I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
パイレーツ・ロック / レディオ・ロンドン / エレノア


「地下鉄のザジ」を観たその日、本編上映前の予告編で非常に興味深い一本があったんですよね。それが「パイレーツ・ロック」というこの映画。
導入部を、ちょっと公式サイトから引用しちゃいましょう。
----
舞台は1966年、イギリス。皆が聴きたいのはポピュラー・ミュージック、でも、BBCラジオが流すのは1日45分だけ。そんな中、海の上から24時間ロックをかける、ゴキゲンなDJたちによるゴキゲンな海賊ラジオ局が現れた!
-----

実を言えば、以前アヴァンチュリエの選曲CDに「Wonderful Radio London」というジングルを入れたのですが、それこそが、数あるパイレーツ・レディオの草分け放送局「ワンダフル・レディオ・ロンドン」だったりするのですよ。
そして、このジングル、実はL⇔Rフリークには耳なじみがある曲なんですよね。そう、彼らのファーストフルアルバムに入っている「レイジー・ガール」のエンディング部分に小さなヴォリュームで密かに鳴っている、あの曲なのです。
そして、この映画の予告編のエンディングに流れる曲、これがまた涙、涙のタートルズ「エレノア」ですよ!
奇しくも前日のライヴ・イヴェント「モノ・ソングス」でかけたばかりだったので、画面を見ながら踊り出したい気分にさえなってしまいました。
実を言えばこの「エレノア」、これもL⇔R「君と夏と僕のブルージーン」の元ネタだったりする訳で、まるで連想ゲームのように繋がっていったりするんですよね。
公開は10月24日からだそう。これは、早く観たいなあ。

パイレーツ・ロック
http://www.pirates-rock.jp/

ワンダフル・レディオ・ロンドン
http://www.ultimatesoundarchive.com/sa/summary/play.cfm/sound_iid.35545?CFID=16302199&CFTOKEN=e591053eb2a66b78-B42E845F-2BF4-2817-D05302C8E1710E29

エレノア / タートルズ
http://www.youtube.com/watch?v=xyx7vizXJ6w

君と夏と僕のブルージーン / L⇔R
http://www.youtube.com/watch?v=qPenkzWnN78
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。