I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ロシュフォールの恋人たち


『ロシュフォールの恋人たち』(Les Demoiselles de Rochefort) 1967年
マックス・オフュルス賞受賞
監督:ジャック・ドゥミ
音楽:ミシェル・ルグラン
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(デルフィーヌ・ガルニエ)、フランソワーズ・ドルレアック(ソランジュ・ガルニエ)、ジャック・ペラン(マクサンス)、ジーン・ケリー(アンディ・ミラー)、ジョージ・チャキリス(エティエンヌ)、ダニエル・ダリュー(イヴォンヌ・ガルニエ)、ミシェル・ピコリ(シモン・ダム)

港町ロシュフォールに夏のお祭りがやってくる。美人の双児姉妹デルフィーヌとソランジュは、ダンスと音楽に夢を駆けながらも運命の恋人との出逢いを待ち望んでいる。水兵、ダンサー、アメリカ人、恋人たち。登場人物たちは愛の喜びに声を上げ、苦悶し、歌い踊り出す。輝きを放つミシェル・ルグランの華麗なるスコア。ドゥミ映画の永遠のテーマ、運命的な出逢いとすれ違いを究極の形で描いた傑作ミュージカル。

---------

『巴里のアメリカ人』『紳士は金髪がお好き』『ウエスト・サイド物語』など、ジャック・ドゥミが抱いたハリウッド映画への限りなき憧憬とオマージュ、そしてフランス的としかいいようのない香り立つエスプリと、ファッショナブルなヴィジュアル。
クリスマスから年末年始に向けて、パーティーの後なぞに、ぜひ観直して戴きたい一本です。

そして、『ロシュフォールの恋人たち』の舞台の現在(いま)を詳しく紹介した究極のガイド本
『パリから向かうフランス映画の港町 ジャック・ドゥミとヌーヴェル・ヴァーグの故郷を訪ねて シェルブールから、ロシュフォールまで』も併せてご覧戴きたい。
きっと、新しい発見があるはず。

■『パリから向かうフランス映画の港町 ジャック・ドゥミとヌーヴェル・ヴァーグの故郷を訪ねて シェルブールから、ロシュフォールまで』書籍ページ
http://www.livreenchante.com/enchante/demy1.html

■東京、関西の以下店舗にて、好評お取り扱い中です。
http://www.livreenchante.com/enchante/hanbaiten.html

■アマゾン
http://www.amazon.co.jp

神戸のディスクデシネさん、東京のラヴショップ・レコードさんでは、美しいページヴィジュアルつきでご紹介戴いております!

■ディスク・デシネ
http://www.disquesdessinee.com/shopdetail/033001000027

■ラヴショップ・レコード
http://loveshop-record.com/modules/shop/index.php?main_page=product_info&products_id=1264
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。