I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
プリーズ・ベイビー・ドント・ゴー
近所の100円ショップにて、懐かしい女の子と再会した。
と、言っても何度か路ですれ違ったりもしているから顔を見るのは半年ぶりくらいだろうか?
彼女、このブログもたまに覗いてくれているようなので、こう言ってしまうのも口幅ったいけれど、いわゆる美女。6~8年くらい前、何度か「ボーイ・ミーツ・ガール」に来て貰ったり、彼女のイヴェントのプロデュースもしたことがある。
せっかくなのでと「七つ森」にてお茶を飲む。懐かしい話もそこそこに、彼女の新居の話をしたりする。そう、彼女は今週末、まさに結婚式を挙げるのだ。「芋虫が蝶々に変わるよりも早く 少女は時間を駆けるものさ」などと、種ともこ「ラビリンス」の歌詞が頭をよぎる。

彼女の結婚をお祝いしつつ、
懐かしいような、照れくさいような、寂しいような、何とも言えない気持ちが残ってしまった。

みんなそうして、行ってしまうんだね。

みんな、そうなんだろうか。
楽しいことがあったら、僕も呼んで欲しい。誰か。
コメント
この記事へのコメント
そう、何とも言えず、寂しいものですよね。

>結婚というのはひとつの完成形ではなくて、
誰かと誰かがあるかたちで繋がっているという
ただそれだけのことかもしれません。

感慨深いです。
何か...。
2006/10/11(水) 00:21:26 | URL | sekine #-[ 編集]
わたしもちょうど先日、友人の恋の話をきいて
ちょっとだけ寂しい思いをしました。
本来はとても嬉しくて祝福したいのだけど、
正直、この感情がなんともいえなかったんですよね。
結婚というのはひとつの完成形ではなくて、
誰かと誰かがあるかたちで繋がっているという
ただそれだけのことかもしれません。
でも向こう側に行ってしまうような気持ち、って
なんとなくよく分かります。
2006/10/07(土) 16:09:27 | URL | cybele #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。