I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ガール・ポップ (ディスク・コレクション) / 監修:大久達朗
girl_pop.jpg
ガール・ポップ (ディスク・コレクション)


シンコーミュージックより発売中の『ガール・ポップ (ディスク・コレクション)』に、私、関根敏也のレヴューとコラムが掲載されております。ページ中程には濱田高志、小出ゆきみ提供のキュートな7インチジャケット写真も掲載。
『パリから向かうフランス映画の港町 ジャック・ドゥミとヌーヴェル・ヴァーグの故郷を訪ねて シェルブールから、ロシュフォールまで』がお好きな方にも、ぜひお手にとって戴きたい一冊です!

-------------------

◎ガール・ポップ (ディスク・コレクション) 監修:大久 達朗  国内書籍 2,310円(税込)
好評のディスク・コレクション・シリーズに「ガール・ポップ」が登場。50年代から現在まで、ビジュアルを含むアイドル性も帯びた女性ポップ・アーティストの作品の数々を一挙500枚以上紹介。
マリリン・モンロー、ダスティ・スプリングフィールド、ダイアナ・ロス、フランス・ギャル、オリヴィア・ニュートン・ジョン、ノーランズ、マドンナ、カイリー・ミノーグ、ブリトニー・スピアーズ、ビヨンセ、そしてレディー・ガガまで! 英米を中心に、ヨーロッパ他世界中のものを収録。

単行本(ソフトカバー): 192ページ
出版社: シンコーミュージック・エンタテイメント

【CONTENTS】
まえがきにかえて
本書の見方

Part 1 around the Fifties
COLUMN:1950~60年代のポピュラー・ソング~プレ“ガール・ポップ”の時代

Part 2 around the Sixties
COLUMN:クラブに響くガール・ポップ
GALLERY:FRENCH 45
GALLERY:FRENCH 45

Part 3 around the Seventies
COLUMN:ブラジルのガール・ポップ考

Part 4 around the Eighties
COLUMN:テクノロジーとポップス考

Part 5 around the Nineties

Part 6 around the 2000 - New Century
COLUMN:レディー・ガガ現象
COLUMN:初音ミクの時代

執筆者紹介
あとがきにかえて/本書ができるまで
INDEX
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。