する、正に総集編的内容。

現在、アマゾン・フランスにて通販も可能。この内容で33ユーロという破格値となっております。

Intégrale The Complete Edition
Michel Legrand / Jacques Demy (Coffret 11 CD)
http://www.amazon.fr/Int%C3%A9grale-Michel-Legrand-Jacques-Coffret/dp/B00B2HQYBE/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1366013900&sr=8-1&keywords=Int%C3%A9grale+Michel+Legrand+%2F+Jacques+Demy

L'Intégrale Jacques Demy / Michel Legrand, livret 50 pages, interview avec Michel Legrand, photos rares
1 - Les Parapluies de Cherbourg (1/2)
2 - Les Parapluies de Cherbourg (2/2) + Lola + La Baie des anges + Les 7 péchés capitaux
3 - Les Demoiselles de Rochefort (1/2)
4 - Les Demoiselles de Rochefort (2/2) + L'Evènement le plus important depuis que l'homme a marché sur la lune
5 - The Young Girls of Rochefort (version américaine des Demoiselles de Rochefort)
6 - Peau d'âne
7 - Lady Oscar
8 - Parking / Trois places pour le vingt-six
9 - Suites symphoniques : Peau d'âne (suite symphonique) / Les Demoiselles de Rochefort (version instrumentale) / Les Parapluies de Cherbourg (suite symphonique)
10 - Maquettes, essais, séances de travail, play-backs
11 - Reprises et relectures : Bill Evans, Tony Bennett, Stéphane Grappelli, Sergio Mendes, Catherine Michel, Isabelle Aubret…
L’Intégrale Jacques Demy/Michel Legrand : Un coffret de 11CD proposé dans le cadre de la collection "Ecoutez le cinéma"
パリ〜ナント、ホテル事情


『週間てりとりぃ』最新号に「パリ〜ナント、ホテル事情」という小文を寄稿しました。
パリ・シネマテーク・フランセーズで行われている、ジャック・ドゥミ大回顧展『ジャック・ドゥミ 魅惑の世界』や、ドゥミの故郷ナントに行かれる方、ぜひご一読下さい!


http://weeklyterritory.blogspot.jp/2013/04/2013412.html
エムコロン


開店祝いのお花を届けに練馬の雑貨店にお伺いしました。
地域でほぼ唯一と言っていい雑貨店、エムコロン。
近年乗り入れ路線が増えたこともあってか、駅前ロータリーも再開発真っ只中のようです。
お近くの方、お時間ございましたらぜひ一度お立ち寄り下さい。

http://emucoron.com/
高円寺観光計画
koenji_guide_book.jpg

『高円寺観光計画』なるフリーペーパーを古着屋の店先で発見しました。
15年以上前からこういうことを言い続けきた私にとって、これは嬉しい動き。
16年の歴史を持つ『ボーイ・ミーツ・ガール』も黎明期の1年、ここ最近の6年間は地元、高円寺で開催。
高円寺を観光で訪れた方にも、ぜひお立ち寄り戴きたいのです。

■DJ party boy meets girl
http://www.geocities.jp/sekinebmg/info/info.html

■boy meets girl schedule
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-category-2.html

bmg96_shibuya_kei_dj.jpg
KOENJI GUIDE BOOK


I discovered free paper of the name "KOENJI GUIDE BOOK" in used wear shop.
I continued saying it from 15 years or more before.
Therefore, I am glad about this movement.
DJ party "Boy Meets Girl" with 16 years of history is holding for one year of the first stage, and six latest years in Koenji.
If you visit Koenji for sightseeing, please come to "boy meets girl"

■DJ party boy meets girl
http://www.geocities.jp/sekinebmg/info/info.html

■boy meets girl schedule
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-category-2.html

bmg96_shibuya_kei_dj.jpg
ジャック・ドゥミ大回顧展『ジャック・ドゥミ 魅惑の世界』

"Le monde enchanté de Jacques Demy" : bande... 投稿者 lacinematheque

ジャック・ドゥミ大回顧展『ジャック・ドゥミ 魅惑の世界』、がいよいよ明日4月10日からパリ・シネマテーク・フランセーズにて開催されます! 
現地ではいち早く、関係者多数列席の下、ドゥミに捧ぐミシェル・ルグラン・プレ・ライヴも行われた模様。
8月4日まで。 

http://www.cinematheque.fr/fr/expositions-cinema/exposition-jacques-demy/

http://tvmag.lefigaro.fr/programme-tv/article/evenement/74682/michel-legrand-chante-jacques-demy.html


桜の季節にここにこうして来られたことが喜ばしい日。
枯葉をとり、側溝の泥土をさらい、水を注ぐ。
立ち上がる見事な枝振りは見惚れるものがあるが、来年は枝霧ばさみが必要かも知れぬ。

遠く旅立っていった彼の人々は、
未熟な私たちを微笑ましくも我慢強く見守ってくれているのだろう。

身も心も透き通らせて、
大切な物や人を大切なまま育てたいと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。