I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Full Circle / Roger Nichols and Small Circle of Friends
full_circle.jpg
フル・サークル


「ボーイ・ミーツ・ガール」を間近に控えた昨日、驚きのニュースが飛び込んできた。あのロジャー・ニコルスが「Roger Nichols and Small Circle of Friends」名義の2ndアルバム「Full Circle」を発売することになったらしい。しかも音はみんなが期待する、紛うことなきあのソフトロック、40年前のあの音とのこと!(みんな知ってた? 知ってたら教えて欲しかったなあ...)

ともあれ、ここでちょっとパブリシティから引用してみまショ-----------

今作には、オリジナル・メンバーであるマレイ&メリンダ・マクレオド兄妹も参加。名曲「The Drifter」の新録をはじめ、ロジャー・ニコルスがカーペンターズなどのアーティストに提供した楽曲のセルフ・カヴァーのほか、ポール・ウィリアムスとの30数年ぶりの共作となる新曲も収録されています。

------------

「おばさんたちが案内する未来の世界」じゃなくて「おじさんたちが案内する昔日の世界」って訳か!
(↑ここ重要)

二次情報ながら補足すると、なんでもこのプロジェクトはあの濱田高志さんの全面監修によって極秘で進められたとのこと。ソフトロック・ドライヴィン、ラヴ・サウンズ・スタイルは言うに及ばず、ミシェル・ルグランに全幅の信頼を得、膨大なデータを一冊にものした「風のささやき」は名著として名高い。ルグランの日本公演も確か氏が監修を務めていたはず。この界隈の影の大ボスはやっぱり濱田さんなのかもしれないなあ。

ああ、でもVANDA佐野さんが一ヶ月も前に大絶賛のレヴューを書いていたんだね。こんな大ニュースをまったく知らなかったオレ...。myspace、フレンドになっているんだけれど...。
http://www.webvanda.com/html/modules/news/article.php?storyid=377
「21世紀に入って最初に好きになったアルバム。」ですか、小西康陽さん。

これを読んだらみんな欲しくなるよねえ。
もう、12月19日はロジャニコの日! レコード屋に走るしかない。

それにしても、スゴイ時代になったものだ。
こうなって来ると一時は死亡説まで飛び交っていた、ジョン・ヴァレンティがもしかしたら作っているかも知れない3rdアルバムなんてのも期待しちゃうなあ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
カーペンターズカリフォルニア州ロサンゼルス Instrument = Genre = ポップ・ミュージック Occupation = Years_active = 1969年~1983年 Label
2008/01/06(日) 13:57:16 | アーティスト図鑑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。