I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
foglie gialle all'imbrunire / Latins 80


セルメン・フォロワーという惹句に釣られユニオンにて購入した一枚。原盤は激レアらしいですよ。
再発元のサイトによると、シコブアルキのイタリアツアーに同行。また、このLatins 80の後、Expo 80名義で74年「Viva Brazil」、76年にCappucinoとして1枚のアルバムを残しているということらしいですね。いづれも激レア盤扱い。資金力のある方はオークションで。再発メーカー様にはぜひ残る2枚もCD化して戴きたい。

内容はというと、これが、レア盤というだけでなく、とにかく全曲素晴らしい!
クラブ的にもラウンジ的にもいける、これもブラジリアン・ソフトロックと呼んで差し支えない一枚なのです。
中でも、キャッチーな歌メロ+手拍子+華やかなコーラスが彩る必殺トラック「foglie gialle all'imbrunire」が白眉の出来。ヤンコ・ニロヴィックのオマージュ・ア・ペレとかコルテックスのファーストなんかが好きな人にお勧めしたい。全体的に音圧も結構あって、バッキングもバトゥカダ的に強力に打っています。

まあ、言葉でいうのも何なので、こちらのサイトでお試しあれ。
http://www.cinedelic.com/records/latins80.htm
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。