I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
1st&2nd / Guy Cabay


cabay2.jpg

ベルギーで活動するギィ・キャバ。
濁声とも言えるような朴訥なヴォーカル。時折入ってくる60年代のフランス映画のような女性コーラス。
ベン・シドランとピエール・バルーを合わせたような作風と言えばいいだろうか。
発売年の表記はないけれど、聴感的には70年代後半くらいといったところ。
1stはヨーロッパを経由したボサノヴァ、セカンドはジャズやクラシックの要素も感じさせる。
いずれもぼやぼやした午後に聴くには最適なアルバム。自主制作盤ということらしいけれど、それなりにしっかりと録音されております。

こいういう作品も、いつかCD化される日が来ればいいのだけれど。


■Tot-A-Fet Rote Cou-D'zeur Cou-D'zos

1.Li Robaleu
2.A m'vwezene...
3.Obzekes
4.Al Copete
5.Dji m'Distourne Di m'Voye...
6.Li Sabat d'Sinte Mere l'Oto
7.Dji m'Dimande...
8.Pax Pollinibus Bonae Voluntatis
9.Pove Tiesse
10.Tot-A-Fet Rote Cou-D'zeur Cou-D'zos


■Li Tins, Lès - ôtes èt on Pô d'mi

1.Les D'mey Dous de Coste Del Mouse
2.Li Harlake et L' Djone feye
3.Tchanson Po L'Dierin.ne Houyire
4.Julia Onk
5.Julia Deus
6.Julia L'ote
7.Julia I' Dierin.ne
8.Tot Reguede
9.Cahin-Cahi et Cahin-Caha
10.Tchanson d' Noye
11.Camamele et Cataplame
12.Cwand Simon Mousse Fou D'ine Tchapele
13.Li Nuleye e m' Payis

http://www.youtube.com/watch?v=zax9tc9SA-Y
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。