I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Lamp at 晴れたら空に豆まいて


12月3日、発売になるLamp4thアルバム「ランプ幻想」。
この日はようやく発売になるこのアルバムに先駆ける形で行われたライヴ、だったのですが、なんとニューアルバムからの曲は1,2曲のみ。で後は既発アルバムからの楽曲と、今後5thアルバムに入る予定の曲という構成。

まあ、なんと言うかこの日3曲目にやった「空想夜間飛行」という曲がものすごい曲で、鳥肌立ちました。怒濤のような転調とテンションの嵐。瞬間、変拍子にも聴こえる前半部からスムースなブラジリアンビートなサビへ雪崩れ込んで行く構成。聴感的には高速メロウブラジリアン~クロスオーヴァーサウンドなんだけれど、何にも似ていない良質な日本語ポップ。次にどこへメロディーが飛んでゆくのかほぼ想像できないのに、滅茶苦茶ポップという。
いやあ、あまりに強烈で参りました。こんな曲作って出そうと思ってるのはLampしかありえない。こんな大傑作が次のアルバムに入らないなんてねえ。こりゃ5thも早くレコーディングしてもらわないと(というか、今Lampのサイトみたんだけど、これ5thに入る予定もないんだって。せめてシングルにしてくれ!)。

次の「雨降る夜の向こう」もよかった。儚げなメロウチューン。この曲も凝りまくりのコード感が素晴らしい。ものすごく微妙に上下するメロディーをファルセットで歌う永井くんのAメロが圧巻なんです。こちらは4thに入るそうでひと安心。

ライブの出来というか、音響的にはヴォーカルが聞き取りづらい部分もあったんだけれど、作品のよさが断然勝っちゃってるんで、僕的には満足しました。とにかく、ほとんど初めて聴くような新曲が一番耳を惹くってのが素晴らしい。ここで紹介した曲以外もほんとうに名曲揃いなんですよ。

Lampについて語ったら長くなってしまいそうなんで、今回はここまで。
俄然12月3日の発売が楽しみになって来ました。
このサイトを見に来ているあなただったら、絶対買いでしょう。
自信をもってお勧めします。

ライヴも3日にアストロホールでやるそうです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
lampnokari.cyworld.com って、すごいね。 上記サイトのタイ
2009/05/09(土) 05:45:49 | この部屋に住む人へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。