I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ワット・ザ・ワールド・ニーズ・ナウ・・・ BMG、冬の終わりの14曲


お待たせしました。
2月28日(土)高円寺グリーンアップルで行われる「ボーイ・ミーツ・ガール」にて、アンケートに答えて戴いた方にプレゼントするCD-Rの内容をいち早くお知らせ致します。

------------------

ワット・ザ・ワールド・ニーズ・ナウ・・・。BMG、冬の終わりの14曲。

1.What The World Needs Now is Love / Burt Bacharach
2.Brasil / Fitness Forever
3.* / *
4.Caught in a Whirlwind / Richard Stepp
5.Wind / Lunchsong
6.Angin Kencang / Noh Salleh
7.The Night Belongs To Mona / Donald Fagen
8.La De Da / Shawn and David
9.Negra Flor / Sandra De Sa
10.* / *
11.Children of The Sun / The Changing Scene
12.* / 松任谷由実
13.カミーユ・クローデル(BMG short edit) / 新川忠
14.* / *

1.「世界は愛を求めてる」。2015年2月のBMGはこの曲から始まります。
2.ヨーロッパが夢みたラウンジ・ボッサ。イタリアの現在進行形ソフトロック・バンド、フィットネス・フォーエヴァーのこれは2011年に発売されたEPオンリー曲。
3.軽快な女性スキャットに、転がり続けるピアノとフルート。ヒューバート・ロウズ好きにも聴いて戴きたいグルーヴィー・ブラジリアン・フュージョン。
4.ここでシーショアの風薫るグルーヴィーAORを。カナディアンSSW、リチャード・ステップがものした79年LA録音盤より。
5.春風を呼ぶようなこのストリングス、このスネア。数多いる韓国の冨田ラボ・フォロワーのひとり、クォン・テウンの1stソロからこの1曲を。楽曲のベースは完全に冨田の「アタタカイ雨」。2ndには同「エイプリル・フール」ネタも。必聴。
6.そして、こちらはインドネシアのLamp。出だしから詩情豊かに唸り出すエレキとフルート、悩ましく叙情的なメロディー、中間部の急速調なソフトロック的展開。素晴らしい! 必聴。
7.ジャジーでリズミカルでハーモニカル。メロディアスでありながらどこにも着地することがないドナルド・フェイゲン2006年作の一曲。冨田ラボ「ずっと読みかけの夏」やイヴァン・リンス「Lembrança」好きにも聴いて戴きたい一曲。
8.子供たちの可憐なスキャットで小休止。映画『The Grasshopper』から、アル・カーシャとビリー・ゴールデンバーグによるこのナンバーを。
9.ブラジルのソウルフル・シンガー、サンドラ・ヂ・サーの泣きメロ・ディスコ・チューン。ノーナリーヴスやブラジルのコーネリアス好きにもぜひ聴いて戴きたい。
10.フォーシーズンズをカーマストラ~バブルガム風に味付けしたような美メロ・ソフトロック。ノーザン好きにもピチカート・ファイヴ「恋のルール・新しいルール」好きにもぜひ聴いて戴きたい一曲。
11.ペパーミント・レインボウをガレージ化したような高揚感溢れる一曲。この音源はぜひマスター音源でのCD化を願いたい一枚。
12.シティポップ~ニューミュージック好きを自称する方にこそなぜかあまり知られていない90年代のユーミンではありますが、実は名曲の玉手箱。これは90年代初期アルバムに収録の美しすぎる一曲。中間部はバリー・マニロウ=ブルース・ジョンストン=ロン・ダンテ「歌の贈りもの」へのオマージュ。
13.プリファブ・スプラウトというより純粋なSSWものをシンセ・ポップにした、ある意味ポピュラー・ミュージックの王道を往く一曲。これがLamp主宰ボタニカル・ハウスよりリリースされたという事実に刮目したい。
14.そして、舞い降る雪の中の大団円。ほぼ竹内まりやの楽曲センスを踏襲しながら、これはシンガー本人のペンによる王道シャッフル。「初めて聴いた気がしない」という要素もポップスには重要なのです。

*気に入った楽曲があれば、ぜひそのミュージシャンのアルバムを1枚買って聴いてみて下さい。アルバムを聴き込むことで、2曲、3曲と他に気に入る楽曲がきっと出てくるはず。
CDになっていないアルバムや楽曲は、ぜひメイカーにリイシューのラヴ・コールを送りましょう!
スポンサーサイト
BOY MEETS GIRL vol.107 "What The World Needs Now is Love" issue


高円寺にて定期的に行われているDJパーティー / イベント「BOY MEETS GIRL」。 選曲ジャンルはSOFT ROCK, CITY POP, AOR, GUITAR POP, BOSSA, SOUL, DISCOTIQUE, NEO- ACO, LOVERS, FRENCH, JAZZ, LOUNGE, フリッパーズ・ギターや小沢健二、コーネリアス、ピチカート・ファイヴ、Lamp、キリンジを初めとするJ-POPなど…。メロディアスなポップスがお好きな方はぜひ足をお運び下さい。 アンケートに答えて戴いた方にはセレクションCDーRのプレゼントもございます!

————————-

2月の「ボーイ・ミーツ・ガール」はヴァレンタイン・スペシャル!
この日はクラブ渋谷系スターターDJにして「かりい食堂」シェフ・so-king、ワールドワイドな選曲で鳴らすBTTB主宰・BJ、そしてBMG旧メンバーでもあるmiha-kが前回の18周年パーティーに続き再参戦。お馴染みのポップチューンから、ニッチなワールドミュージックまで、豪華DJ陣そろい踏みでお送りします。
そして、ボーイ・ミーツ・ガール・レジデントDJ、sekineのノンストップ・ミックスにもご注目! ソフトロック、AOR、ソウル、ブラジリアン、フレンチ、シティ・ポップ、渋谷系をコネクトする万華鏡のようなひとときをお楽しみ戴きます!
60年代ソフトロックから、2014年に響くハイブリッド・モダン・ポップまで。ポップ・ミュージックのクロニクルを一夜にしてたどる極上エンターテインメントな330分。
2月28日(土)、高円寺グリーンアップルにて皆様をお待ちしております。
クラブ初心者の方もぜひお気軽にお越し下さい。どうぞ、お楽しみに。

BOY MEETS GIRL
vol.107 "What The World Needs Now is Love" issue
2015.2.28.sat. 17:30 ~ 23:00 at Greenapple(koenji)
Resident DJ / Sekine Toshiya
DJ/ so-king(klub shibuya-k), BJ(BTTB), miha-k

fee:1000yen(lollipop + freepaper +compilation CD)
Call:03-5305-8086(Greenapple)

more information…
http://emilio-sekine.tumblr.com/

soft rock,city pop,bossa,soul,AOR,guitar pop
discotique,neo-aco,J-pop,jazz,lovers,french,shibuya-kei
we’ll play all kind of evergreen music!!

our favourite…
flipper’s guitar / roger nichols / salt water taffy / style council / burt bacharach / nona reeves / tomita lab / antonio carlos jobim / marcos valle / sugar babe / f.p.m. / stone roses / michel legrand / pizzicato five / would-be-goods / kenji ozawa / elis regina / orange juice / djavan / kirinji / four seasons / supreams / stevie wonder / tony macauley / bob crewe / cornelius / france gall /aztec camera / Lamp / sergio mendes & brazil’66 / kenny rankin / seawind / brady bunch / Tatsuro Yamashita / …and more!!

■facebook
http://www.facebook.com/pages/Boy-Meets-Girl/323017964394466
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。