I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Love Logic / Minuano


Lampのライヴ会場にてフライング購入した「Minuano」ですが、すっかり愛聴盤になっております。
カオちゃん(榊原香保里)がヴォーカルということで、やはりこれはそのままLampのサウンドのような、それでいて、往年の良質な日本のポップスを思い起こさせるような。具体的にはたとえようもないのですが、僕にとっては悩ましいくらいに既聴感たっぷりのアルバムなのです。

おがたたけろうさんご本人は、こう書かれてもおそらくピンとは来ないかもしれないのですが、「紅雀」の頃のユーミンのような。「Aventure」の頃の大貫妙子さんのような。そして、意外なことにトーレ・ヨハンセンがプロデュースしていた頃の原田知世さんのような...。AORであり、ブラジリアンであり、ハーモニーポップであり、クロスオーヴァーであり...。この音の積みと、日本語女性ヴォーカル、そしてハーモニーの妙がそう思わせるのかどうか。単なるオレの思い込みか。

そういうことも踏まえ、特にお気に入りなのが「果てるともなく続く宙」「それいゆ」「午後の翼」「恋、咲き初めり」あたり。もう、何度もリピートしております。「恋人たちの朝」の疾走感はクラブプレイでも行けそう。そして、特典のみの非売品「ある春の恋人」も必聴です。こちらもぜひ手に入れて戴きたい。ディスク・ユニオンの購入特典だそうですよ。
この作品、Lamp好きはもちろん、冨田ラボやキリンジのファンにもぜひチェックして戴きたい。

今、このLamp周辺の音楽に通底するドラマチックでロマンチックで、退廃的なコード感、この雰囲気、情趣。日本版クルビ・ダ・エスキーナなどと言ってみていいんだろうかな。

*MInuano myspace
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewProfile&friendID=1002861624
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。