I do my best to impress
「BOY MEETS GIRL」DJ、sekineの徒然日記。思うまま雑感。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
BOY MEETS GIRL vol.113 “It’s A Small Small World” issue


高円寺にて定期的に行われているDJパーティー / イベント「BOY MEETS GIRL」。 選曲ジャンルはSOFT ROCK, CITY POP, AOR, GUITAR POP, BOSSA, SOUL, DISCOTIQUE, NEO- ACO, LOVERS, FRENCH, JAZZ, LOUNGE, フリッパーズ・ギターや小沢健二、コーネリアス、ピチカート・ファイヴ、Lamp、キリンジを初めとするJ-POPなど…。メロディアスなポップスがお好きな方はぜひ足をお運び下さい。 アンケートに答えて戴いた方にはセレクションCDーRのプレゼントもございます!

————————-

2月の「ボーイ・ミーツ・ガール」は”ヴァレンタイン”スペシャル!
この日はお馴染みクラブ渋谷系スターターDJにして「かりい食堂」シェフ・so-king、ワールドワイドな選曲で鳴らすBTTB主宰・BJに加え、港町・神戸で11年以上続く渋谷系イヴェント『ドーナツトーク』主催DJ、コイチロがBMG初登場!
お馴染みのポップチューンから、ニッチなワールドミュージックまで、豪華DJ陣そろい踏みでお送りします。
そして、ボーイ・ミーツ・ガール・レジデントDJ、sekineのノンストップ・DJミックスにもご注目! ソフトロック、AOR、ソウル、ブラジリアン、フレンチ、シティ・ポップ、渋谷系をコネクトする万華鏡のようなひとときをお楽しみ戴きます!
60年代ソフトロックから、2016年に響くハイブリッド・モダン・ポップまで。ポップ・ミュージックのクロニクルを一夜にしてたどる極上エンターテインメントな330分。
2月20日(土)、高円寺グリーンアップルにて皆様をお待ちしております。
クラブ初心者の方もぜひお気軽にお越し下さい。どうぞ、お楽しみに。

BOY MEETS GIRL
vol.113 “It’s A Small Small World” issue
2016.2.20.sat. 17:30 ~ 23:00 at Greenapple(koenji)
Resident DJ / Sekine Toshiya
DJ/ so-king(klub shibuya-k), BJ(BTTB), koichiro(donut talk)

fee:1000yen(lollipop + freepaper +compilation CD)
Call:03-5305-8086(Greenapple)

more information…
http://emilio-sekine.tumblr.com/

soft rock,city pop,bossa,soul,AOR,guitar pop
discotique,neo-aco,J-pop,jazz,lovers,french,shibuya-kei
we’ll play all kind of evergreen music!!

our favourite…
flipper’s guitar / roger nichols / salt water taffy / style council / burt bacharach / nona reeves / tomita lab / antonio carlos jobim / marcos valle / sugar babe / f.p.m. / stone roses / michel legrand / pizzicato five / would-be-goods / kenji ozawa / elis regina / orange juice / djavan / kirinji / four seasons / supreams / stevie wonder / tony macauley / bob crewe / cornelius / france gall /aztec camera / Lamp / sergio mendes & brazil’66 / kenny rankin / seawind / brady bunch / Tatsuro Yamashita / …and more!!

■facebook
http://www.facebook.com/pages/Boy-Meets-Girl/323017964394466
BMG、ハートフルな14曲
patienceandprudence.jpg

お待たせしました。
2月20日(土)高円寺グリーンアップルで行われる「ボーイ・ミーツ・ガール」にて、アンケートに答えて戴いた方にプレゼントするCD-Rの内容をいち早くお知らせ致します。

------------------

暖かな2016年2月の夕べにささぐ、BMG、ハートフルな14曲。

1.Mon Ange Gardien / Chantal Goya
2.One in Million / The Duprees
3.Ecstacy(Apple of My Eye) / Starawberry Switchblade
4.Tonight You Belong To Me / Patience and Prudence
5.* / *
6.Soldi Soldi Soldi / Sophia Loren
7.Go Away, Little Boy / Nikka Costa
8.If You Really Love Me / Stevie Wonder
9.Where Is The Love / Roberta Flack & Donny Hathaway
10.Melody / 崎谷健次郎
11.Someone / El Debarge
12.T'en Va Pas / Elsa
13.Quoi / Jane Birkin
14.* / タモリ

1.シャンタル・ゴヤの60年代作品の中でも、とびきりポップなこの1曲でスタート。
2.山下達郎「パレード」ネタとしても有名な、デュプリーズ、ヘリテイジ時代のシャッフル名曲。ジェリー・ロス・プロデュースでトニー・ハッチ作、アレンジがジョー・レンゼッティと最高の布陣。
3.80年代に甦ったモータウン・シャッフル。これはスバル・レックスCMソングのために制作された井上大輔による日本オリジナル曲。
4.ヴァレンタインにぴったりな一曲「いちごの片思い」。渡辺満里奈ヴァージョン「ばっちりキスしましょ」が発売されたのも、もう19年前のこと・・・。この時代の彼女は大滝詠一の秘蔵っ子でもありました。
5.もう何度収録したか忘れましたが、フレンチ・グルーヴィーなこの一曲を。カジヒデキ「トーキョー・トゥ・ロンドン」ネタのひとつとしてもお馴染み。
6.こちらも、もう何度収録したか忘れましたが、ソフィア・ローレンのイタリアン版チャチャチャを。ピチカード・ファイヴ「3月生まれ」ネタとしてお馴染み。
7.子供時代のニッカ・コスタがものした「Go Away, Little Girl」改題曲。ゴフィン=キングの愛らしいメロディーに、少女然としたサビの高音がたまりません。
8.当時の愛妻シリータとともにメロウ・グルーヴィーに歌い上げるスティーヴィー・ワンダー71年の美メロ名作。
9.ロバータ・フラック&ダニー・ハザウェイといえば、このメロウ・チューンにとどめを刺す。こちらも72年作で、ここ2曲は何ともいえない、いい時代の空気がありますね。
10.前回に引き続き、崎谷健次郎が90年にものしたマーヴィン・ゲイ系ニューソウル名曲を。このコード感、この高揚感、このハイートーンな美声。20数年ぶりにこの音楽家の底知れぬ力を感じている今日この頃です。
11.ここでわたくしの大好きなジェイ・グレイドン。名曲「サムワン」のオリジネイター、エル・デバージ・ヴァージョンをお聴き下さい。
12.タイトルこそお耳馴染みないかも知れませんが、大貫妙子「彼と彼女のソネット」のオリジナルがこちら。当時のシンセ・シンフォニックなフレンチポップを代表するような一曲。サムシング・ジーンズのCMソングとして流れておりました。
13.続いて、前曲のエルザとも縁が深いジェーン・バーキンの85年作「コワ」を。
14.オーラスは映画『九八とゲイブル』を観たことで思い出した、タモリのマーヴィン・ゲイ系AORグルーヴィー・チューンを。
BOY MEETS GIRL vol.112 "19th Anniversary with X'mas" issue


高円寺にて定期的に行われているDJパーティー / イベント「BOY MEETS GIRL」。 選曲ジャンルはSOFT ROCK, CITY POP, AOR, GUITAR POP, BOSSA, SOUL, DISCOTIQUE, NEO- ACO, LOVERS, FRENCH, JAZZ, LOUNGE, フリッパーズ・ギターや小沢健二、コーネリアス、ピチカート・ファイヴ、Lamp、キリンジを初めとするJ-POPなど…。メロディアスなポップスがお好きな方はぜひ足をお運び下さい。 アンケートに答えて戴いた方にはセレクションCDーRのプレゼントもございます!

————————-

12月の「ボーイ・ミーツ・ガール」は”19周年記念&クリスマス”スペシャル!
この日はボーイ・ミーツ・ガール、DJ陣総登場! クラブ渋谷系スターターDJ・so-king、ワールドワイドな選曲で鳴らすBTTB主宰・BJ、都内きってのハーモニーポップDJ・toyopee、そして旧メンバーでもあるmiha-kが一年ぶりに参加。豪華キャストそろい踏みで、メモリアルな夜を演出致します!
そして、ボーイ・ミーツ・ガール・レジデントDJ、sekineのノンストップ・DJミックスにもご注目! ソフトロック、AOR、ソウル、ブラジリアン、フレンチ、シティ・ポップ、渋谷系をコネクトする万華鏡のようなひとときをお楽しみ戴きます!
もちろん、年末イヴェントのお楽しみ、三軒茶屋ニコラのスイーツも登場!
60年代ソフトロックから、2015年に響くハイブリッド・モダン・ポップまで。ポップ・ミュージックのクロニクルを一夜にしてたどる極上エンターテインメントな330分。
12月19日(土)、高円寺グリーンアップルにて皆様をお待ちしております。
クラブ初心者の方もぜひお気軽にお越し下さい。どうぞ、お楽しみに。

BOY MEETS GIRL
vol.112 "19th Anniversary with X'mas" issue
2015.12.19.sat. 17:30 ~ 23:00 at Greenapple(koenji)
Resident DJ / Sekine Toshiya
DJ/ so-king(klub shibuya-k),BJ(BTTB),toyopee(fabulous parade),miha-k
Special Sweets / nicolas

fee:1000yen(lollipop + freepaper +compilation CD)
Call:03-5305-8086(Greenapple)

more information…
http://emilio-sekine.tumblr.com/

soft rock,city pop,bossa,soul,AOR,guitar pop
discotique,neo-aco,J-pop,jazz,lovers,french,shibuya-kei
we’ll play all kind of evergreen music!!

our favourite…
flipper’s guitar / roger nichols / salt water taffy / style council / burt bacharach / nona reeves / tomita lab / antonio carlos jobim / marcos valle / sugar babe / f.p.m. / stone roses / michel legrand / pizzicato five / would-be-goods / kenji ozawa / elis regina / orange juice / djavan / kirinji / four seasons / supreams / stevie wonder / tony macauley / bob crewe / cornelius / france gall /aztec camera / Lamp / sergio mendes & brazil’66 / kenny rankin / seawind / brady bunch / Tatsuro Yamashita / …and more!!

■facebook
http://www.facebook.com/pages/Boy-Meets-Girl/323017964394466
BMG、2015年・初冬の14曲


お待たせしました。
12月19日(土)高円寺グリーンアップルで行われる「ボーイ・ミーツ・ガール」にて、アンケートに答えて戴いた方にプレゼントするCD-Rの内容をいち早くお知らせ致します。

------------------

BMG、2015年・初冬の14曲

1.We're Gonna Show The World / The Tommy Banks Orchestra & Singers
2.La Cancion De Un Dia De Verano / Litto Nebbia
3.I Can Tell When Christmas is Near / Smokey Robinson & The Miracles
4.Loving Cup / The Fortunes
5.All Colourful / Giovanca
6.Contrition(short edit) / 北園みなみ
7.* / Steely Dan
8.もう一度夜を止めて / 崎谷健次郎
9.The Orchestra / 高橋徹也
10.* / *
11.* / *
12.Looks Like December / Antonio Carlos Jobim
13.明日の兆し / Bird
14.Silent Night, Holy Night(Christmas Eve) / Nick De Caro

1.カナダの才人トミー・バンクスがものしたCCMチックなソフトロック・チューンでスタート。イギリス連邦のスポーツ祭典『コモンウェルス・ゲームズ』、78年テーマソング。
2.アルゼンチン・ミュージック界の巨匠、リト・ネビアが2014年にカヴァーした『ロシュフォールの恋人たち』劇中歌「夏の日の歌」。文字通りのサマーソングながら、メロウなギター&エレピで味付けされた本作はこの時期にこそ似合うもの。同アルバムには更にルグランとアルデマーロ・ロメロへのオマージュをあらわしたオリジナル楽曲も収録。
3.以前にも収録しましたが、ここでスティーヴィー・ワンダーがものしたスモーキー・ロビンソンの定番クリスマス・ソングを。コーネリアス「ムーンライト・ストリー」、高野寛「ベステンダンク」ネタとしてもお馴染み。
4.マイク・ダボのペンとなるブリティッシュ・フォーキー系ソフトロック・チューン。アメリカンポップス的な耳からすると非常に新鮮かつ意表を突くメロディ。
5.ジョヴァンカの2010年サードアルバムのボーナストラックから職人芸のようなグッド・メロディ・チューンを。作編曲のM氏はもしや日本人?
6.今冬発売となった北園みなみ3rdミニアルバムより冒頭を飾る軽快なナンバーを。曲調とは打って変わって内省的な歌詞に耳奪われる。
7.初期スティーリー・ダンを繰り返し再生しながら人生を見つめ直す2015年、冬。これはキリンジ「Drifter」がお好きな方にこそ聴いて戴きたい。
8.最近ずっと愛聴しているこの楽曲。冷ややかなコード感、時代を反映したシンセの響き、クリアトーンなヴォーカル。かの真空状態のような日々、夢中でラジオを聴いていた87年の冬を思い出します。
9.ここで、静かにゆっくりと高揚してゆくいかにも高橋徹也な転調とコード感をともなったメロウ・チューンをお聴き下さい。2015年のニューアルバム『エンドレス・サマー』より
10.女性コーラスも華やかなグルーヴィー・ディスコティック・チューン。ノーナリーヴス「バッドガール」好きにもぜひ聴いて戴きたい。
11.続いてもグル-ヴィーかつメロディアスなメロウ・ブラジリアン・チューンを。エリス・レジーナ好きにもぜひ。
12.ここで一息。トム・ジョビンの温かで静謐な一曲を。87年のアルバム『パッサリン』より
13.冨田恵一プロデュース、Birdのニューアルバム『Lush』よりアルバム中もっともAOR~ニューソウル度の高いナンバーを。
14.山下達郎「クリスマス・イヴ」のニック・デカロ・カヴァー。達郎ヴァージョンよりもずっと素直でMOR的な仕上がり。リフレイン部の「きよしこの夜」も、今聴くとささやかに愛らしく響く。
BOY MEETS GIRL vol.111 "Falling in Love Again" issue


高円寺にて定期的に行われているDJパーティー / イベント「BOY MEETS GIRL」。 選曲ジャンルはSOFT ROCK, CITY POP, AOR, GUITAR POP, BOSSA, SOUL, DISCOTIQUE, NEO- ACO, LOVERS, FRENCH, JAZZ, LOUNGE, フリッパーズ・ギターや小沢健二、コーネリアス、ピチカート・ファイヴ、Lamp、キリンジを初めとするJ-POPなど…。メロディアスなポップスがお好きな方はぜひ足をお運び下さい。 アンケートに答えて戴いた方にはセレクションCDーRのプレゼントもございます!

————————

10月の「ボーイ・ミーツ・ガール」は秋のフォーリン・ラヴ・アゲイン・スペシャル!
この日はお馴染みクラブ渋谷系スターターDJ・so-king、ワールドワイドな選曲で鳴らすBTTB主宰・BJに加え、アップ・トゥ・デイトなポップチューンをハイテンションでプレイする、DJマロニーちゃんがBMG初参戦!
お馴染みのヒット・チューンから、ダンサブルなワールドミュージックまで、ヴァラエティ豊かなDJ陣そろい踏みでお送りします。
そして、ボーイ・ミーツ・ガール・レジデントDJ、sekineのノンストップ・ミックスにもご注目! ソフトロック、AOR、ソウル、ブラジリアン、フレンチ、シティ・ポップをコネクトする万華鏡のようなひとときをお楽しみ戴きます!
60年代ソフトロックから、2015年に響くハイブリッド・モダン・ポップまで。ポップ・ミュージックのクロニクルを一夜にしてたどる極上エンターテインメントな330分。
10月17日(土)、高円寺グリーンアップルにて皆様をお待ちしております。
クラブ初心者の方もぜひお気軽にお越し下さい。どうぞ、お楽しみに。

BOY MEETS GIRL
vol.111 "Falling in Love Again" issue
2015.10.17.sat. 17:30 ~ 23:00 at Greenapple(koenji)
Resident DJ / Sekine Toshiya
DJ/ so-king(klub shibuya-k),BJ(BTTB),malony

fee:1000yen(lollipop + freepaper +compilation CD)
Call:03-5305-8086(Greenapple)
http://www.greenapple.gr.jp/access.html

more information…
http://emilio-sekine.tumblr.com/

soft rock,city pop,bossa,soul,AOR,guitar pop
discotique,neo-aco,J-pop,jazz,lovers,french,shibuya-kei
we’ll play all kind of evergreen music!!

our favourite…
flipper’s guitar / roger nichols / salt water taffy / style council / burt bacharach / nona reeves / tomita lab / antonio carlos jobim / marcos valle / sugar babe / f.p.m. / stone roses / michel legrand / pizzicato five / would-be-goods / kenji ozawa / elis regina / orange juice / djavan / kirinji / four seasons / supreams / stevie wonder / tony macauley / bob crewe / cornelius / france gall /aztec camera / Lamp / sergio mendes & brazil’66 / kenny rankin / seawind / brady bunch / Tatsuro Yamashita / …and more!!

■facebook
http://www.facebook.com/pages/Boy-Meets-Girl/323017964394466

■現在、以下のお店でフライヤーを設置配布して戴いております。
*カフェ/BAR
Planet3rd(高円寺)
4丁目カフェ(高円寺)
ハティフナット hattifnatt (高円寺)
メウノータ meu nota (高円寺)
altoto(バー/下北沢)

*レコードショップ
レア (高円寺)
dessinee shop (レコードショップ/渋谷)
JET SET(レコードショップ/下北沢)
disc union(レコードショップ/下北沢)
BMG、2015年・初秋の14曲
うさぎ

お待たせしました。
10月17日(土)高円寺グリーンアップルで行われる「ボーイ・ミーツ・ガール」にて、アンケートに答えて戴いた方にプレゼントするCD-Rの内容をいち早くお知らせ致します。

------------------

BMG、2015年・初秋の14曲

1.Everybody Gets To Go To The Moon / Judi Singh
2.Something for My Baby / The New Foundations
3.Says (BMG Non Stop MIX) / Al Jarreau
4.汗は甘い口づけ (BMG Non Stop MIX) / ブルー・ペパーズ
5.If You Should Sail / Nielsen/Pearson
6.Nothin' You Can Do About It / Airplay
7.アイリーン / 安部恭弘
8.Un Hombre un Amancer / Ruben Rada & Litto Nebbia
9.Voyager / 松任谷由実
10.Mr.ブルー~私の地球~ (BMG Non Stop MIX) / 八神純子
11.* (BMG Non Stop MIX) / *
12.壁のうた / 安田南
13.Metaphor / Yemaja
14.Altogether Alone / Hirth Martinez

1.カナダのフィメール・シンガー、ジュディ・シンが70年に残したジミー・ウェッブの手による高速ソフトロック・カヴァー。この曲からスタートです!
2.コリン・ヤングをフロントマンに据えたニュー・ファウンデーションズ名義の75年作。ディスコティックなグルーヴに彩られた、往年のソウルフル・ポップ・チューンに勝るとも劣らない佳曲。
3.ここから2曲はノンストップ・ミックスで。下降していくメロディーラインとクロスオーヴァーなコード感が気持ちいい、アル・ジャロウ、86年のナイル・ロジャーズ・プロデュース作。
4.各方面で話題の現役大学生ユニット、ブルー・ペパーズの1stEPよりこのラテンチューンを。キリンジ、冨田ラボ、デイヴィッド・フォスター、ジェイ・グレイドン、ペイジズ、スティーリー・ダン、パット・メセニー、スタッフ辺りがお好きな方はぜひアルバムをご購入戴きたい。いやはや、またすごい新人が現れたものだ。
5.ここでちょっと中休み。ニールセン&ピアソンのリラクシンなAORバラードを。
6.ブルー・ペパーズ繋がりで、デイヴィッド・フォスター=ジェイ・グレイドンのお気に入りの一曲を。かつてはこのアルバム自体、アッパー過ぎる音作りで今ひとつ馴染めなかったのだけれど昨今はずいぶん印象が変わってきた。
7.安部恭弘、清水信之の確信犯的デイヴィッド・フォスター=ジェイ・グレイドン・マナーな一曲を、前曲からのノンストップ・ミックスで収録。アルバム『SLIT』は中学時代の想い出の一枚なのです。
8.ここでリト・ネビア&ルーベン・ラダの込み上げ系の一曲を。90年作より。
9.火星に液体状の水の存在が認められたり、冥王星に青空があることが報告されたりと、幼い頃に大好きだった天体への夢をにわかに甦らせる中、思い出したのはこの曲。木星~土星を巡る無人探査機ヴォイジャ-のニュースは、当時、新聞の一面を連日賑わせたものです。この楽曲自体は映画『さよならジュピター』主題歌として書かれたもの。メロディが『ラ・ブーム』の主題歌に似ているのも時代の気分。
10.続いて宇宙もの。大好きだったNHK『パノラマ太陽系』のテーマソング。80年当時はこういうミスティックな曲が流行ったものです。ここから2曲もまたまたノンストップ・ミックスで。
11.次作が期待されるシティポップ・バンドの未発表音源集より、高揚感いっぱいのこの曲を。ぐっと耳を惹く切なげな良いメロディー。これはアルバム収録曲としてぜひ仕上げてもらいたいなあ。
12.時代の空気を運ぶ松岡直也の軽妙なアレンジが耳に心地良い一曲。シティポップというか、ニューミュージック的な 安田南、77年作より。
13.リラクシンなコード感と伸びやかな声に心溶かされます。ここ数週間のお気に入り。オーストラリアのバンド、イェマンジャの07年作。
14.逝去の報が流れたここ数日。いろいろ迷ったけれど、やはりこの曲で追悼したいと思います。合唱。
BOY MEETS GIRL vol.110 "Festival for Pop Music Lovers" issue


高円寺にて定期的に行われているDJパーティー / イベント「BOY MEETS GIRL」。 選曲ジャンルはSOFT ROCK, CITY POP, AOR, GUITAR POP, BOSSA, SOUL, DISCOTIQUE, NEO- ACO, LOVERS, FRENCH, JAZZ, LOUNGE, フリッパーズ・ギターや小沢健二、コーネリアス、ピチカート・ファイヴ、Lamp、キリンジを初めとするJ-POPなど…。メロディアスなポップスがお好きな方はぜひ足をお運び下さい。 アンケートに答えて戴いた方にはセレクションCDーRのプレゼントもございます!

————————

8月の「ボーイ・ミーツ・ガール」は魅惑のインドア・夏フェス・スペシャル!
この日はお馴染みクラブ渋谷系スターターDJ・so-king、ワールドワイドな選曲で鳴らすBTTB主宰・BJ、そしてハーモニー・ポップDJ、toyopeeが、前回に引き続き登場!
お馴染みのポップ・チューンから、ダンサブルなワールドミュージックまで、豪華DJ陣そろい踏みでお送りします。
そして、ボーイ・ミーツ・ガール・レジデントDJ、sekineのノンストップ・ミックスにもご注目! ソフトロック、AOR、ソウル、ブラジリアン、フレンチ、シティ・ポップをコネクトする万華鏡のようなひとときをお楽しみ戴きます!
60年代ソフトロックから、2015年に響くハイブリッド・モダン・ポップまで。ポップ・ミュージックのクロニクルを一夜にしてたどる極上エンターテインメントな330分。
8月22日(土)、高円寺グリーンアップルにて皆様をお待ちしております。
クラブ初心者の方もぜひお気軽にお越し下さい。どうぞ、お楽しみに。

BOY MEETS GIRL
vol.110 "Festival for Pop Music Lovers" issue
2015.8.22.sat. 17:30 ~ 23:00 at Greenapple(koenji)
Resident DJ / Sekine Toshiya
DJ/ so-king(klub shibuya-k),BJ(BTTB),tyopee(fabulous parade)

fee:1000yen(lollipop + freepaper +compilation CD)
Call:03-5305-8086(Greenapple)
http://www.greenapple.gr.jp/access.html

more information…
http://emilio-sekine.tumblr.com/

soft rock,city pop,bossa,soul,AOR,guitar pop
discotique,neo-aco,J-pop,jazz,lovers,french,shibuya-kei
we’ll play all kind of evergreen music!!

our favourite…
flipper’s guitar / roger nichols / salt water taffy / style council / burt bacharach / nona reeves / tomita lab / antonio carlos jobim / marcos valle / sugar babe / f.p.m. / stone roses / michel legrand / pizzicato five / would-be-goods / kenji ozawa / elis regina / orange juice / djavan / kirinji / four seasons / supreams / stevie wonder / tony macauley / bob crewe / cornelius / france gall /aztec camera / Lamp / sergio mendes & brazil’66 / kenny rankin / seawind / brady bunch / Tatsuro Yamashita / …and more!!

■facebook
http://www.facebook.com/pages/Boy-Meets-Girl/323017964394466

■現在、以下のお店でフライヤーを設置配布して戴いております。
*カフェ
Planet3rd(高円寺)
Cafe&Bar BE-WAVE ビーウェイブ (新宿)

*レコードショップ
レア(高円寺)
BMG、行く夏を愛でるフィーリン・メロウな14曲


お待たせしました。
8月22日(土)高円寺グリーンアップルで行われる「ボーイ・ミーツ・ガール」にて、アンケートに答えて戴いた方にプレゼントするCD-Rの内容をいち早くお知らせ致します。

------------------

BMG、行く夏を愛でるフィーリン・メロウな14曲

1.Colour Slide / The Honeycombs
2.* / *
3.You've Got The World by The Tail / The Billy Van Singers
4.* / *
5.Being with You / Vince Andrews
6.Meu le le le / Joao Sabia
7.Agua / Lucas Arruda
8.Captain Achab Boyfriend(short mix) / KIDSAREDEAD
9.リフロック(short mix) / 北園みなみ
10.* / *
11.Leo / Gonzalo Aloras
12.La Sorpresa de Jorge / Spinetta
13.Falso Ingles / Vinicius Cantuaria
14.* / *

1.81年作ながら横浜の70'sバイブレーションでもフィーチャーされていた大滝詠一『ア・ロング・ヴァケイション』。夏の想い出と共に「きみは天然色」ネタとしても有名な、ジョー・ミーク・ワークスでスタートです。
2.ビーチ・ボーイズ「ドント・ウォーリー・ベイビー」風な曲調ながら、アレンジはフォーシーズンズ風という、east meets westな一曲。アレンジはペリー・ボトキンJr.。
3.チャーミングなワルツ佳曲で心ウキウキ。カナディアン・コーラス~ソフトロックの名グループがものした68年作から。
4.静謐で涼しげなハーモニー。CCMソフトロック・グループの71年作。こういう楽曲に出会うと、ソフトロックが大好きだった頃~90年代初頭に気持ちが帰ってゆくのです。
5.ヴィンス・アンドリュースといえば「ラヴ・オー・ラヴ」ですが、クロスオーヴァーの理想型のようなこの曲の素晴らしさと言ったら! メロディー! コード感! なんて洒落ていることか。
6.この夏発売されたばかり、ジョアン・サビアの高揚感溢れるサウダーヂ・ブルー・アイド・ソウル。ブラジリアンなジョン・ヴァレンティと評したら、言い過ぎだろうか。
7.波の音に導かれて始まる、とろけるようなブラジリアン・クロスオーヴァー。ルーカス・アルーダのセカンド・アルバムより。スティーヴィー・ワンダー好きなあなたなら、きっともう持っていますよね。
8.Lampのレーベル、ボタニカル・ハウスから発売されたキッズ・アー・デッドのデビュー・アルバムから、ボーナスに収録のデモ・トラックより。完全なリズムボックス音源ながら、本録音よりこちらの方が聴感いいんですよね。
9.歌われているのは春の景色だけれど、今年の夏はipodでこれをよく耳にした。この曲もそうだけれど、北園みなみが紡ぎ出す溢れ出すような哀愁のメロディがお気に入りです。
10.緊張感漂うオープニングリフから一転、アーバンなコード進行を経、解放されるサビのメジャー感が堪らない一曲。ノルウェーのクロスオーヴァー~フュージョンバンドの81年作より。
11.スピネッタ、リト・ネビア、チャールズ・ガルシア、フィト・パエスにオマージュを捧げる、アルゼンチンの雄ゴンザーロ・アローラスの3rdアルバムから、これはリト・ネビアとの共演も華々しいアーバン・ソウルな名曲。高橋徹也「新しい世界」が好きな方にも、ぜひ聴いて戴きたい。
12.アルゼンチン・ロック界のカリスマ、スピネッタが80年にものした、アメリカ市場向けのクロスオーヴァー~AOR作からこのナンバーを。同時期の他の作品と比べても、どこか歌い口が異なるのはLA録音+英詞ゆえか。この声質、どこかで聴き覚えが・・・、そう、意外なことにダニエル・サフレカに似ているのです(笑)。
13.曲が進むにつれサンバ濃度が高まってゆく、80's音色横溢のトニーニョ・オルタ・カヴァー。ヴィニシウス・カントゥアリア83年作より。
14.セッション・ミュージシャンとして名高いサキソニストがものした72年ファースト・ソロ作より、エンディングに相応しい大団円なこのナンバーを。フランキー・ヴァリ&フォーシーズンズ組のボブ・クリュー&ボブ・ゴーディオ作品を彷彿とさせる素晴らしい一曲。

A LOVE SONG #7
love_song_7.jpg

トヨピーからのお誘いで『A LOVE SONG #7』に、ゲストDJとして参加します。
よかったら、遊びにいらして下さい!
-----------------
『A LOVE SONG #7』
7月26日(日)17:00~
@ Cafe&Bar BE-WAVE ビーウェイブ (新宿)

A LOVE SONG is

レギュラーDJ TOYOPEE、ミナト、レギュラーバンド THE10に加えて、多彩なゲストDJ、バンドを迎えて開催するイベントです。
イベントタイトルは、EGO-WRAPPIN'の多幸感溢れる素晴らしきナンバーより拝借しました。
第7回目の開催は・・・
徳島出身のガールズバンド"しんまち七色バンド"のデビュー作「チャイニーシューズ」を全編手掛けた"陽当モナカ"ことナボナくんが2回目の登場。今回も、比類なきポップセンスを炸裂させてくれることでしょう。
SSW然とした佇まいながら、都会的な香りも漂う洒落たメロディラインを紡ぎだす、瑞々しさに溢れたアヤメ嬢のうたも是非お楽しみに。バンドセットでの登場です!
ゲストDJには、渋谷系全盛の頃より洗練されたポップスを流麗にMIXし続ける"BOY MEETS GIRL"のレジデントDJ関根くんに、昨年は、DOMMUNEでのキレたDJプレイや、趣味が高じ過ぎてANDREAS DORAUの初来日公演を主催した愛すべき飲んだくれhitchくんを迎えます。選曲のセンス、テクニック共に素晴らしい2人が、A LOVE SONGでどのようなプレイを聴かせてくれるのか楽しみです。
そして、何とこの日は、THE10目黒さんのBIRTHDAY!!!!! みなさん、是非、乾杯しに来て下さいね。SHINJUKU BE-WAVEでお待ちしております☆

●ナボナ
Navona.Fc/プレグリコ/THEアプリケーションズ/V'V's/等のバンドやユニット活動を経て、現在は、「陽当モナカ」を名乗り、作編曲、プロデューサーとしてメジャー、インディー問わず活動中。

●アヤメ
長崎市出身のシンガーソングライター。
2011年より主にピアノ弾き語りのスタイルで都内を中心にライブ活動中。2014年5月、初のミニアルバム「平凡な暮らし」を発表。

●Sekine Toshiya
1969年東京高円寺生まれ。クラブDJ、イヴェント・オーガナイズをはじめ、映画、音楽、旅に関する文筆を手がける。
都内クラブにて18年以上続く老舗DJパーティー「ボーイ・ミーツ・ガール」を主宰。
ソフトロック、ソウル、ボサノヴァ、AOR、ジャズ、映画音楽、J-POP、シティ・ポップ、ネオアコ、渋谷系等、ポップ・ミュージックをリアルタイムでオールDJミックスするスタイルで話題を呼ぶ。

●hitch
1996年イベントオーガナイズとともに音楽活動を開始。
ACIDまつり「treppe」及び、アーバンなダンスパーティー「EGURI」を主催。
ノイズユニット「愛してるぜ鯉売店」の一員としてもやんわり活動中。

https://www.facebook.com/ALOVESONG1999?pnref=story
BOY MEETS GIRL vol.109 "Rainbow in Your Eyes" issue


高円寺にて定期的に行われているDJパーティー / イベント「BOY MEETS GIRL」。 選曲ジャンルはSOFT ROCK, CITY POP, AOR, GUITAR POP, BOSSA, SOUL, DISCOTIQUE, NEO- ACO, LOVERS, FRENCH, JAZZ, LOUNGE, フリッパーズ・ギターや小沢健二、コーネリアス、ピチカート・ファイヴ、Lamp、キリンジを初めとするJ-POPなど…。メロディアスなポップスがお好きな方はぜひ足をお運び下さい。 アンケートに答えて戴いた方にはセレクションCDーRのプレゼントもございます!

————————

6月の「ボーイ・ミーツ・ガール」は夏への扉を開く、虹色ポップス・スペシャル!
この日はクラブ渋谷系スターターDJ・so-king、ワールドワイドな選曲で鳴らすBTTB主宰・BJ、そしてハーモニー・ポップDJ、toyopeeが登場!
お馴染みのポップ・チューンから、ダンサブルなワールドミュージックまで、豪華DJ陣そろい踏みでお送りします。
そして、ボーイ・ミーツ・ガール・レジデントDJ、sekineのノンストップ・ミックスにもご注目! ソフトロック、AOR、ソウル、ブラジリアン、フレンチ、シティ・ポップをコネクトする万華鏡のようなひとときをお楽しみ戴きます!
60年代ソフトロックから、2015年に響くハイブリッド・モダン・ポップまで。ポップ・ミュージックのクロニクルを一夜にしてたどる極上エンターテインメントな330分。
6月20日(土)、高円寺グリーンアップルにて皆様をお待ちしております。
クラブ初心者の方もぜひお気軽にお越し下さい。どうぞ、お楽しみに。

BOY MEETS GIRL
vol.109 "Rainbow in Your Eyes" issue
2015.6.20.sat. 17:30 ~ 23:00 at Greenapple(koenji)
Resident DJ / Sekine Toshiya
DJ/ toyopee(fabulous parade), so-king(klub shibuya-k), BJ(BTTB)

fee:1000yen(lollipop + freepaper +compilation CD)
Call:03-5305-8086(Greenapple)
http://www.greenapple.gr.jp/access.html

more information…
http://emilio-sekine.tumblr.com/

soft rock,city pop,bossa,soul,AOR,guitar pop
discotique,neo-aco,J-pop,jazz,lovers,french,shibuya-kei
we’ll play all kind of evergreen music!!

our favourite…
flipper’s guitar / roger nichols / salt water taffy / style council / burt bacharach / nona reeves / tomita lab / antonio carlos jobim / marcos valle / sugar babe / f.p.m. / stone roses / michel legrand / pizzicato five / would-be-goods / kenji ozawa / elis regina / orange juice / djavan / kirinji / four seasons / supreams / stevie wonder / tony macauley / bob crewe / cornelius / france gall /aztec camera / Lamp / sergio mendes & brazil’66 / kenny rankin / seawind / brady bunch / Tatsuro Yamashita / …and more!!

■facebook
http://www.facebook.com/pages/Boy-Meets-Girl/323017964394466

■現在、以下のお店でフライヤーを設置配布して戴いております。
*カフェ
Planet3rd (高円寺)
ハティフナット hattifnatt (高円寺)
コネクシオン (高円寺)

*レコードショップ
レア (高円寺)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。