I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
僕のバラのために
peynet_music.jpg


もう8年くらい前から仲良くしている女の子の結婚式2次会へ。
新郎の親友である幹事や司会の方、それからDJの方たちがとても丁寧で感じのいい人たちだったので、とても厳かな気分で終始過ごすことができました。

僕はDJと、それから、昔ちょっとだけ組んでいたユニットでのオリジナル曲をメンバーと一緒に歌うことになり、ひどく緊張。それでも、その場の神聖な空気に触れていたせいか、いい雰囲気が出たような気もしています...。

ちょっと恥ずかしいんですけど、ここでその曲の歌詞を大公開。いつまでも忘れないように。
ずっと昔、「星の王子様」や「ペイネ」の世界観に触発されて書いた歌詞なんです...。
作曲はLampのファーストなどでヴァイオリンを弾いてた田中くん。



僕のバラのために / ワルドトイフェル

ねぇ 忘れるなんてむりだったのさ
懐かしい香り 春風乗せ
口笛のようなささやきがうかぶ
巡り会った日のメロディーにのせて
走り去る景色は水色
つないだ手のひら離さない
そう このままで駆け降りて行こう
街路樹くぐりぬけ君の部屋

今、言わなくちゃいけないと思うよ
なんて素晴らしい 君が咲かせてくれた
一輪のバラ ねぇ君はお姫様さ
遠く冬枯れた心に咲く愛の花

走り去る景色は水色
つないだ手のひら離さない
そう このままで駆け降りて行こう
街路樹くぐりぬけ君の部屋

今、言わなくちゃいけないと思うよ
なんて素晴らしい 君が咲かせてくれた
一輪のバラ ねぇ君はお姫様さ
遠く冬枯れた
心に咲く赤い
心に咲く赤い
心に咲く愛の花


あらためて、
新郎新婦、ご結婚おめでとうございます。
コメント
この記事へのコメント
cybeleさん、ありがとうございます。

「ワルドトイフェル」というのがユニット名なんですよ。一緒にやっていた女の子がつけた名前なのです。お察しのとおり、その作曲者の名前から戴きました。

メロディーがすごくいいんですよ。
僕のヴォーカルは考慮の余地あり、ですけれども。
2006/09/26(火) 14:11:10 | URL | sekine #-[ 編集]
わあ!ほんとにペイネの世界を詩にした感じですね。
ワルドトイフェルというのがユニット名ですか?
スケーターズ・ワルツの作者からきているのでしょうか。
幸せな気分になれる詩をありがとうございます。
2006/09/26(火) 01:16:39 | URL | cybele #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。