I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
カリフォルニアンズ / ロビー・リーと彼のグループ
californians_member.jpg

エム・レコードの江村さんは見つけていらっしゃるだろうか。UKソフトロックの最高峰と評される、あのカリフォルニアンズのフロントマンであったロビー・リーさんのHPを見つけてしまいました。
というか、誰がフロントマンでどのような活動をしていたのかさえ、今の今まで霧の中に隠れていたような伝説のバンド。その伝説が、このページを見ればその実態が紐解かれるという...、とにかくご覧になってください。

http://www.robbielee.co.uk/index.php?pid=1

アーティスト写真から、メンバーの名前から、当時の音楽誌の記事まで。
これを見ると、後々にはAvenue、Tranquility、Chancyというバンド活動、更にはマイク・シェリダンなんかとも交遊があったようなことも書かれていたりする。ロイ・ウッドやジェフ・リンなどムーヴ人脈とも、いくらか接点があったのかどうか。そういうこともいくらか匂わせたりする。コメディアンとしてTVに出ていた時代もあったようですね。ここまで来るとちょっとUKエンターテインメント史にまで踏み込みそうだ。

現在はナイトクラブや老人ホームなどでその歌声を披露しているようで、そのいくつかが動画で見られます。ロビー・ウィリアムスの「ミレニアム」のカヴァーが迫力もの。

いやあ、勉強になりました...。
このロビー・リーの軌跡をぜひ2in1か何かでCD化してもらえないですかねえ。シーケルとか、RPMあたりで。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。