I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
梅雨空を蹴飛ばす、BMG初夏の16曲
sky

お待たせしました!
BMGにてアンケートに答えて戴いた皆様にお配りするCD-Rの内容です!

本当に楽しいことは想像力と記憶の中に。梅雨空を蹴飛ばす、BMG初夏の16曲。

1.Tracy / Midas Touch
2.Mesmerize / Monte Carlo 76
3.Vad I All Varlden / Ingmar Johansson
4.Recado(The Message) / Vi Velasco
5.Losing Cause / Faragher Bros
6.Yours Forever / Spats
7.Long Hard Climb / Maria Muldaur
8.Voodoo Village / ssSlick
9.Here Comes The Hotstepper(LP Version) / INI KAMOZE
10.Pick-Me-Up Uppercut / Pop Levi
11.Barnet / Pimlico
12.ONETWOTHREE / WAGNER LOVE
13.Pure / the lightning seeds
14.Summer Clappin / ARCH
15.フリスビー / Lucy Van Pelt
16.my ever changing moods / The Style Council

1-8 (selected by sekine)
9-16 (selectted by miha-k)


1.カフリンクス・ヴァージョンで有名な「トレイシー」の疾走感溢れるグルーヴィーカヴァー。
2.ブルージーなハーモニカで始まる、小気味いいブラジリアン・アーバンソウル。高層階のカフェバーなんかにはこんな曲が似合いそう。
3.胸のすくような、スウェーデン産疾走ブラジリアンチューン。こんなビートで喧噪の街を走り抜けたい。
4.「恋のバカンス」感溢れるヴィ・ヴェラスコがものしたマイナーキー佳曲。昭和の東京にはこういう曲が溢れてた。
5.過ぎ去った過去、過ぎ去りつつある過去を眩しく静観しているような、ファラガー・ブラザース泣きの1曲。
6.清涼感とアタックの強さを兼ね備えたマイアミ産、美メロ・ブルー・アイド・ソウル。夜のドライヴ系ですよね。
7.マリア・マルダーのレイドバック感溢れるグッドタイムミュージック。ノラ・ジョーンズ好きな貴女にこそチェックして戴きたい。
8.「天使たち...」というか「新しい...」というか、要するに「I'll Close My Eyes」感溢れる、バンマス、エヴァレット・デヴァンのオリジナルナンバー。
9.映画「バスキア」でも有名なダンス天国のカバー。このレコードとはすごいめぐり合わせで再会した。
10.俺に似てるといわれるPop Leviだけど全然似てないと思う。
11.僕がboy meets girlを始めるか始めないかで手放してしまった曲ですが、原宿のユースレコーズに行った時に見つけて買い直した。
12.怒られっぞと心配するくらい似てる。佐野元春のYOUNG BLOODSに。いやいや、別の曲に。
13.2月、4月と続けて選んだライトニングシーズですが、国道9号線の憧れの締めくくりということで、このCDを聴いて僕は夏、車を西に走らせる事になります。
14.夏を思い出してもらいたくて入れた。
15.この曲も、旅を繰り返す人に、たまに聴いてもらいたい曲。
16.今回の僕のCDテーマは密かに「サウダージ」、追い求めても求められないものへの憧れだったりしました。ティーンエイジの夏に聴いたこの曲が、僕にとってのサウダージだったりします。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。