I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
パリ郊外、ブシー・サン・ジョルジュの想い出


『週刊てりとりぃ』最新号に「パリ郊外、ブシー・サン・ジョルジュの想い出」としてフランスのヴェトナム・フォーについて寄稿しました。食がテーマかと思いきや、実は音楽ネタ。ポップス好きな方にもぜひ読んで戴きたい内容です。

今週号は図らずもアジア御飯特集的な趣きになっております。

http://weeklyterritory.blogspot.jp/2013/06/2013628.html
スポンサーサイト
恋のときめき乱気流 / アレクサンドル・カスタネッティ


リュディヴィーヌ・サニエ / ニコラ・ブドス / フランス版『メリーに首ったけ』 / 前半停滞気味だが、後半は小気味よい / 『メリー・・・』のエンディングはマコウレイ作、ファウンデーションズの「Build Me Up Buttercup」だったが、こちらのエンディングは本家モータウンH-D-H作、エリジンズ「Heaven Must Have Sent You」を使用。どちらも同じシャッフルというのが明らかな目配せ。

フランス映画祭にて
タイピスト! / レジス・ロワンサル


50年代 / マンボ / タイプライター / 邦題を『タイピスト!』としたのは無難に過ぎた。 / 原題の『ポピュレール』のままか、せめてもプラス副題という形の方がクールだったはず / 主演のデボラ・フランソワは、どこかオードリー・ヘプバーンを思わせる。

フランス映画祭にて
阿佐ヶ谷Cobuと永島慎二


nagashima_shinji_cobu2.jpg

阿佐ヶ谷Cobuが8月に閉店するとのこと。
最後と言うことで、この日は店にゆかりのある永島慎二展をやっていました。
このタイミングでここを通りかかったのも何かの縁だったのかもしれません。

珈琲を一杯。
帰りに持っていなかった『フーテン』のハードカヴァーを購入。

そういう訳で、夜はしばし60年代の新宿、上井草、阿佐ヶ谷を旅しております。
ご来場、ありがとうございました!【shibuya-kei party / 渋谷系DJパーティー】


6月のボーイ・ミーツ・ガールに遊びに来て戴いた皆様、本当にありがとうございました!

BMG初登場、ピーナッツ・カフェ・岩村隆のポップ・ミュージックに的を絞った貴重な選曲、ボッサ~ラウンジ的要素を加味したお馴染みエバーグリーン・naoki、ネオアコからグッドタイム・ミュージックまで網羅したso-kingと、三者三様、素晴らしい時間を作って戴きました。ありがとうございます!

BMGスタッフ、グリーンアップル・スタッフ、そして何よりも来て戴いているお客様の力でこのパーティーを続けて行くことができます! いつも本当にありがとうございます!
次回は、ぜひこの貴重な時間を「あなた」も体験しにいらしてください。

セットリストも追ってアップ致します!

次回は8月31日(土) 17:30~23:00の開催。
8月のみ変則開催となりますので、ご注意下さい!
お盆明け、夏休みの終わりを、いい音楽と共に過ごしましょう!
どうぞお楽しみに ♪
BOY MEETS GIRL vol.097 "Tokyo no Koibitotachi" issue【shibuya-kei party / 渋谷系DJパーティー】
shibuya_kei_bmg097.jpg

高円寺にて定期的に行われているDJパーティー / イベント「BOY MEETS GIRL」。
選曲ジャンルはSOFT ROCK, GUITAR POP, BOSSA, SOUL, DISCOTIQUE, NEO- ACO, LOVERS, FRENCH, JAZZ, LOUNGE, フリッパーズ・ギターや小沢健二、コーネリアス、ピチカート・ファイヴ、Lamp、キリンジを初めとするJ-POPなど...。
メロディアスなポップスがお好きな方はぜひ足をお運び下さい。
アンケートに答えて戴いた方にはセレクションCDーRのプレゼントもございます!

-----------------

6月の「ボーイ・ミーツ・ガール」は豪華DJノンストップ・スペシャル!
お馴染みエバーグリーン・naoki、クラブ渋谷系のスターターDJ・so-kingに加え、この日はピーナッツ・カフェ主催・岩村隆がBMG初登場! 都内屈指のポップ&グルーヴィーな夕べをお楽しみ戴きます。
もちろん、ボーイ・ミーツ・ガール・レジデントDJ、sekineのノンストップ・ミックスも健在。ソフトロック、AOR、ソウル、ブラジリアン、フレンチ、シティーポップ、渋谷系をコネクトする万華鏡のようなひとときをお楽しみ戴きます!
60年代ソフトロックから、2013年に響くモダーンポップまで。ポップ・ミュージックのクロニクルを一夜にしてたどる極上エンターテインメントな330分。
6月15日(土)、高円寺グリーンアップルにて皆様をお待ちしております。
クラブ初心者の方もぜひお気軽にお越し下さい。どうぞ、お楽しみに。

vol.097 "Tokyo no Koibitotachi" issue
2013.6.15.sat. 17:30 ~ 23:00 at Greenapple(koenji)
Resident DJ / sekine
DJ/ naoki(evergreen),iwamura takashi(Peanuts Cafe),so-king(klub shibuya-k)

fee:1000yen(lollipop + freepaper +compilation CD)

Call:03-5305-8086(Greenapple)

more information.....http://www.geocities.jp/sekinebmg/info/info.html

soft rock,city pop,bossa,soul,AOR,guitar pop
discotique,neo-aco,J-pop,jazz,lovers,french,shibuya-k
we'll play all kind of evergreen music!!

our favourite...
flipper's guitar / roger nichols / salt water taffy / style council / burt bacharach / nona reeves / tomita lab / antonio carlos jobim / marcos valle / sugar babe / f.p.m. / stone roses / michel legrand / pizzicato five / would-be-goods / kenji ozawa / elis regina / orange juice / djavan / kirinji / four seasons / supreams / stevie wonder / tony macauley / bob crewe / cornelius / france gall /aztec camera / Lamp / sergio mendes & brazil'66 / kenny rankin / seawind / brady bunch / Tatsuro Yamashita / ...and more!!

■facebook
http://www.facebook.com/pages/Boy-Meets-Girl/323017964394466
先着! デッドストックとなった過去のBMGセレクションCD-Rをプレゼント


6月15日(土)開催のボーイ・ミーツ・ガールご来場の方「先着6名様」にデッドストックとなった過去のBMGセレクションCD-Rをプレゼント! 到着時に次の3種類のから1枚をお選び戴きます!
17:30 スタートからの先着順となりますので品切れの際はご了承下さい!

vol.53
2011年4月16日開催分
(『La Bossa-Nova de Notre Amour / Danny Doriz、Luna, Amore e No / Piero Piccioni等収録)
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-entry-1021.html

vol.58
2012年2月18日開催分
(Qu'est-ce Qui Se Passe Dans Mon Coeur? / Nicole Croisille、Tick Tock / The Vogues等収録)
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-entry-1075.html

vol.60
2012年6月16日開催分
(Someone / Freestyle、I Remember Yesterday / Donna Summer等収録)
http://emilio.blog4.fc2.com/blog-entry-1094.html
2013年、BMG、繰り返す夏の14曲


お待たせしました。
6月15日(土)高円寺グリーンアップルで行われる「ボーイ・ミーツ・ガール」にて、アンケートに答えて戴いた方にプレゼントするCD-Rの内容をいち早くお知らせ致します。
今回もレア音源多数収録! この夏聴いて戴きたい名曲を集めました。

---------------------------
かの日々は過ぎ去り、まためぐり来る夏。2013年、BMG、繰り返す夏の14曲。

1.初夏の頃 / 愛奴
2.プールサイド / 南佳孝
3.走ってく / チョン・ソンジョ&The Messengers
4.Hopscotch / Marlene Ver Planck
5.Smoke Gets in Your Eyes / Teresa Carpio
6.Oh Le Le, Oh La La / Josephine Baker
7.Cine Qui Chante / Yves Montand Avec Michel Legrand
8.Summer Love / Nina&Frederik
9.Soy Muy Poca Cosa / Salome
10.Lan Mise / Crystal
11.To Find a Way / Dane Matsumura and Friends
12.This Side of Heaven / Patti Austin
13.Love, Where are You Now / Graham Dee
14.Smile Through Your Sorrow / Darryl Wezy

1.あの浜田省吾率いる愛奴の永遠のサマー・チューン。ずっと昔のセレクトCDにも選んだものですが、ここに再収録。
2.そして、南佳孝、屈指のサマー・ソング。ここで語られる世界といえば、もう80年代の白日夢。胸のざわめきを隠せません・・・。
3.ここで、VANDA30号でもご紹介した、まるで「バーバレラ」な韓国ソフトロック。これを初めて聴いた時には思わず笑みがこぼれました。
4.マーリーン・ヴァー・プランクの洒脱なスキャットを。スタンダード・カヴァーの多い彼女ですが夫君J.ビリー・ヴァー・プランクと作り上げたオリジナル作品がとにかく素晴らしいのです。
5.香港の名シンガー、テレサ・カルピオの76年「煙が目に染みる」の熱烈なディスコ・カヴァー。
6.偉大なるシンガー、ジョセフィン・ベイカーが75年、パリ・ゲテ街にあるボビノで繰り広げた生涯を賭したライヴより、この白熱のサンバ・チューンを。
7.パリ14区から、南仏マルセイユへ! ジャック・ドゥミ-ミシェル・ルグラン-イヴ・モンタンがミュージカル映画への愛を表現した映画『想い出のマルセイユ』より、この一曲を。 
8..夏の恋を歌った「It's Not Unusual」調の一曲。あのクック=グリーナウェイ作品ながら、そこはかとなく民族臭漂うのはデンマーク出身の夫婦フォーク・デュオ、ニーナ&フレデリックの独特な歌唱のせい。
9.スペインの女性シンガー、サロメの、これはどこかサウダーヂ香る一曲。この、うっとりするような南国的コード感。湿り気ある音響。最近の音楽に足りないのはこれなんですよ。
10.マルティニークを活動の場としていたバンド、クリスタル、哀愁のズーク・チューン。夏の昼下がりに。
11.ハワイ出身、デーン・マツムラの91年唯一作より、爽快なAORナンバーを。
12.パティ・オースティンのまさに天国的なミディアム・グルーヴ・チューン。
13.ミラクルズ「Ain't Nobody Straight in L.A.」との相性もよさそうな、名コンポーザー、グラハム・ディー78年作より。
14.インドネシアはジャカルタ出身の新鋭ダリル・ウェジー、これはアルバム中もっともブリティッシュ・スピリットを感じさせる一曲。





『VANDA 30号』アマゾンでのお取り扱い開始
vanda_30_soft_rock.jpg

以前お知らせしました『VANDA 30号』ですが、
ついにディスク・デシネ、アマゾンでのお取り扱いが始まりました。

私、関根敏也も『韓国ソフトロック事情』というタイトルで寄稿。
ビートボール社長、イ・ボンス・インタヴュー。
韓国リイシュー・レーベルの銀盤紹介。
秘蔵版、弘大・新村の音楽マップ。
と、ソフトロック・ファンから韓流ドラマ『ラブ・レイン』ファンまで必読の内容です。

■ディスク・デシネ
VERSATILE MAGAZINE FOR SOFT ROCK FREAKS_ VANDA 30号

■アマゾン
VERSATILE MAGAZINE FOR SOFT ROCK FREAKS_ VANDA #30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。