I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Michel legrand Live in Tokyo
legrand_live.jpg


東京国際フォーラムにて、ミシェル・ルグランのライヴを鑑賞。
客の入りは全体の40%ほどというところだったけれど、時に荘厳に、時に茶目っ気たっぷりに歌唱される名曲の数々。75歳とは、およそ思えぬ怪演ぶりでした。更なる怪演ぶりを魅せたのが姉のクリスチャン・ルグラン。こちらは当年とって77歳。が、髪を染めているせいか50代にしか見えないよ~。あのハイトーンな声もスウィングル・シンガーズ時代、いやブルー・スターズの頃から変わってない。
この二人が普通に立って演奏したり、歌ったりしていること自体が何か不思議なことのように思えるんだけれど、選曲がまた日本のファン泣かせでねえ。「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」「華麗なる賭」「想い出の夏」などなど。
個人的には「ディ・グ・ディン・ディン」とか「 クアンド・サ・バランサ」「天使の入り江」なんかもやって欲しかったけど、さすがにそれはちょっと贅沢か。
客層的にはさすがに60代以上が半数以上。
そうそうexピチカートの小西さんも会場のほぼセンターで観てらっしゃいましたよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。