I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ボーイ・ミーツ・ガール、ご来場ありがとうございました!


ボーイ・ミーツ・ガールにご来場戴いた皆様、ありがとうございました。
圧倒的な存在感で迫る、松井優子さんのステージ、存分にお楽しみいただけたことと思います。
「カフェクレームの告白」や「bonbon」など自身のミディアムフロウな曲が素晴らしかったのはもちろん、あの 『ロシュフォールの恋人たち』から「キャラヴァンの出発」「双児姉妹の歌」の2曲をやって戴いたのはまさかの驚きでした。しかも日本語歌詞つきという。まことに記念碑的な一夜という他ありません。
そして、ゲストDJのエヴァーグリーン、ナオキさんの安定感あるプレイ、so-kingの90年代後半と現行のニューウェイヴを往き来するプレイにも大いに助けてもらえました。

出演者、BMGスタッフ、rootsスタッフ、そして何よりも「この素晴らしき一夜に遊びに来て戴けるお客様のおかげで」、BMGは続けて行くことができます。そのことを、とりわけ強く感じた夜でした。

来て戴いた皆様、本当にありがとうございます!

次回は、6月19日開催です!
皆様、ぜひ遊びにいらしてくださいね!
お待ちしております。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。